2012年10月28日

循環の家見学

原村にある、「循環の家」を見学に行った。

アトリエDEF という工務店のモデルルームと言えなくもない。

凄い。という感想だ。
ちょうど社長がいらっしゃって、お話を伺えた。

昔のものを現代のデザインで作っているだけですよ。

まあ、そうといえばそうなんだけど。
ただ、残念ながら 高い それでもこの会社広報にきれいどころ5人ぐらいそろえてもやっていけているあたりシッカリ売り上げている。利益もたくさん上がっているのであろう。

高くてもいい家をという層にはたまらないだろうなあ。

おいらは、難しいなあ。この会社でアパート建てたら、同じ面積のアパートで、普通は6万円だけど、この仕様なら10万でも厳しいとなって10万払って入る人がどれだけいるのか?


田舎の人口と、収入を考えると二の足を踏むけど、この会社は田舎だけどやっている。
もしかしたら、行けるのかも?
まあ、10人いなくてもいいんだけど、たぶん3-4人いればいいのだ。

下の写真のような生活は、なかなか大変ではあるけれど、あまり無理しないで、緩く長く続けていければいいのではないかと、広報のおねいさん。

具合悪かったら、マキではなく灯油を使う。でも時間があったらマキでお湯を作っておく。ベース温度を上げておけば、灯油でちょちょっとあげられる。
ミミズコンポストはミミズを切らないように手でかき混ぜる
ポンプアップもするし、電気も使う。
でも、あまり使わないように生活もできる。
かまどで炊事もできるけど、IHで手軽にも使える。



ストーブ用のマキ小屋
IMGP0174-s.jpg

浄化槽を通った後の水をさらにきれいにするという バイオジオフィルター この先は池になっている。メダカが泳いでいた。
IMGP0180-s.jpg

マキと灯油も燃やせる直列仕様のボイラー(マキが面倒な時は灯油でOK)
IMGP0190-s.jpg

ミミズコンポスト
IMGP0195-s.jpg

ついでのドライブ中の景色
IMGP0209-s.jpg
posted by おざわ at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック