2020年04月06日

ご無沙汰です。元気ですが、空室はあります。離職者むけのご案内について

なんか、さっぱり書かないでいましたが、特に支障なく生きております。

現在、3部屋空いてしまいました。
まあ、2部屋は3月末の退去のため無理もないところではありますが、一部屋については5回ぐらい内見いただいたのですが残念ながら成約に至らずでした。

うーん、家賃は適正ですよと言われたので、ほかに何かというとコロナでしょうか?

現在、コロナについての 「住居確保給付金」 のご案内を入居者の方に配っているところです。大丈夫であれば問題ないのですが、飲食、宿泊系はかなり厳しい状況でしょう。なんとか、働く場所があるようにいて欲しいところです。

マイサポ〇〇 ○○は自治体名にて受け付けます。



以下コピペ

名称:住居確保給付金 
内容:新型コロナウイルスの感染拡大の影響で仕事を失っただけでなく、住まいも失ったり、家賃を払えなくなったりする人が増えるおそれがあり、国はこうした人たちに家賃を支給する「住居確保給付金」の活用を呼びかけています。「住居確保給付金」は仕事を失った人のうち、住まいも失ったり、家賃を払えなかったりする人に国や自治体が家賃を支給するものです。

就職活動中の家賃を原則として3か月間、最長で9か月間、受け取れます。世帯の生計を支えていたものの2年以内に仕事を失い、ハローワークを通じて求職の申し込みをしていることなどが条件で、世帯収入と預貯金に一定の基準が設けられています。この基準は地域によって異なります。


以上

で、これはどうも離職されてしまった方向けで、減収のかたには各自治体の社会福祉協議会が対応に当たるそうです。
狼さんからの情報でしたので、シェアしておきます。
posted by おざわ at 19:05| Comment(2) | 不動産一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、

こちらも3月末退去になったお部屋の内見がクリーニングとリフォームが終わった今も全く無くて、
コロナの影響も加わって例年以上に客付けに時間が掛かりそう…です(泣)。

コロナ問題が片付いたら、中南信エリアで170世帯を所有して運営しているパスカルさんを交えて、
コロナの心配の無い公園等でミーティングをしたいのですが、如何でしょうか?
Posted by ゆたちゃん at 2020年04月07日 01:01
ゆたちゃん、ありがとうございます。

ちょっと、厳しいですよね。
人に聞いたら軽井沢の別荘はもとより、貸別荘も満員でアパートに流れて、さらに西方面にアパート求める行列がって。

埋まっても、コロナ持ち込まれたらなんなので・・・

やれやれ。

ミーティング参加します!
Posted by おざわ at 2020年04月09日 16:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。