2006年07月06日

元金均等とダイエット

聞き忘れていた、銀行の条件を聞いた。
元利金等なのか、元金均等なのか、それともどちらでも良いのか?
なんと、元金均等であった。これって元金はガンガン減っていくものの最初のほうの払いが多いのでキャッシュフローが心細いなあ。

うーん、いよいよ延長依頼をしないとだめそうだ。まあ払えないということはなさそうではあるのだが。

みなさんの意見では10年固定はないですね。5年固定で金利の差額が3.4%と4%で0.6%違いなのだが、それで年のキャッシュフローが10万円変わってくる。

うーん、5年後の金利ねえ?そんなものを予測するのは無理。どうなっても良いように対処しておくということがどこかの本に書いてあったが。
 5年後に6%なら破綻はないなあ。10%はあるのか?まあそれでも何とかなるか?この物件だけを考えていてもいけないなあ。全部を見てやるのか、うーん良くわかんないぞ。大変になってくるとなるようになるさと思考停止に陥りがちなのがおいらの悪い癖。


ということで、少し逃避してダイエットの話題。

すっかり、パックの食品は終了した。
たいへんな8日間であった。

その後、はアフターダイエットということで、まだ肉、魚はさっぱりたべられないのだが、いよいよベルト上の腹が引っ込んできた。

気のせいではないな。
んーん、どこまで行くのか楽しみになってきた。

そんで体重は66.5kgになった。
posted by おざわ at 21:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 不動産売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
元金均等であれば、固定期間は、短くてもいいのでは、途中で返済をする場合有利なので、全期間固定だと、あまりメリットはないような気が・・・。
繰り上げ返済などの手数料の確認もされるといいと思いますよ。
Posted by キュリアス at 2006年07月06日 23:46
キュリさん、まいどどうも。
昨日から、どうも誤解があるようです。

1.10年返済を目指しているわけではない。
2.14年返済で申し込んだ。
3.固定期間は最長10年なので全期間ではない。
4.繰上げ返済手数料は前の記事に書いてあります。

当初というかまだ未定ですが、10年固定が良いかなと思ったのはそのときの金利情勢がどうなっていても大丈夫(破綻がない)だからです。
6年後の金利が10%とかになった場合の事も考えてます。そうそうないとは思いますが。
 でも、期間を延長してキャッシュフローを増やすのはナイスアイディアって感じですね。ただ、銀行の思惑は10年で回収みたいですから、難しいかなと思いますけどね。

Posted by おざわ at 2006年07月07日 09:40
こんにちは。

私も悩み中ですが、もし私なら、元金均等ができるのなら変動でやっちゃいます。

その方が今はバランスがいいのではないでしょうか。

元利均等の場合は利回りによりますが、私なら10年固定がいいと考えます。

3年固定は短プラ連動、5年固定、10年固定は長プラ連動が普通ですから、5年固定が一番割高で損な気がします。

Posted by DOMBE at 2006年07月07日 14:01
DOMBEさんありがとう。

そうですか、変動ですか!ひょー
今回元金均等なのです。うーむ変動か。
まるっきり考えていませんでしたよ。

参考にさせていただきます。
Posted by おざわ at 2006年07月07日 21:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック