2007年03月10日

「なんだよー」と「へーすごいな」



まず、なんだよーのほう。

先日相談した、土地買取依頼の件

 なかなか、測量士と立ち会って見ようという連絡が来ない。今日になって行ってみた。
俺:ピンポーン! あのー、立会いはいつになりました?電話来ないんで来て見ました。
Mさん:あ、それがねえ、兄弟にも相談したら、別に売らなくても良いんじゃないの?と言われて、今回は売らないで、今までのままで。

俺:(げげーなんだよ!売らない限りもう貸したくないとか言っておいて、手のひら返すなよ!)え、そうなんですか?はー

Mさん:まあそういうことで、今後も使って下さい。
俺:えーっと、そうなると支払先も今後代わってくるだろうし、やはりこのくいがどこの物なのか確認した上で、車の位置をずらしたりしてもらったりもしないといけないかも?もう一度現地見て下さいよ。

Mさん:いいですよ。
現地にて(20m先)

このくいからすると、やはりこの部分はMさんの土地ではないと思うので、Mさんにお金払うのはおかしいと思いますが、どうでしょう?
Mさん:そうね、じゃあこの辺はまた奥の人と話して、そちらから借りてもらえば良いんじゃないの?


とか言いながら、どうもくいの位置に疑問が有るようだ。そこで、となりの売り地(Mさんが売って、不動産屋が所有)の人に確認してもらいましょうよ。

として電話したが、今日は無理と言うことで、月曜にでも。

というので、結局駐車場は売らないということになった。
ところで、Mさん、話を2転させておいて謝りもなしカイ!困るんだよねーそういうことじゃ。ぷんぷん!


 さて、そんなことの合った後リフォームをしていたら、206の入居者さんが顔を出した。この人、シャワー水栓と、鏡をつけて欲しいと言ってきて、1000円アップでいいよと言ったのだが、残念なことに500円に値切られた人だ。

 ちょうど物は有ったので、今日、後でつけるよと言っておいた。

 その後、リフォームやさんのいつものMさんと連れの大工さんが来て、床鳴りやペンキ塗りに付いてひとくさり。その後もなんだかんだと話をしていて30分ぐらい経ったかな?
 今日は、奥さんが久々に来て、203号室、洋室のペンキ塗りを終わらせた。
 おいらは、収納にCF張って、キッチンの水栓交換、トイレのドアノブ外しぐらいかな。
 その後206号室にて、鏡とシャワー水栓を取り付けながら色々お話。また交渉されてしまい、105号室の賃料が上がったんですが、105号室の友達のところにもこのシャワーと鏡付けてくれないですか?そうすれば、1000円アップも納得すると思うんですよと。
 
 この方、若いがしっかりしてるなあ。すっかり交渉負けしているおいら。
もともと、105号室の方が、紹介してくれては言ってくれた方だ。

 で、暫く作業してほぼ完了と言うころに、大家さんお茶飲んできませんか?と。

 で、奥さんと共にお邪魔してお茶を頂いた、しぶく梅昆布茶。

 そしたら、22歳で高卒で働いて、転職と共にひとり立ちしてアパートに入るようにした。話の端々に、うーんいろんなことを考えてるなあ、しっかりしてるぜ!

 年金は、掛けてるけどきっと戻ってこないんじゃないか、結婚して子供できたら、この給料じゃ共稼ぎだから、家事を分担するためにも今料理もやってみている。定年になるころにはとか、親と話していて、昔と今では物の豊富さとか便利さが桁違いで、でも大事に使わないといけないなあとか、給料は下がってしまったけど、月末にあまるようにして親のところにもって言って貯金してもらうとか。

 うーん好青年でございました。
 これからもよろしくね。あ、家賃は500円アップだよー。
posted by おざわ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック