2013年04月22日

工事始まり。太陽光

本日、工事始めますと連絡が来ていた。

ちなみに、経過としては杭の引っ張り強度試験を行って1500mmの杭では強度不足のため、2000mmの杭を使うことになっていた。

現場に着くと、すでに作業のかたが荷物を降ろしてさらに、重機が来ていた。んん?なんで重機?

杭は確かに2000mmの品物である。
IMGP1821-s.jpg
奥を見ると、杭をカットしているぞ!なに???
なんで、そんなことしてるんだ?
杭を切っていた-s.jpg
聞くと、入らないから切ったと。
誰かに確認したら、じゃあ切れと言われたと。

をいをい

さっぱり話が通ってないようだ。見に来てよかった。
怒りをぐっとこらえて、説明した。

引っ張り試験でこれこれだから、切ったらだめよ。

ということで切るのはやめてもらったが、重機で打ち込んでいるのはなんで?

杭打機はいらないだろうという社長の判断で重機で行うことにしたと。
杭打機なし重機で-s.jpg
社長さんや、新しい機械を買いたくない気持ちもわかるが無いと無理だよ。
っていうことで、手配をしてもらっている。
重機では、最後まで打ち込めないので、カットしたという。

担当の人が、社長が買っていいって言わないが自分の判断で買ったのだが、返品させられたと。
やれやれ、人当たりのいい社長であるが、社内ではそういう感じなのか。

本日は、重機であるていどまで打ち込んで並べていくということで終わり。

チェックの目的は達成したので帰ったのである。

やっぱ、現場は見ないとだめだね。
posted by おざわ at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック