2007年11月13日

あははっつ!


 そう、笑いですなあ。

 おいらの笑いではないです。


 まあ、つられて笑ったけどね。



 競売でアパートが出ておりました。1階が倉庫で2階に1kが4部屋。前面道路は歩道付き2車線だから結構交通量があり、夜はうるさいかなあ?
現況で1室のみ入居、したの倉庫はものがあふれている。

 さらに、こいつはとなりに小屋が3戸もあり、その分の土地が沢山着いていましたとさ。1階を倉庫で貸すことも出来るし、改造すれば車庫にもなる。さらに外にも小屋があるから車庫にならすぐにでも出来そう。あ、ものをどかさないといけないけど。

 問題は、小屋。これが、土地に固着した構造物と言う表現で、落札したら勝手に付いてくるのか?それともあくまでも所有権は現在の持ち主にあるのか?そのあたりが不安。


 で、検討していたのですが、妻の意見もあり不動産屋に聞いてみましょうということになった。なぜかというと、所有者は建築業者であった。仲がいいかもしれないし、知っているかもよと。

 

 電話しました。

俺:あのー、かくかくしかじかで、もし何か知ってたら教えて欲しいんですけど。

不:あははっは!

俺:ん?

不:その方今ここにいるんですよ!社長と話してます。

俺:!!!!!!

不:後で電話しますね。



まあ、びっくりですなあ。



で、あとの電話

不:競売になっちゃったんだよといって、もう業者が何社も入札で動いているようだよ。いろいろ連絡があるようですよと。

俺:んーん、じゃあ高値になって来るねえ。

不:まあ、もし売れなかったら考えましょうか。


ということで、とりあえず退却が決定。



なかなかな偶然でした。

これから高値で入札入れるには資金が足りず銀行に依頼しないといけないが、もう時間がタイト過ぎるなあ。

さよーならー
posted by おざわ at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック