2010年12月27日

こっちの仕事納め

 本日、母校戸建のリフォームを少しやった。
2F洋室の床にいつものフロアタイルを張っている。

 結局その床もまだ終わんなかったのであるが、とりあえず今年はここまでにしよう。

 残工事

1.フロアタイル残りの3割張り
2.同じ部屋の引き戸のレール交換
3.ふすまがたくさんあるので、その張り直し⇒外注か?
4.1Fの8畳の床張り、フローリング
5.洗面所のミラー取り付けおよびその下地
6.掃除⇒外注だな
7.外の古材片づけ
8.階段あたりの床と滑り止め

とりあえず、そんなところのような気はするが、まだ出てくるかも?


 で、いったいこれってなんだろう。
お任せしたら、たぶん、6月には終わっていたような気もする。それで雰囲気であるが、100万では上がらないなあ。たぶん150万ぐらいか?

 この後2月ぐらいにはさすがに終わるはずである。ほんとは1月ぐらいに何とかしたい。でもスキーシーズンなんだよね。

 そうすると、8か月ぐらい機会損失があることになる。たぶん7万ぐらいなので56万円か。

材料代も結構かかっているが、そうはいっても20万とか30万ぐらいだな。

お願いしたら、130万とすると

130−56−30=44万円

じゃあ、そこそこ行けているのであろうか?

精神衛生上はあまりよろしくないが、キャッシュアウトという面ではいいのかも。
あ、自分の人工は忍苦ということだな。


不動産は仕事納めだ、あ、物件紹介されたんだった、見に行くかー
posted by おざわ at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック