2020年06月08日

コロナ融資その後

いったん、ダメですと言われたコロナ融資

また銀行から連絡来た。
セーフティネット5号の案件であるが、その後条件が変わって、5月の実績と、6,7月の予測でもよくなりましたからもう一度印鑑証明と納税証明もってきてくださいと。

その納税証明だが6/1までの期限であったのだが、書類の山に押しつぶされて忘れていて、払ったのは6/2 まあ一日遅れは勘弁してください。

だったのであるが、この時点で5日に発行してもらおうとしたら、なんとまだあんた払ってないよって風に出る。
それだと、融資の資格が得られないではないか。

なぜかというと、ってなぜなんだろう?
市役所の窓口ならまた違ったらしいが、今回は銀行で支払った。そんで、その場合4日ぐらいかかるとな。
なぜなんだろう?

IT化とか、ネットとかなんでしょね。

で、銀行では5日に申込書類第一弾を書いて、よく月曜日の8日にもう一度納税証明出して持っていくということになった。

で、8日。

電話した、担当の方いやー、まだ反映されないんです。おっと///
でも、支払った領収書持ってきてくれれば、マニュアルでやりますと。

なので、持って行って支払ったよって納税証明出してもらった。

銀行にはその足で持って行って、これで進めます。


さて、その数日後のことである。
新聞に載った。長野県のコロナ融資5月にて、予算枠使い切ったので終了。でも6月の議会で補正を組むよと。

あらまあ。

実際に金消は書いてないので、まだどうなるかわからないなあ。



さてまあ、そんなことやっているうちに空室がじわじわと増加中だ。

これは、また書くか。
posted by おざわ at 22:00| Comment(0) | 不動産一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。