2011年10月04日

初アスファルト

初めて、アスファルトをいじくった。

以前、市の図書館の駐車場にて、えーこんなのあるんだと見たやつである。
DSC_0043-s.jpg

これで、アスファルトの補修を行ったのだ。

DSC_0042-s.jpg

ここも、結構沈んでいてどうしようかなと思っていたのだ。
なかなか、機会が取れなくて今回は仕入れをしておいたので、直行できた。
意外と、簡単にできるものですなあ。

その前に、コーキングの補修もしたのだが、前のようにチョー適当な方法でやったので、いつまで持つかな?

小修繕は続く
posted by おざわ at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

懸案のテレビインタフォン

1周年アパートのシングル棟には、テレビインタフォンをアパート購入時に取り付けてある。
これは、立地上シングル向けではないと思ったので、競争力を付けるためにと、当時強力な武器になるよとさんざん、セミナーで聞かされていたのでそういう結果になった。


並び建っているファミリー棟では、当初からインタフォンは付いていたので、当面様子を見ようということで、入居もまずまず名状態で推移していたので取り替える事はしなかった。

 それでも、入れ替えの度にテレビ付きに変えている、しかも録画機能付きにした。
たまたま、安く仕入れられたので録画付きにしたが、好評なのか不評なのかはわからない。

悪い事はないでしょうに。

 さて、こうなると当初から入居していただいている2部屋については、インタフォンのまま残ってしまっている。

 機械は準備していたのだが、なかなかチャンスに恵まれず、そのうちやる気に恵まれず、そうこうしているうちにほかの物件に流用してしまった。


 そんなこんなで早1年ぐらい経ったろうか?

 やっと先日2部屋とも交換することが出来た。
一部屋は、喜んでいただいた。

もう一部屋は、まあ、付けても悪くもないけど見たい名雰囲気。
だって、このへやたいてい玄関あけっぱである。

 懸案が片付いたのですっきり君である。

懸案はまだまだあるがひとつは終わった。よしよし。




posted by おざわ at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

コンクリ補修

基礎が、ちょっと大きくひび割れているところを発見した。
幅で3mmぐらいのところもある。

きっと地震のせいだ。

放置しておくと、水が入って鉄筋がさびて爆裂してしまう恐れがある。
応急処置でもやらないよりはましだ。

水で混ぜるだけセメントを買ってきた。
砂入りだから混ぜるだけ。

いや、買ったのは1ヶ月前だ。

どこかに置いたなあと思って、探していたが出てこないので仕方ない。もう一度買おう。

で、いざやろうと思ったら、出てきた。がもう新しいのの封を切った後である。
あまり、賞味期限はなさそうだからいいか。

で、少しヒビを塞いでみた。


お昼食べて、続きだな。

posted by おざわ at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

意外といいじゃん

ペットアパートの階段塗装はしばらく前に終わった。

ところが、一部きれいになるとどうしても他の部分が気になってくる。

それは、これ

P1010624-s.jpg

ちょっとねえ、でも意外と高いんだよね。
まだ、特に壊れていないし


ということで、塗ろうと思った。
しかも、赤のペンキを買わずに済ますために、階段のペンキでそのまんま塗ろうと思った。

それで、ペンキとローラーなどは片づけないで置いた。
2日に一度は、シンナーを補給して乾かないようにしていた。

すぐに、ヌルつもりだったのだが、なぜかタイミングが合わない。
よーし塗るぞと思ったら、雨や曇り

湿気が多いと仕上がりが悪い。

走行している間に2週間ぐらいたったカモ。

本日実施した。

P1010631-s.jpg


意外といいかも。
コストはせいぜい数百円+労働力
労働力が高いか!
posted by おざわ at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

やっと、完了したペンキ

7月10日に始めたって書いてある
http://merge.seesaa.net/article/214221916.html

やれやれ、1ヶ月と4日ほどかかりましたか。

それでも、終わったという事にしているだけで、裏側のサビ止めした部分はペンキ塗ってないんだけど、まあいいやと。


さらにいえば、郵便受けがちょっと悲しい事になっているから、そのまま塗ってしまおうかと思ったが、部屋の表示をどうしようかと思って、今日はパス。

ビフォー

NEC_0423-s.jpg




アフター
after-s.jpg


ところが、なんと塗ったばかりのペンキにサビを発見
P1010590-s.jpg
この縦の支柱の部分は、前から気になっていたのだが膨れている。
これはきっと雨が入り込んで下に溜まっていて、そこに冬の冷え込みで凍って膨れたのではないかと思っていた。

 そんで、このサビである。
溜まっていた水がこの部分から染み出してきたのであろう。

そこで、支柱の下部に穴を開けたら、良く出てくるくる。黒いどろどろと水が混じって結構出たなあ。数センチは溜まっていたのではないだろうか?

P1010591-s.jpg

まあ、これで一安心である。

盆働きしてしまったなあ。

posted by おざわ at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

やっぱり若い肌はいいねえ

え、そんな。

だって、カテゴリがリフォームですから。





ペンキ塗った若いお肌の階段の手すりのことですなあ。


P1010576-s.jpg

水のはじき方が全然違います。

なんかペンキ塗ってよかったなあと思うわけですね、あ、もちろんまだ終わってないけど。
posted by おざわ at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

遅々として進む



 もともと、ゆっくりやるつもりだったのでなかなか進まないのは当たり前だ。
夕立ちしたり、湿気が高かったりするとペンキには向かないのだ。

 さらに、暑いので直射日光が当たる時はやめときたいしなんてやっていると、まるで検索エンジンに単語を3つ4つ入力していくたびに劇的にヒット数が減っていくみたいにやれる時間が限られてくる。

 ま、そんな中でもとりあえず、ここまでは来た。

 階段塗装の表面は、さびを落としてさびていたところにさび止め入りペンキを塗って下塗り完了。

 裏面がなかなか激しい状態になっていたので、今回ペンキ落としに使用したのが、ケルヒャーの高圧洗浄機。

 水がぐるぐる回って当たるアタッチメントを使うと、ペンキがよく落ちる。

NEC_0442-s.jpg
 一度だいたい当てて、まだら模様になったところでいいかと思い撤収した。翌日みたら、まだらのペンキはまだ簡単にぽろぽろ落ちるではないか。駄目だこりゃと思い、再度しつこく水を当てて、上塗りのペンキ部分はほとんど落ちた。下塗りのさび止めはほとんど落ちない。

 その後、さび落としをしてからこちらには、さび止めを塗った。
これが2日かかる。終わったのが本日。

NEC_0447-s.jpg

 本来、雨が降りそうなときにはペンキは駄目なのだが、下塗りだからいいかと勝手に思って塗ってしまった。
 急いだのには、わけがあって

 ただ、刷毛やローラーが乾いてしまうからという理由ではあるのだが。乾いてしまうと使えなくなるので、新規に投入しないといけない。もったいないのでつい塗ってしまった。

 いったい、どちらがもったいないのかは今後の持ちによるなあ。
今書いていて思ったが、せいぜい300円ぐらいのことだなあ。やはり乾いてしまっても、新規に投入して乾燥したときに塗ったほうがよかったか?

 
 素人はこれだから困る。
焦るのだな、プロはその点、ダメなものは駄目ときっちりしている。と思う。たぶんそうだ。そうなんじゃないかな?(関白宣言参照)



 ま、でもあとは上塗りのペンキを以前買った艶ありの薄紫グレー色のペンキで仕上げればミッション終了となる。

 と書いたが、まだ1週間はかかるだろうな。台風だし。

posted by おざわ at 21:52| Comment(2) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

結婚アパート103フルリフォーム

 今考えているところをある程度は見せることができました。
やはり1Kはいじれるところが限られているので、難しいですがなんとかまとまりました。
失敗は、ペンキの反射。艶を半艶というのを忘れて発注してしまったので、ちょっと光り過ぎですね。



103号室のフルリフォーム完了しました。

今回は、1階のお部屋なので、男性単身の方をイメージしました。
すっきり爽やか系の仕上がりです。

写真は、一番見てもらいたいところはこれですね。

IMGP8109-s.jpg

居室の様子がわかります。
シーリングの照明は、通称くらげ。間接照明は作りつけで、中身は蛍光管型のLEDです。この明るさで、10Wしか使いません。もちろん、両方別々に点灯可能です。
下部の棚には、普通に棚として使えます。CDなどよさそうです。

IMGP8106-s.jpg
反対から見ると、エアコンと長押にならんだフックが印象的です。
ハンガーを使えばコレクションの見せる収納になります。
posted by おざわ at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

久々の外ペンキ

アパートの外のペンキ塗ったのって、結婚アパートの階段と手すり以来だ。もう6年ぐらい前だなあ。

あの時は寒かったなあなんて思いながら、このときは暑いのである。


これが、ペットアパートの手すりが面倒な事になっている、写真見れば分かるが細いのだなあ。メッシュとも言えるが。

で、そこかしこでこうやって錆びている。もちろん、他の大きく錆びているところもあるのだ。
数年間、錆びてるなあと思いながらまあいいかとほおって置いてしまった。

で、やっと取り掛かったというわけだ。

NEC_0421-s.jpg

まずは、グラインダーにサンドペーパータイプの円盤を取り付けてサビ落として下地の鉄を出す。
NEC_0428-s.jpg

そんで、そこにサビ止めを塗る。

筈であったが、ホームセンターでサビ止めだと思ってサビ止め材入りのペンキを買ってしまった。赤くなくてこりゃいいやと思ったら、大きな勘違いであった。
まあ、厚ければいいだろうということにして、そのまま使用。
NEC_0422-s.jpg

ということで、割と似ている色で、サビが進行したところは表面では8割ぐらいは終わったところだ。

あとは、ケコミ部分と裏面だな。

そこが出来たら、ペンキで全面に塗るよていだ。

まあ、暑いので徐々にやろう。
早速入居者さんの友達が腕にペンキを付けてしまった。すまない。

posted by おざわ at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月30日

リクエストにお答えして

ペットアパートの2階に住んでも居るのであるが、今年は既に暑い。
いちおうまだ6月なのに夜寝苦しくて。

ルーバーをつけて、夜に窓を開けて寝たいという事である。この窓を開けておけると、他の対面の窓との間で風が抜けてくれる。

実際のところは、精神的に少しと物理的にも少しの障壁が出来るだけのような気もする。
わざわざ壊して入ってこようという人はもう、窓が閉まっていても同じ事である。

使用前

IMGP8078-s.jpg

使用後

IMGP8080-s.jpg


外から見たら、やはり木はいいねえ。
ただ、取り付けて思った。

あ、窓が外せない・・・

もっとスペースを空けないといけなかったなあ。ちょっと取り付けには工夫しないといけないのである。

そんで、部屋の中から見ると
暗いなあ。さすがにこれだけ光をさえぎると。

でも、リクエストした本人は満足そうである。ひかりが入らないと、家具やらの日焼けがなくなるのでいいとのことだ。
posted by おざわ at 18:53| Comment(2) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

天井壁紙

結婚アパート103は天井の壁紙も張り替えた。

キッチンなのだが、前の張り方を見ると長手方向に張って2枚使っている。
ところが、なかなか天井は不得意なのである。なので、できるだけ短く張りたい。

そうすると、目の数が増えてしまうのだがやむを得ない。ということにしよう。

はがしたら、いまいちでパテをかってこれはまだサンドペーパーしていないところ。
P1010440-s.jpg

このあとサンドペーパーで平滑を出す。

そんで、短手方向に張る。今回は4枚はるので、目が3つ。本来は目が1つですむのだ。
しかも、張り終えて翌日みてもすっかり、目がよくわかる出来である。
 久々の天井はりはいまいちでしたなあ。確か、半年ぐらい前の出来事である。

 で、こんな感じになる。
P1010444-s.jpg
まあ、よしとしよう。

posted by おざわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

床下匍匐前進と、雪の上すいすい


 結婚アパートの空室に入居が決まった!

 それはいいんだが、この部屋105だが、以前漏電のため、抵抗値が0.2Mオーム程度であり、通電はそのままでは出来ないといわれていた。

 以前から、電気屋さんに来てもらって、どこだか探してもらったのだが、天井裏にある配線のうち1本のVVFケーブルが原因と言うところまでは分かっていた。

 ところが、その先を追おうとしても、1階のこの部屋では、天井裏に入っていけないので、このVVFケーブル(3芯)がどこに行っているのかが分からない。
その時点では、天井点検口をつけてもらわないと追えないからその後でと。

 やろうやろうとは思いながら、母校戸建およびスキーにかかりきりになり他の用事もいろいろ重なり点検口はつけられず、従って漏電調査は行われていなかった。

 105の入居者さんはお急ぎのようで、申し込みから4日ほどで入居だと。

うーん、いよいよやるしかない。

 金曜日に連絡受けたのでその時点で電気屋さんに連絡。
土曜日には、点検口つけるから月曜日に見て欲しいと。ちょうど一人行けますよと。

 なんで、点検口をつけた。なかなか作業は想像通りには行かずにちと時間がかかったが、まあなんとか取り付いた。
 というか、穴を開けた時点でVVFケーブルの行き先を見たのだが、界壁を下に落ちているらしいというところまで分かったが、ソレまでしか分からない。
P1010178-s.jpg



 さて、月曜になり電気屋さんの登場だ。
 点検口あまり価値ないなあと言ったが、そんなことないですよ。壁に下りているのが確認できたから大丈夫ですといって、床下にもぐっていった。
 このアパート床下点検口は106号室(現在空き)に以前取り付けたのだが、その後はやっていないので、まず106号室の床から入って隣の105まで到達。
 
 で、出てきて曰く。このVVFは凍結防止帯が沢山繋がっている元の電源ですね。コンセントになってたから引っこ抜いてきた。

 それで、絶縁抵抗計ったら、見事復活。インフですと言っていた。インフィニティーのことであろう。無限だ。

 ということは、その凍結防止帯のどれかが、傷んでいるという事であろう。

 
 で、原因がつかめたので、かえるというようなそぶりである。

 うーん、そうすると測定器(メガー)が無いので、どこの凍結防止帯が壊れているのかが分からないよ。メガー置いていってよと言ったら、今日は空いているから一緒に調べましょうと言ってくれた。

 さて、いちいち106号室から入るのは大変なので、この部屋にも床下点検口を作ろう。以前からいいと思っていた洗濯機パンの下を開口しようと意見が一致。

 だが、土曜には持ってきていた丸のこがないので、ノコギリでやるしかないなあと思ったら、なんと電気屋さん近所の実家から持ってきてくれた。

 ばっちり開いて、こんどはおいらが匍匐前進だ。しばらく抜き差しして、電気屋さんは天井裏でメガー測定。やっと、不良が特定できた。と思ったのだが、なぜか復旧したら直ってしまった。うーん、???
ただ、その先はなぜか砂利の中に入っていてよく分からない。
P1010199-s.jpg
 これは温度スイッチがいままでONしていたのだ、砂利から出したら温度が上がってスイッチオフしてその為に絶縁が良くなったのではないか?

 ということで、氷を買いに行って冷やして見たら、どうも当たりのようでやはりこの先の防止帯がいけないということで特定された。

 ここで、電気屋さんとお別れ

 
 防止帯をまずは、出してみる事にした。恐れていたコンクリの中に入っていってしまっている事は無く、砂利を掻き分けていくと保温筒の中から防止帯を引っ張り出せた。

 ここまでくれば、あとは長さの足りるのを買ってきて取り付けを行えばOKだ。

 とはいいつつ、匍匐前進と匍匐後退を6往復ぐらいしただろうか。
腹筋、背筋、首の筋肉などがとても鍛えられた。

 結局終わったのは5時になっていた。まるきりの1日仕事であった。

 翌日、筋肉痛になったのは言うまでも無い。




 無いのではあるが、翌日はスキーである。

 このご時世だからこそしっかりと使うところは使わないと、経済が周らない。

そんな、殊勝な心がけを見逃さないでいてくれたスキーの神様からはご褒美を頂いた。

湯の○スキー場は、この時期は急斜面が無いので中斜面でしか分からないが、いままでやろうとして段々できるようにはなってきたがまだ確率がとても低いかったすべり。

谷周りからの加重や山周りでの外股関節のたたみ方、板の走りというあたりでとても気持ちよく滑れるようになった。

スキー楽しい
 

ではあるが、2日にわたる筋肉使用により、結構大変である。
posted by おざわ at 20:46| Comment(4) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

哀愁の軽トラに砂利が降るのだ


 久々に、DIYてき大家の記事だな。

砂利を買いに行ったのだ。
砂利など、ホームセンターで買うと1バケツとか、1土嚢とかでいくらという単位になる。
結果とても割高だ。とはいっても、あまりあっても困るものだし今回もいままでで3回めのお買い物だ。

 土建屋さんのプラントが近くにあるのである。
そこにいって、砂利売ってというと、でかいブルトーザーで一すくいした砂利を軽トラに積んでくれる。

 砂利が降っている。

IMGP7232-s-s.jpg


 今回は、0.4立米とのことだ。
これで600kgほどになる。

もちろん、軽トラの積載量は最大で350kgであるのであからさまにオーバーだ。
タイヤがずいぶん偏平している。

とりあえずこれで2kmほど走って家である程度おろした。たぶん400kgぐらいまでになっただろう。

これなら、きっとたぶん余裕を見ているだろう最大積載量の範囲内におさまるだろうと、現場に向かう。

この場合、気を付けないといけないのがブレーキ。アクセルは割と踏むと動くのだが制動距離がかなり長くなる。交差点などよく気を付けておかないとオーバーランしてしまうのだ。

まあ、無事現場に砂利をまいて、雨の日に車から降りたら靴がドロドロという事態はとりあえず避けることができるようになった。

今後は、うちに下した砂利を使ってコンクリ作ってあっちやこっちの穴を埋めてみたいと思う。

posted by おざわ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

やっと始めたが・・・

やっと仕事始めということで、リフォームが始まった。

ところが、ちょっとこれが。午前中に経理などのパソコン仕事をして、午後に行こうと思っていたのだが、それも遅れてなんとか、2時についたか。

それから、1時間半床を張ったのだが、実は、その前日にペットアパートにて入居者さんから、2点言われていたのである。

 1.トイレの換気扇が動かない
 2.部屋のコンセントが2箇所電気が来ていない。

ということで、そちらをしに帰らないといけない。ココの現場に全部置いてあるので、とにかくココに来て道具などを持ってこないといけないのだ。

 ペットアパートでは、潤滑材により1は簡単に解決。2は天井裏にもぐって確認したら、おいらの施工不良であった。接続が甘いのであった。

 いけないのではあるが、でも、簡単に治った。一番簡単に治る原因であった。


で、翌日がまた経理してみたら、ふと年末調整とか、源泉税とかやらんといかん刈った。
でそっちをやっていたら終わった。


ま、そんなもんだ。
posted by おざわ at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

こっちの仕事納め

 本日、母校戸建のリフォームを少しやった。
2F洋室の床にいつものフロアタイルを張っている。

 結局その床もまだ終わんなかったのであるが、とりあえず今年はここまでにしよう。

 残工事

1.フロアタイル残りの3割張り
2.同じ部屋の引き戸のレール交換
3.ふすまがたくさんあるので、その張り直し⇒外注か?
4.1Fの8畳の床張り、フローリング
5.洗面所のミラー取り付けおよびその下地
6.掃除⇒外注だな
7.外の古材片づけ
8.階段あたりの床と滑り止め

とりあえず、そんなところのような気はするが、まだ出てくるかも?


 で、いったいこれってなんだろう。
お任せしたら、たぶん、6月には終わっていたような気もする。それで雰囲気であるが、100万では上がらないなあ。たぶん150万ぐらいか?

 この後2月ぐらいにはさすがに終わるはずである。ほんとは1月ぐらいに何とかしたい。でもスキーシーズンなんだよね。

 そうすると、8か月ぐらい機会損失があることになる。たぶん7万ぐらいなので56万円か。

材料代も結構かかっているが、そうはいっても20万とか30万ぐらいだな。

お願いしたら、130万とすると

130−56−30=44万円

じゃあ、そこそこ行けているのであろうか?

精神衛生上はあまりよろしくないが、キャッシュアウトという面ではいいのかも。
あ、自分の人工は忍苦ということだな。


不動産は仕事納めだ、あ、物件紹介されたんだった、見に行くかー
posted by おざわ at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

ココ暫くで、少し進んだ


 相変わらず、ゆっくりペースのリフォームである。さらに、スキーシーズンになってまたゆっくりが加速した。

 そんな中、すこし進んだなあ。

 1階の8畳間の壁がとうとう完成。黄土色の壁から、漆喰の白壁にチェンジとなった。

P1010069-s.jpg

 そんで、余勢を買って、2階の洋間の天井もチェンジした。ちょっと時代を感じるのと、照明の跡が生々しいからだ。

こちらは、以前設備屋さんに頂いた事で、存在を知ったベルアート。そのまま塗れるかちょっと心配はあったが、問題なかった。

 P1010073-s.jpg

P1010072-s.jpg

 ということで、コノ部屋も8畳間も残るは、床である。

 うーん、なんか進んだ気がする。
 年内完成か?

 


 無理だな・・・

posted by おざわ at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

漆喰続報

漆喰塗ってみたら、元の色が透けてしまうなあ。

白なのに、ベージュである。シーらーを塗ったので、浮き上がってくる事はないだろうなと思っていた。

ところが、どうも浮き上がってくるのだ。
一回目に結構厚く塗ったのに、そんで塗った時は白かったのに翌日見ると黄色い。これは下の色が浮き上がってくるのだろうな。

なんで、しかたなく増し塗り?

結局、厚く塗っても色が出てくるから、一度目は薄くすることにした。それで2度目を塗ると乾燥した漆喰で色の浮き上がりガ押さえられる事でしょう。

 ということで、そうしてみたが。2度目に厚く塗ったのをその翌日見てみたが、どうもイマイチだなあ。

これは、どうも実は3回塗りをしないといけないのかもしれない。

あーめんど。

でも、あきらかに黄色いと言うわけではなくなったから、これでよしとしようかな。次回への参考事項という事で。

posted by おざわ at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

ちょっとスキーで

土日とスキーしていて、リフォームが進まない。

あ、スキーといっても仕事です。修学旅行生のイントラで。
早速シーズン初めからのお仕事となったのですが、なにせ疲れた、眠い、痛い。

もう寝ます。ちゃんちゃん!
posted by おざわ at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

さらば、瞬間湯沸かし器


 瞬間湯沸かし器・・・すぐにお湯がわくことの喩から、すぐに激高する人のこと




という、喩はあるのであるがおいらもたまにそういうことになる。車に乗っているときがちょっと危ない。

 先日もあまりに危ない割込にはずいぶん腹立った。Y字路で、こちらが優先で、向こうが合流してくる。こちらが1台譲ったつもりが2台入ってきた。しかたないなあと思いつつ、数台まえの信号が青になり発進。

 ところが、そこに後ろ側から急に前に出て割り込んできた車が。あわてて急ブレーキである。こいつは、おいらが2台入れてあげたのを見ているはずである。

 そしておいらからは自分が認識できていないことが容易に想像つくはず(とおいらならそういう風にしているのでもし入ろうと思うのならまずは横に並んで、ウインカーやクラクションや合図などで認識させようとするだろう)なのに、なんの前触れもなくおいらの前に出た。

 ちょっと、瞬間湯沸かし器である。ブレーキふみながらクラクションを10秒、その後ハイビームで追走しばらく。

 まあ、これもやりすぎである。反省した。危ない人であれば、こちらが危ない。
他県ナンバーの家族連れのようだったので、比較的安心して怒っていた。やはり軽トラはなめられまくりである。

 できたら、こういう瞬間湯沸かし器とはおさらばしたいものである。ちょっと前ならおさらばえーだ。


 さて、比喩ではなく本物のことだ。

これは、キッチンの壁に取り付けて、水道から分岐させた水配管をつなげて、その場でガスを燃やしてお湯にするのだ。利点はすぐにお湯になる。ただし、まずい点は、不完全燃焼による中毒死がある。極まれではあろうが、これが起きたらシャレにならない。

 
 外人アパートは、瞬間湯沸かし器の仕様であった。つまり6戸あるので、極まれ×6の可能性があった。
 ガス屋さんに協力していただいて退去がたくさんあった時にリフォームして外壁の給湯器に交換して、キッチン、洗面台、風呂に給湯できるようにしてもらった。あ、風呂はバランス釜である。これも同じ危険がある。

これが、5戸終わっていた。


 先日、レガシーを引き取りに東京に向かう途中電話が来た。残り1戸の入居者さん、シャワーにしたいので、他の部屋みたいにしてほしいと。


 ということで、今週工事予定である。

さらば瞬間湯沸かし器である。よかったよかった。
posted by おざわ at 12:27| Comment(2) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

天井壁紙で少し進んだ


 久しぶりに天井の壁紙を張ったら偉く大変であった。

ジプトーンの天井がすっかり模様がついてしまっていたので、そこにベニヤを張ったところまでは来ていた。

 で、壁紙を張ろうとして早1ヶ月。

 糊が鮮度を失っていたのと、たぶんベニヤは吸水しやすいのであろう。


 張っても張っても落ちてくるのである。

 おかげで、当初は3倍ぐらいの大変さであった。

 仕方ないので、内装用コークを隅や端につけて、接着剤代わりにしてなんとか付いた。
 2枚目からは、あらかじめベニヤに水をつけておいた。
これでいいと思ったのだが、端のカットをした後にまでまだ、はげて落ちてきてしまった。これには参ったが意外と元に戻った。

 3枚目からは、もっと真面目に水を付けたらやっと上手く行った。

 2枚目ですでに腕が上がらなくなってきており、休養しながらの作業だ。

とりあえず、今回も勉強になった。

疲れたので、5枚のこの部屋を張ったところで、片づけまでして本日終了というかんじだ。

 徐々に進んでいる。

 また、市の文化祭に写真を展示してあるので、その当番で現場に詰めていないといけないのだから、ゆっくりしてから作業にとりかかろうかな。

posted by おざわ at 21:26| Comment(4) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

初アスファルト

初めて、アスファルトをいじくった。

以前、市の図書館の駐車場にて、えーこんなのあるんだと見たやつである。
DSC_0043-s.jpg

これで、アスファルトの補修を行ったのだ。

DSC_0042-s.jpg

ここも、結構沈んでいてどうしようかなと思っていたのだ。
なかなか、機会が取れなくて今回は仕入れをしておいたので、直行できた。
意外と、簡単にできるものですなあ。

その前に、コーキングの補修もしたのだが、前のようにチョー適当な方法でやったので、いつまで持つかな?

小修繕は続く
posted by おざわ at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

懸案のテレビインタフォン

1周年アパートのシングル棟には、テレビインタフォンをアパート購入時に取り付けてある。
これは、立地上シングル向けではないと思ったので、競争力を付けるためにと、当時強力な武器になるよとさんざん、セミナーで聞かされていたのでそういう結果になった。


並び建っているファミリー棟では、当初からインタフォンは付いていたので、当面様子を見ようということで、入居もまずまず名状態で推移していたので取り替える事はしなかった。

 それでも、入れ替えの度にテレビ付きに変えている、しかも録画機能付きにした。
たまたま、安く仕入れられたので録画付きにしたが、好評なのか不評なのかはわからない。

悪い事はないでしょうに。

 さて、こうなると当初から入居していただいている2部屋については、インタフォンのまま残ってしまっている。

 機械は準備していたのだが、なかなかチャンスに恵まれず、そのうちやる気に恵まれず、そうこうしているうちにほかの物件に流用してしまった。


 そんなこんなで早1年ぐらい経ったろうか?

 やっと先日2部屋とも交換することが出来た。
一部屋は、喜んでいただいた。

もう一部屋は、まあ、付けても悪くもないけど見たい名雰囲気。
だって、このへやたいてい玄関あけっぱである。

 懸案が片付いたのですっきり君である。

懸案はまだまだあるがひとつは終わった。よしよし。




posted by おざわ at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

コンクリ補修

基礎が、ちょっと大きくひび割れているところを発見した。
幅で3mmぐらいのところもある。

きっと地震のせいだ。

放置しておくと、水が入って鉄筋がさびて爆裂してしまう恐れがある。
応急処置でもやらないよりはましだ。

水で混ぜるだけセメントを買ってきた。
砂入りだから混ぜるだけ。

いや、買ったのは1ヶ月前だ。

どこかに置いたなあと思って、探していたが出てこないので仕方ない。もう一度買おう。

で、いざやろうと思ったら、出てきた。がもう新しいのの封を切った後である。
あまり、賞味期限はなさそうだからいいか。

で、少しヒビを塞いでみた。


お昼食べて、続きだな。

posted by おざわ at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

意外といいじゃん

ペットアパートの階段塗装はしばらく前に終わった。

ところが、一部きれいになるとどうしても他の部分が気になってくる。

それは、これ

P1010624-s.jpg

ちょっとねえ、でも意外と高いんだよね。
まだ、特に壊れていないし


ということで、塗ろうと思った。
しかも、赤のペンキを買わずに済ますために、階段のペンキでそのまんま塗ろうと思った。

それで、ペンキとローラーなどは片づけないで置いた。
2日に一度は、シンナーを補給して乾かないようにしていた。

すぐに、ヌルつもりだったのだが、なぜかタイミングが合わない。
よーし塗るぞと思ったら、雨や曇り

湿気が多いと仕上がりが悪い。

走行している間に2週間ぐらいたったカモ。

本日実施した。

P1010631-s.jpg


意外といいかも。
コストはせいぜい数百円+労働力
労働力が高いか!
posted by おざわ at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

やっと、完了したペンキ

7月10日に始めたって書いてある
http://merge.seesaa.net/article/214221916.html

やれやれ、1ヶ月と4日ほどかかりましたか。

それでも、終わったという事にしているだけで、裏側のサビ止めした部分はペンキ塗ってないんだけど、まあいいやと。


さらにいえば、郵便受けがちょっと悲しい事になっているから、そのまま塗ってしまおうかと思ったが、部屋の表示をどうしようかと思って、今日はパス。

ビフォー

NEC_0423-s.jpg




アフター
after-s.jpg


ところが、なんと塗ったばかりのペンキにサビを発見
P1010590-s.jpg
この縦の支柱の部分は、前から気になっていたのだが膨れている。
これはきっと雨が入り込んで下に溜まっていて、そこに冬の冷え込みで凍って膨れたのではないかと思っていた。

 そんで、このサビである。
溜まっていた水がこの部分から染み出してきたのであろう。

そこで、支柱の下部に穴を開けたら、良く出てくるくる。黒いどろどろと水が混じって結構出たなあ。数センチは溜まっていたのではないだろうか?

P1010591-s.jpg

まあ、これで一安心である。

盆働きしてしまったなあ。

posted by おざわ at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

やっぱり若い肌はいいねえ

え、そんな。

だって、カテゴリがリフォームですから。





ペンキ塗った若いお肌の階段の手すりのことですなあ。


P1010576-s.jpg

水のはじき方が全然違います。

なんかペンキ塗ってよかったなあと思うわけですね、あ、もちろんまだ終わってないけど。
posted by おざわ at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

遅々として進む



 もともと、ゆっくりやるつもりだったのでなかなか進まないのは当たり前だ。
夕立ちしたり、湿気が高かったりするとペンキには向かないのだ。

 さらに、暑いので直射日光が当たる時はやめときたいしなんてやっていると、まるで検索エンジンに単語を3つ4つ入力していくたびに劇的にヒット数が減っていくみたいにやれる時間が限られてくる。

 ま、そんな中でもとりあえず、ここまでは来た。

 階段塗装の表面は、さびを落としてさびていたところにさび止め入りペンキを塗って下塗り完了。

 裏面がなかなか激しい状態になっていたので、今回ペンキ落としに使用したのが、ケルヒャーの高圧洗浄機。

 水がぐるぐる回って当たるアタッチメントを使うと、ペンキがよく落ちる。

NEC_0442-s.jpg
 一度だいたい当てて、まだら模様になったところでいいかと思い撤収した。翌日みたら、まだらのペンキはまだ簡単にぽろぽろ落ちるではないか。駄目だこりゃと思い、再度しつこく水を当てて、上塗りのペンキ部分はほとんど落ちた。下塗りのさび止めはほとんど落ちない。

 その後、さび落としをしてからこちらには、さび止めを塗った。
これが2日かかる。終わったのが本日。

NEC_0447-s.jpg

 本来、雨が降りそうなときにはペンキは駄目なのだが、下塗りだからいいかと勝手に思って塗ってしまった。
 急いだのには、わけがあって

 ただ、刷毛やローラーが乾いてしまうからという理由ではあるのだが。乾いてしまうと使えなくなるので、新規に投入しないといけない。もったいないのでつい塗ってしまった。

 いったい、どちらがもったいないのかは今後の持ちによるなあ。
今書いていて思ったが、せいぜい300円ぐらいのことだなあ。やはり乾いてしまっても、新規に投入して乾燥したときに塗ったほうがよかったか?

 
 素人はこれだから困る。
焦るのだな、プロはその点、ダメなものは駄目ときっちりしている。と思う。たぶんそうだ。そうなんじゃないかな?(関白宣言参照)



 ま、でもあとは上塗りのペンキを以前買った艶ありの薄紫グレー色のペンキで仕上げればミッション終了となる。

 と書いたが、まだ1週間はかかるだろうな。台風だし。

posted by おざわ at 21:52| Comment(2) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

結婚アパート103フルリフォーム

 今考えているところをある程度は見せることができました。
やはり1Kはいじれるところが限られているので、難しいですがなんとかまとまりました。
失敗は、ペンキの反射。艶を半艶というのを忘れて発注してしまったので、ちょっと光り過ぎですね。



103号室のフルリフォーム完了しました。

今回は、1階のお部屋なので、男性単身の方をイメージしました。
すっきり爽やか系の仕上がりです。

写真は、一番見てもらいたいところはこれですね。

IMGP8109-s.jpg

居室の様子がわかります。
シーリングの照明は、通称くらげ。間接照明は作りつけで、中身は蛍光管型のLEDです。この明るさで、10Wしか使いません。もちろん、両方別々に点灯可能です。
下部の棚には、普通に棚として使えます。CDなどよさそうです。

IMGP8106-s.jpg
反対から見ると、エアコンと長押にならんだフックが印象的です。
ハンガーを使えばコレクションの見せる収納になります。
posted by おざわ at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

久々の外ペンキ

アパートの外のペンキ塗ったのって、結婚アパートの階段と手すり以来だ。もう6年ぐらい前だなあ。

あの時は寒かったなあなんて思いながら、このときは暑いのである。


これが、ペットアパートの手すりが面倒な事になっている、写真見れば分かるが細いのだなあ。メッシュとも言えるが。

で、そこかしこでこうやって錆びている。もちろん、他の大きく錆びているところもあるのだ。
数年間、錆びてるなあと思いながらまあいいかとほおって置いてしまった。

で、やっと取り掛かったというわけだ。

NEC_0421-s.jpg

まずは、グラインダーにサンドペーパータイプの円盤を取り付けてサビ落として下地の鉄を出す。
NEC_0428-s.jpg

そんで、そこにサビ止めを塗る。

筈であったが、ホームセンターでサビ止めだと思ってサビ止め材入りのペンキを買ってしまった。赤くなくてこりゃいいやと思ったら、大きな勘違いであった。
まあ、厚ければいいだろうということにして、そのまま使用。
NEC_0422-s.jpg

ということで、割と似ている色で、サビが進行したところは表面では8割ぐらいは終わったところだ。

あとは、ケコミ部分と裏面だな。

そこが出来たら、ペンキで全面に塗るよていだ。

まあ、暑いので徐々にやろう。
早速入居者さんの友達が腕にペンキを付けてしまった。すまない。

posted by おざわ at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月30日

リクエストにお答えして

ペットアパートの2階に住んでも居るのであるが、今年は既に暑い。
いちおうまだ6月なのに夜寝苦しくて。

ルーバーをつけて、夜に窓を開けて寝たいという事である。この窓を開けておけると、他の対面の窓との間で風が抜けてくれる。

実際のところは、精神的に少しと物理的にも少しの障壁が出来るだけのような気もする。
わざわざ壊して入ってこようという人はもう、窓が閉まっていても同じ事である。

使用前

IMGP8078-s.jpg

使用後

IMGP8080-s.jpg


外から見たら、やはり木はいいねえ。
ただ、取り付けて思った。

あ、窓が外せない・・・

もっとスペースを空けないといけなかったなあ。ちょっと取り付けには工夫しないといけないのである。

そんで、部屋の中から見ると
暗いなあ。さすがにこれだけ光をさえぎると。

でも、リクエストした本人は満足そうである。ひかりが入らないと、家具やらの日焼けがなくなるのでいいとのことだ。
posted by おざわ at 18:53| Comment(2) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

天井壁紙

結婚アパート103は天井の壁紙も張り替えた。

キッチンなのだが、前の張り方を見ると長手方向に張って2枚使っている。
ところが、なかなか天井は不得意なのである。なので、できるだけ短く張りたい。

そうすると、目の数が増えてしまうのだがやむを得ない。ということにしよう。

はがしたら、いまいちでパテをかってこれはまだサンドペーパーしていないところ。
P1010440-s.jpg

このあとサンドペーパーで平滑を出す。

そんで、短手方向に張る。今回は4枚はるので、目が3つ。本来は目が1つですむのだ。
しかも、張り終えて翌日みてもすっかり、目がよくわかる出来である。
 久々の天井はりはいまいちでしたなあ。確か、半年ぐらい前の出来事である。

 で、こんな感じになる。
P1010444-s.jpg
まあ、よしとしよう。

posted by おざわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

床下匍匐前進と、雪の上すいすい


 結婚アパートの空室に入居が決まった!

 それはいいんだが、この部屋105だが、以前漏電のため、抵抗値が0.2Mオーム程度であり、通電はそのままでは出来ないといわれていた。

 以前から、電気屋さんに来てもらって、どこだか探してもらったのだが、天井裏にある配線のうち1本のVVFケーブルが原因と言うところまでは分かっていた。

 ところが、その先を追おうとしても、1階のこの部屋では、天井裏に入っていけないので、このVVFケーブル(3芯)がどこに行っているのかが分からない。
その時点では、天井点検口をつけてもらわないと追えないからその後でと。

 やろうやろうとは思いながら、母校戸建およびスキーにかかりきりになり他の用事もいろいろ重なり点検口はつけられず、従って漏電調査は行われていなかった。

 105の入居者さんはお急ぎのようで、申し込みから4日ほどで入居だと。

うーん、いよいよやるしかない。

 金曜日に連絡受けたのでその時点で電気屋さんに連絡。
土曜日には、点検口つけるから月曜日に見て欲しいと。ちょうど一人行けますよと。

 なんで、点検口をつけた。なかなか作業は想像通りには行かずにちと時間がかかったが、まあなんとか取り付いた。
 というか、穴を開けた時点でVVFケーブルの行き先を見たのだが、界壁を下に落ちているらしいというところまで分かったが、ソレまでしか分からない。
P1010178-s.jpg



 さて、月曜になり電気屋さんの登場だ。
 点検口あまり価値ないなあと言ったが、そんなことないですよ。壁に下りているのが確認できたから大丈夫ですといって、床下にもぐっていった。
 このアパート床下点検口は106号室(現在空き)に以前取り付けたのだが、その後はやっていないので、まず106号室の床から入って隣の105まで到達。
 
 で、出てきて曰く。このVVFは凍結防止帯が沢山繋がっている元の電源ですね。コンセントになってたから引っこ抜いてきた。

 それで、絶縁抵抗計ったら、見事復活。インフですと言っていた。インフィニティーのことであろう。無限だ。

 ということは、その凍結防止帯のどれかが、傷んでいるという事であろう。

 
 で、原因がつかめたので、かえるというようなそぶりである。

 うーん、そうすると測定器(メガー)が無いので、どこの凍結防止帯が壊れているのかが分からないよ。メガー置いていってよと言ったら、今日は空いているから一緒に調べましょうと言ってくれた。

 さて、いちいち106号室から入るのは大変なので、この部屋にも床下点検口を作ろう。以前からいいと思っていた洗濯機パンの下を開口しようと意見が一致。

 だが、土曜には持ってきていた丸のこがないので、ノコギリでやるしかないなあと思ったら、なんと電気屋さん近所の実家から持ってきてくれた。

 ばっちり開いて、こんどはおいらが匍匐前進だ。しばらく抜き差しして、電気屋さんは天井裏でメガー測定。やっと、不良が特定できた。と思ったのだが、なぜか復旧したら直ってしまった。うーん、???
ただ、その先はなぜか砂利の中に入っていてよく分からない。
P1010199-s.jpg
 これは温度スイッチがいままでONしていたのだ、砂利から出したら温度が上がってスイッチオフしてその為に絶縁が良くなったのではないか?

 ということで、氷を買いに行って冷やして見たら、どうも当たりのようでやはりこの先の防止帯がいけないということで特定された。

 ここで、電気屋さんとお別れ

 
 防止帯をまずは、出してみる事にした。恐れていたコンクリの中に入っていってしまっている事は無く、砂利を掻き分けていくと保温筒の中から防止帯を引っ張り出せた。

 ここまでくれば、あとは長さの足りるのを買ってきて取り付けを行えばOKだ。

 とはいいつつ、匍匐前進と匍匐後退を6往復ぐらいしただろうか。
腹筋、背筋、首の筋肉などがとても鍛えられた。

 結局終わったのは5時になっていた。まるきりの1日仕事であった。

 翌日、筋肉痛になったのは言うまでも無い。




 無いのではあるが、翌日はスキーである。

 このご時世だからこそしっかりと使うところは使わないと、経済が周らない。

そんな、殊勝な心がけを見逃さないでいてくれたスキーの神様からはご褒美を頂いた。

湯の○スキー場は、この時期は急斜面が無いので中斜面でしか分からないが、いままでやろうとして段々できるようにはなってきたがまだ確率がとても低いかったすべり。

谷周りからの加重や山周りでの外股関節のたたみ方、板の走りというあたりでとても気持ちよく滑れるようになった。

スキー楽しい
 

ではあるが、2日にわたる筋肉使用により、結構大変である。
posted by おざわ at 20:46| Comment(4) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

哀愁の軽トラに砂利が降るのだ


 久々に、DIYてき大家の記事だな。

砂利を買いに行ったのだ。
砂利など、ホームセンターで買うと1バケツとか、1土嚢とかでいくらという単位になる。
結果とても割高だ。とはいっても、あまりあっても困るものだし今回もいままでで3回めのお買い物だ。

 土建屋さんのプラントが近くにあるのである。
そこにいって、砂利売ってというと、でかいブルトーザーで一すくいした砂利を軽トラに積んでくれる。

 砂利が降っている。

IMGP7232-s-s.jpg


 今回は、0.4立米とのことだ。
これで600kgほどになる。

もちろん、軽トラの積載量は最大で350kgであるのであからさまにオーバーだ。
タイヤがずいぶん偏平している。

とりあえずこれで2kmほど走って家である程度おろした。たぶん400kgぐらいまでになっただろう。

これなら、きっとたぶん余裕を見ているだろう最大積載量の範囲内におさまるだろうと、現場に向かう。

この場合、気を付けないといけないのがブレーキ。アクセルは割と踏むと動くのだが制動距離がかなり長くなる。交差点などよく気を付けておかないとオーバーランしてしまうのだ。

まあ、無事現場に砂利をまいて、雨の日に車から降りたら靴がドロドロという事態はとりあえず避けることができるようになった。

今後は、うちに下した砂利を使ってコンクリ作ってあっちやこっちの穴を埋めてみたいと思う。

posted by おざわ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

やっと始めたが・・・

やっと仕事始めということで、リフォームが始まった。

ところが、ちょっとこれが。午前中に経理などのパソコン仕事をして、午後に行こうと思っていたのだが、それも遅れてなんとか、2時についたか。

それから、1時間半床を張ったのだが、実は、その前日にペットアパートにて入居者さんから、2点言われていたのである。

 1.トイレの換気扇が動かない
 2.部屋のコンセントが2箇所電気が来ていない。

ということで、そちらをしに帰らないといけない。ココの現場に全部置いてあるので、とにかくココに来て道具などを持ってこないといけないのだ。

 ペットアパートでは、潤滑材により1は簡単に解決。2は天井裏にもぐって確認したら、おいらの施工不良であった。接続が甘いのであった。

 いけないのではあるが、でも、簡単に治った。一番簡単に治る原因であった。


で、翌日がまた経理してみたら、ふと年末調整とか、源泉税とかやらんといかん刈った。
でそっちをやっていたら終わった。


ま、そんなもんだ。
posted by おざわ at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

こっちの仕事納め

 本日、母校戸建のリフォームを少しやった。
2F洋室の床にいつものフロアタイルを張っている。

 結局その床もまだ終わんなかったのであるが、とりあえず今年はここまでにしよう。

 残工事

1.フロアタイル残りの3割張り
2.同じ部屋の引き戸のレール交換
3.ふすまがたくさんあるので、その張り直し⇒外注か?
4.1Fの8畳の床張り、フローリング
5.洗面所のミラー取り付けおよびその下地
6.掃除⇒外注だな
7.外の古材片づけ
8.階段あたりの床と滑り止め

とりあえず、そんなところのような気はするが、まだ出てくるかも?


 で、いったいこれってなんだろう。
お任せしたら、たぶん、6月には終わっていたような気もする。それで雰囲気であるが、100万では上がらないなあ。たぶん150万ぐらいか?

 この後2月ぐらいにはさすがに終わるはずである。ほんとは1月ぐらいに何とかしたい。でもスキーシーズンなんだよね。

 そうすると、8か月ぐらい機会損失があることになる。たぶん7万ぐらいなので56万円か。

材料代も結構かかっているが、そうはいっても20万とか30万ぐらいだな。

お願いしたら、130万とすると

130−56−30=44万円

じゃあ、そこそこ行けているのであろうか?

精神衛生上はあまりよろしくないが、キャッシュアウトという面ではいいのかも。
あ、自分の人工は忍苦ということだな。


不動産は仕事納めだ、あ、物件紹介されたんだった、見に行くかー
posted by おざわ at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

ココ暫くで、少し進んだ


 相変わらず、ゆっくりペースのリフォームである。さらに、スキーシーズンになってまたゆっくりが加速した。

 そんな中、すこし進んだなあ。

 1階の8畳間の壁がとうとう完成。黄土色の壁から、漆喰の白壁にチェンジとなった。

P1010069-s.jpg

 そんで、余勢を買って、2階の洋間の天井もチェンジした。ちょっと時代を感じるのと、照明の跡が生々しいからだ。

こちらは、以前設備屋さんに頂いた事で、存在を知ったベルアート。そのまま塗れるかちょっと心配はあったが、問題なかった。

 P1010073-s.jpg

P1010072-s.jpg

 ということで、コノ部屋も8畳間も残るは、床である。

 うーん、なんか進んだ気がする。
 年内完成か?

 


 無理だな・・・

posted by おざわ at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

漆喰続報

漆喰塗ってみたら、元の色が透けてしまうなあ。

白なのに、ベージュである。シーらーを塗ったので、浮き上がってくる事はないだろうなと思っていた。

ところが、どうも浮き上がってくるのだ。
一回目に結構厚く塗ったのに、そんで塗った時は白かったのに翌日見ると黄色い。これは下の色が浮き上がってくるのだろうな。

なんで、しかたなく増し塗り?

結局、厚く塗っても色が出てくるから、一度目は薄くすることにした。それで2度目を塗ると乾燥した漆喰で色の浮き上がりガ押さえられる事でしょう。

 ということで、そうしてみたが。2度目に厚く塗ったのをその翌日見てみたが、どうもイマイチだなあ。

これは、どうも実は3回塗りをしないといけないのかもしれない。

あーめんど。

でも、あきらかに黄色いと言うわけではなくなったから、これでよしとしようかな。次回への参考事項という事で。

posted by おざわ at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

ちょっとスキーで

土日とスキーしていて、リフォームが進まない。

あ、スキーといっても仕事です。修学旅行生のイントラで。
早速シーズン初めからのお仕事となったのですが、なにせ疲れた、眠い、痛い。

もう寝ます。ちゃんちゃん!
posted by おざわ at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

さらば、瞬間湯沸かし器


 瞬間湯沸かし器・・・すぐにお湯がわくことの喩から、すぐに激高する人のこと




という、喩はあるのであるがおいらもたまにそういうことになる。車に乗っているときがちょっと危ない。

 先日もあまりに危ない割込にはずいぶん腹立った。Y字路で、こちらが優先で、向こうが合流してくる。こちらが1台譲ったつもりが2台入ってきた。しかたないなあと思いつつ、数台まえの信号が青になり発進。

 ところが、そこに後ろ側から急に前に出て割り込んできた車が。あわてて急ブレーキである。こいつは、おいらが2台入れてあげたのを見ているはずである。

 そしておいらからは自分が認識できていないことが容易に想像つくはず(とおいらならそういう風にしているのでもし入ろうと思うのならまずは横に並んで、ウインカーやクラクションや合図などで認識させようとするだろう)なのに、なんの前触れもなくおいらの前に出た。

 ちょっと、瞬間湯沸かし器である。ブレーキふみながらクラクションを10秒、その後ハイビームで追走しばらく。

 まあ、これもやりすぎである。反省した。危ない人であれば、こちらが危ない。
他県ナンバーの家族連れのようだったので、比較的安心して怒っていた。やはり軽トラはなめられまくりである。

 できたら、こういう瞬間湯沸かし器とはおさらばしたいものである。ちょっと前ならおさらばえーだ。


 さて、比喩ではなく本物のことだ。

これは、キッチンの壁に取り付けて、水道から分岐させた水配管をつなげて、その場でガスを燃やしてお湯にするのだ。利点はすぐにお湯になる。ただし、まずい点は、不完全燃焼による中毒死がある。極まれではあろうが、これが起きたらシャレにならない。

 
 外人アパートは、瞬間湯沸かし器の仕様であった。つまり6戸あるので、極まれ×6の可能性があった。
 ガス屋さんに協力していただいて退去がたくさんあった時にリフォームして外壁の給湯器に交換して、キッチン、洗面台、風呂に給湯できるようにしてもらった。あ、風呂はバランス釜である。これも同じ危険がある。

これが、5戸終わっていた。


 先日、レガシーを引き取りに東京に向かう途中電話が来た。残り1戸の入居者さん、シャワーにしたいので、他の部屋みたいにしてほしいと。


 ということで、今週工事予定である。

さらば瞬間湯沸かし器である。よかったよかった。
posted by おざわ at 12:27| Comment(2) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

天井壁紙で少し進んだ


 久しぶりに天井の壁紙を張ったら偉く大変であった。

ジプトーンの天井がすっかり模様がついてしまっていたので、そこにベニヤを張ったところまでは来ていた。

 で、壁紙を張ろうとして早1ヶ月。

 糊が鮮度を失っていたのと、たぶんベニヤは吸水しやすいのであろう。


 張っても張っても落ちてくるのである。

 おかげで、当初は3倍ぐらいの大変さであった。

 仕方ないので、内装用コークを隅や端につけて、接着剤代わりにしてなんとか付いた。
 2枚目からは、あらかじめベニヤに水をつけておいた。
これでいいと思ったのだが、端のカットをした後にまでまだ、はげて落ちてきてしまった。これには参ったが意外と元に戻った。

 3枚目からは、もっと真面目に水を付けたらやっと上手く行った。

 2枚目ですでに腕が上がらなくなってきており、休養しながらの作業だ。

とりあえず、今回も勉強になった。

疲れたので、5枚のこの部屋を張ったところで、片づけまでして本日終了というかんじだ。

 徐々に進んでいる。

 また、市の文化祭に写真を展示してあるので、その当番で現場に詰めていないといけないのだから、ゆっくりしてから作業にとりかかろうかな。

posted by おざわ at 21:26| Comment(4) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする