2009年07月09日

本当はやばいかも知れない手紙


 本日『特別送達』で手紙が来た。
以前、ツーリング仲間の郵便配達員となぜかそんな話になって、うちにも結構『特別送達』来るよと、言ったらドン引きされました。

 うーん、やばいのか?

 気になって、少しネットで調べたら、確かに渡したし、確かにこのじゅうしょだし、確かにこの日時だよというのを証明するようだ。そして、裁判の記録として使うと言うことのようである。

 うーん、それで裁判所から来るのにそういうのが使われるのか。ツーリング仲間と話したのは、しきりに区分を競売で買っていたころだったのだ。


 ということで、今回は先月落札した借地権戸建の物件に対して、所定の公示期間中に異議申し立てが成されずに、最高価買受人の地位が確定したという内容である。

ひとつクリアーした。

あとは地主さんと、契約書の中身だな。

あ、お金払わないと!
posted by おざわ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック