2014年11月11日

着々と長野県大家の会再始動に向けて

アズキさんが、見えて壁紙張りを手伝っていただいた。

ちょうど、いいタイミングでリフォームに入るのは、ペットアパートの202号室。
猫の傷が多いのと、壁紙もだいぶ時間たったので張替え部分が結構ある。

 で、本日よりリフォーム開始となった。ちょうどアズキさんも大丈夫だというので10時開始。

また、いろいろお話しながら、まずははずすものをはずす。
その後、壁紙を剥がした。

なかなか手つきはよろしい。これなら期待持てる。

ということで、午前中かけて、一部屋の壁部分剥がして、パテも行った。

お昼休憩でラーメン。

午後は、アズキさんお待ちかねの壁紙張りである。

このアパートは、腰部分で木の見切りが入っているので、2回張らないといけないのであるが、初心者にはとてもやりやすい仕様ともいえる。
2枚ほど張って様子を説明して、じゃどうぞ!

とても丁寧に作業していただいた。
失敗といえるのは、ちょっと合ったけどね。
まあ、仕方ないでしょうってレベル。
ただ、時間がかかるのは仕方ない。おいらの3倍ぐらいかかっている。

うーん、おいらも実は成長していたなあ。
別の面を張ればいいなと思って、予備の道具をさがしたりして、おいらもパラレルで進めたときもあった。
ということで、半分ぐらい張り終えて、お開きとなった。

また、フローリングでもやるときに見たいということでした。

皆様もごいっしょしますか?
壁紙もまだまだあります。
posted by おざわ at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック