2019年10月13日

台風19号、奇跡的にほぼ被害なし 10月12日から13日

超大型台風 19号 については報道等でご存じでしょうが、そこらじゅうでえらいことになってしまいました。
特に千曲川では、東御、上田とアパートがある自治体で堤防決壊やら、道路陥没やら、鉄橋崩落やらと。被害にあわれた方お見舞い申し上げます。また、亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。



そんな中、自宅及びアパートについては、1軒雨漏りがあっただけで、あとは自宅の軽微な被害だけで収まりました。
10年以上前に作った木製のフェンスが一部壊れたぐらいで、少し物が飛んだぐらいでした。
停電も断続的に5回ほど計3分ぐらいで収まりました。
ありがたいことです。

自宅では、近所の鹿曲川(かくまがわ)の水位が午後2時ぐらいにすでにずいぶん上がっていて、堤防の上端まで3mぐらいまで来ました。
この時点で、川からは岩が流される音がゴロンゴロンと聞こえて来て危機感もアップです。

降雨予測では、それからがたくさん降るということで、いよいよ避難しないといけないかと思ったのですが、そうこうしているうちに暗くなり、メインの避難所はその川を渡らないと行けないということもあり、結局2階に避難という選択しました。ペットがいるというのと、いくらか風邪っぽいので、体育館の床に毛布一枚では悪化しそうだなとか。

やはり正常性バイアスでしょうか?夜は良く見えないものの川の水は堤防の上端まで1mぐらいのところまできたようです。決壊しなくて本当に良かったです。自宅は、堤防上端より1.5mぐらい高いのとその間に30mぐらいあるので決壊しても多分大丈夫でしょうが、近所の方の家が浸水してしまわないで本当に良かった。

これを機会に、よく検討したいと思います。





posted by おざわ at 19:58| Comment(2) | 不動産一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、
昨日の夕方は川岸の両端一杯の幅で高さ3〜4メートルの大波の状態で濁流が流れていくのを国道沿いから見て“ウワッ〜”と思ったのですが、やはり下流で今朝決壊したのと、鉄橋の橋げたが後で流されてしまったのですね…
私のところは山の際物件が心配で、昨日夕方と今日の夕方の2回現地へ様子見に行きましたが、とりあえず何も無くホッと一安心でしたが、
現在改装中のテナント物件の壁際天井部分から雨漏り発覚でこれから外壁と屋根の防水部分のチェックです(泣)。
歯痛大家さんを始めとした下流部分の大家さんでは被害は無かったのでしょうか?
Posted by ゆたちゃん at 2019年10月13日 20:38
ゆたちゃん、ありがとうございます。

でも、まあ軽微なうちと思いましょう。台風の時の雨漏りは実はあまり気にしていません。
横から雨が吹き付けたら、まあしょうがないかな。
甘いでしょうか?

継続的に濡れていなければいいかなあ。
Posted by おざわ at 2019年10月13日 20:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。