2010年02月22日

吉報は指値と共に、その2


 先日奈々ちゃんに合った戸建

 660万ぐらいで出ていたのですが、安くなりますよと不動産屋さん。

 い・く・ら ぐらい?


 と聞いたら、○50万はどうですか?


 だってさ。ただし、現状渡し。瑕疵担保はないし、屋内外のゴミの片付けも全部やってくれればと言う条件で。うーん、すごい値段だ。おいらにはなかなか言えるようなのではないなあ。
まあ、50万ぐらい多めになら言うけど。


 
 ほんとに、そんなんでいいのか?首を縦に振るのであろうか?売主さん。


 

 ですが、振りました。縦に。


 ということで、こちらの指値とともに吉報が来ました。

 なので、気が変わらないうちに契約して来た。今回は、50万だけの契約金だったので、手付け倍返しになっても、50万の利益である。これじゃやっぱり悲しいだろう。

  
 今回良かったのは、築25年の木造に融資を付けられたことである。
13年ということで。

 市の制度資金様さまでございます。

 さて、あとは融資の実行と決済まで、気を抜かずにやって下さい銀行と不動産屋さん。おいらも気は抜かないですが、やることは無いなあ。

 他のことしよう。掃除とか。
posted by おざわ at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック