2016年12月26日

あれ、3階が混じってきた

二階のみやっているつもりだったのだが、3階を大工さんに頼む関係で、水周りと電気の 部分を片付けないといけなくなった。

ので、3階は3日かけて、電気は、ボックスつけて配線をひき、凍結ぼうしたいのコンセント刺し、スイッチやらライト水周り部分を作った。
配管が途中だったので、ふたをして、一度つなげてみて、水出してみた。
メーターを見てチェックして、もれはないようだ。また、直接見てもれがないようでよかったよかった。

DSCN0739-s.jpg

あとは、階段ホールに電源線落してスイッチと、照明取り付け。
インタフォンの配線も通しなおしたんだった。
インタフォンは電源も、必要だった。

ということで、二階はあまり進まなかった。


壁塗り、2面目 と 2回目   ⇒ まだ
ドア鍵交換           ⇒ 完了
壁紙張り            ⇒ まだ
CF張り            ⇒ まだ
ドア、板張り          ⇒ 完了
キッチンテーブル部分取り付け  ⇒ まだ 
キッチン補強          ⇒ まだ
スイッチ類追加         ⇒ 完了

といったところか、結局今年は終わらないなあ。
やれやれ。

3階は、本日大工さんに入ってもらった。さすがプロだ。
高速度撮影のように物事が進んでいく。
DSCN0747-s.jpg

DSCN0749-s.jpg


三階のほうが頼む分すぐに終わりそうな予感。
なんだか、まあそんなもんだよな。
posted by おざわ at 22:32| Comment(2) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

塗り物多し

二階だけの話だが。塗り物が多い今回の記事である。

前回こうなった             前回         今回
  
ドアカギ交換            ⇒あれ?まだだ   ⇒ あれ?まだだ
天井塗り ジョリパッドみたいなの  ⇒トイレと周囲の少し⇒ 完了
壁塗り ジョリパット買って     ⇒買っただけ    ⇒ 1回目半分
タイル張り キッチン周り2面とキッチン2ライン ⇒完了  
壁紙はり、キッチン、トイレ、洗面所 ⇒あれ?まだだ。  ⇒ あれ?まだだ
照明、スイッチ取り付け       ⇒一部やった    ⇒ 7割完了
ガスの穴ふさぎ           ⇒完了   
CF張り3-5枚目           ⇒あらまあ、まだ。 ⇒ あれ?まだだ

で、FRPは、一度目のが波打ってしまったので、その周囲にもう一度塗って補強、さらにもう一度上からシートかぶせて補強。まあこれでいいか。

となって、その後水色に塗った。
これもペンキの缶2本でいいという計算であったが、なぜかさっぱり足りない。
結局もう2缶買って塗り終えた。

ベランダもずいぶん時間かかったがきれいになった。
細かいところはまあ、いろいろあるのではあるが。

あとは、天井の塗り物はやはり、首が大変であった。
1時間以上やったときはこりゃまずいというレベルになった。
なので、一時間以内に抑えたので、6日くらいかかって塗ったなあ。

壁については、一日目で補修含めて厚塗りしたのであるが、なんと一晩経っても乾いていなくてびっくりだ。
これは、その後ほかを一度目の塗りをして、色が乗ったところであるが、まだほぼ1面終了というところで、次回に1回目終了となる。
さすがに、3日も経てば乾いていることでしょう。

あとは、木部塗装もおこなったのである。
これも、削りと、マスキングがあるので、結構大変。
きれいにはなるのである。

さて、その後はなんだ?

壁塗り、2面目 と 2回目
ドア鍵交換
壁紙張り
CF張り
ドア、板張り
キッチンテーブル部分取り付け
キッチン補強
スイッチ類追加

ぐらいかなあ?
posted by おざわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

またまた新規トライ、FRPだぜ、火事になるところだった

FRPにトライした、結果は後ほど

前々回の記事から見てみよう。


ドアカギ交換            ⇒あれ?まだだ
天井塗り ジョリパッドみたいなの  ⇒トイレと周囲の少し
壁塗り ジョリパット買って     ⇒買っただけ
タイル張り キッチン周り2面とキッチン2ライン ⇒完了
壁紙はり、キッチン、トイレ、洗面所 ⇒あれ?まだだ。
照明、スイッチ取り付け       ⇒一部やった
ガスの穴ふさぎ           ⇒完了
CF張り3-5枚目           ⇒あらまあ、まだ。


ということで、うーん何やっていたんでしょう?
いやーなんかやっていたよ。

下駄箱の棚板
洗面所近くの収納作成、棚板設置
幅木塗り
玄関見切り
タイル張り、2F2面 タイル張り、コーキング、目地
タイル張り、3F2面
途中
DSCN0643-s.jpg

完了
DSCN0652-s.jpg

換気扇フード2F取り付け、これは大変だった
3Fコンロ周り枠つくり
3Fキッチン周りボード張り

助っ人との打ち合わせ
二回もやったが、あまりはっきり決まらずなんだかなあ。
結局時間切れになるのだな、スキーが始まったのである。そのために、お願いすることにしたのだが、大丈夫かなあ?

3F壁用OSB運び込み
3F玄関引き戸選定と発注と納入

で、ベランダの防水やり直しである。

もともとのシート防水が痛んでいて、どうしたものかと思っていたがいい案が出ないうちに寒くなってきてしまった。


長尺シートをさがしたが、コメリもネットもない。
じゃあ、コンパネひいて下地平らにしてからFRPしたらどう?と言われてそうしてみた。
FRPだって、施工温度は10度以上とある。ほんとは、助っ人にやってもらおうとしたんだが、なかなか日程が合わないし、10度以上になる日が今後はどんどん減ってくる。ということで、仕方なく自分でやった。



ぼろぼろのシート
DSCN0666-s.jpg

下地のコンパネ
DSCN0673-s.jpg

基材のガラスシートを広げてカット、半分開いてから
DSCN0681-s.jpg

FRP本剤に硬化剤を混ぜて、塗ります。
塗ったところにガラスシートをかぶせて、溝ローラーでしみ込ませる。ってはずが、さっぱり表面に出てこない。しかたないので、もう一度塗って、大体よさそう。

で、用意したのが主剤 4kg と1kgの缶。硬化剤は200cc二本と100cc1本
10度から15度では、1:10で混ぜろと書いてある。

まず、2キロ開けて、そこに硬化剤を200CC入れたつもりだったのだが、後でわかったが、たぶん1.5キロぐらいしか入ってなかったな。なので、硬化剤の割合が多すぎた。

でも、特に支障なく大体使い終わった。半分行ったところでね。

で、今度は、主剤残りをあけたら、あれ、さっきよりとても多いということで、さっきが少なかったことがわかったわけだ。当然というか仕方ないので硬化剤は200ccだから割合が少ない。

また半分塗って、ガラスシートを敷きこみ、上からまた塗っていたところ、事件発生。

あれえええ?

固まってるよ、ゼリーみたいに。1,5kgぐらいが塗り終わる前に固まってしまった。

えー、困ったなあ。足りないかな?
まあ、しかたないので作業台にそれは置いて、1kg缶と100ccで新たに作って、別の容器と、別のローラーで塗りだした。

しばらく、塗っていて、まあ何とかいいかなというレベルになったところで、後ろを見ると
DSCN0687-s.jpg


ひょー

煙が!


固まりつつあるFRPが発熱して作業台の発泡断熱材を溶かしている。
くさいし、何のにおいだこりゃ。

あわてて、外に持ち出して事なきを得たが、びっくりだ。

もしかしてと思って、新しいセットのほうも触ってみたら、熱い。

こいつも外に出してやれやれだ。

で、人心地ついてみると、あれー
シートが波打っている。

これいまさらどうしようもないなあ。
ということで、乾くまで待ってみようということで現場を離れた。


しかし、硬化剤の割合が最初のほうが多いのに、なんで後半のほうが固まったんだろう。なぞだ。


壁の穴はこんな感じでふさいでみた。

板を張る、ビスを少し頭残して打ち込む。
DSCN0661-s.jpg

そんで、モルタル塗る。
ビスに絡まって落ちてこないようにしたわけだ。
DSCN0662-s.jpg
たぶん、大丈夫。
posted by おざわ at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

まだまだあるなあ、未体験ゾーン

この位置は、コンロを置く場所なので、不燃の必要がある。

で、石膏ボードがもともとの面と、ユニットバスのサイド面に新規に。

で、仕上げをどうするってことなんだが、薪ストーブの時に、モルタル使ってタイルをつけようとしたのだが、見事に玉砕。
さっぱり出来なかった。一枚目は張れるのだが、固定しようとしてぷらはんでこんこんすると二枚目を張ったときに一枚目がずれまくる。

なので、このときはプロにお願いした。
そしたら、接着剤を使っているではないか。薪ストーブで熱くなるけどいいのか?と
聞いたが、大丈夫だというのでそうなんだと。

なので、接着剤なら出来るような気がした。

で、今回やってみた。
面積として天井までタイル張るのか、どこまでなのかと思ったのだが、単価も安いのを探したので、平米4000円ぐらいの材料(タイル+接着剤)ではあるが、壁紙の3−400えんとは、比べ物にならない。
さらに、時間もとても違うだろう。
やってみたら、わかったがこの2平米強で実際2日に近かった。まあ、一日に詰め込めることは時間的には可能。
壁紙なら30分だな。

ということで、結局1300mm程度の高さまでにした。
その上は壁紙にしましょう。
横方向も900mm+アルファまでにして、そのほかは壁紙で。

まあ、まだ途中なのだ。
そう、目地を入れていない。そっか、三日かかるんだ。


でも、まあ見た目がずいぶん違う。今回タイルを取り入れようとしたので、タイルカッターも簡易なのではなくしっかりした物を買った。

面積が大きいと大変なので、ポイントで使うようにしてみよう。

ということで、こんなの。

IMG_20161028_170036-s.jpg

一番上は、モザイクタイルでアクセント。
そんで、見切りをキッチンパネル用のアルミでつけた。
もちろん、火がつかないようにするためだ。

さて、目地がうまくいけば、今後いろいろに導入していこう。

くれぐれも、少ない面積で。
って言っても、接着剤が2kg入りだからなあ。一箇所1平米ぐらいじゃないと効率的でないなあ。

ま、そういうことで。


posted by おざわ at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

10月はどこまで行けるか!

前回は3日に書いた。

その後3週間たったのである。



1週間は○○休んだ。 あ、これ丸々のこと。

で、やったこと。

壁の幅木取り付け、CFの採寸とカット3枚
CF二枚貼り付け、キッチン、洗面台組み立て
DSCN0552.jpg

キッチン固定、床のコーキングCF3枚目の分不陸調整
玄関下駄箱の裏板取り付け、巾木廻り縁
OSB合板7枚追加購入、巾木完了、下駄箱裏板、収納裏板完成
踊り場の片づけ、給湯器パイプ穴のコーキング、板張り
踊り場のパイプスペース用、枠作り
DSCN0576.jpg

休んでいるときに、水回りの設備接続は完了してもらった。

である。

残りは
玄関ドア、補強
踊り場パイプスペース板張り、枠上部と板

DSCN0582.jpg


下駄箱用棚板カット、棚板受け取り付け
洗面前収納棚板カット

ここまでで、2階の木工事は完了予定。それで、作業台を3階に持っていく。

ドアカギ交換
天井塗り ジョリパッドみたいなの
壁塗り ジョリパット買って
タイル張り キッチン周り2面とキッチン2ライン
壁紙はり、キッチン、トイレ、洗面所
照明、スイッチ取り付け
ガスの穴ふさぎ
CF張り3-5枚目

で、3階のガスの口周りだけを先に組み立てていくとガス屋さんの工事が完了できる。

さて、10月の残り一週でどこまでいけるかな!
2階の木工事と、タイルと天井塗りぐらいまではなんとか終わらせたいところである。
posted by おざわ at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

続きは続く

やはり、ここいらへんではっきりさせよう。
DIYは時間がかかる。

特においらは、ほかにも用事はあるし、おつきあいもある。
体力的にも、落ちてきてかなあ。
やれることはやれるのであるが、回復が遅い。

ということで、また1ヶ月先にある程度できたらいいな。

2Fのみの進捗だ。

風呂ユニットの入り口の枠を取り付ける。これは塗りが終わっているのでカットしてビスで留めるだけ、ステンレスビスにするのが気をつけるところ。
DSCN0434.jpg

枠の周りの裏の木材を調整しながら設置。
で、その木材の周囲を石膏ボード12.5mmで覆う。これも、洗面脱衣室へのドアの関係があって、なかなか難しいのである。

でも、分けわかんなくなったので仕方ないから風呂の分は完成させる。その後、ドア部分を考えることにした。
DSCN0441.jpg
洗面所のドアは、洗濯機を入れるために600mmの開口が必要である。出来ればもう少し。
そうなのだが、設計段階ではぎりぎり確保できると思っていたが、残念ながら事実は変わっていた。

DSCN0443.jpg

しかたないので、新たなギミックをついかすることにした。
奇跡的に、うまくいく方法を見つけられて、なによりだ。

結局、洗面脱衣所のドアまわりを作り終えたのが9月も20日ぐらいだ。

その間に、前述のSNSの集まり、違うアパートの補修作業、草刈、薪割り、法事、NPOの行事などなど色んな用事が入り込んでくるわけだ。
さらに、どうも4時間以上は疲れて出来ない状況になりつつある。
途中で満喫休憩を挟んだりしているし、接骨院にも行くし。

まあ、進まないよなあ。

その後は、キッチンの設計と材料運搬、カットに塗装

で、仕切り壁を立てた。

あとは、床のビス穴やら、節穴やら、カットミスによる隙間修正などに床コーキング

ということで、木材関連は、玄関のかまち取り付け、玄関収納の裏板、玄関ドアの補強
居室の隙間収納となかなかいろいろある。

で、床コーキングを半分おこなったところで、幅木を取り付けて回る。
さらに、仕切り壁の幅木と回りぶち。

その後、CFを張るのを二枚と洗面脱衣所の一枚。
まあそしたら、キッチンを組み立て、洗面台を組み立てると水周りの接続工事をお願いできる状態になるかな。

というのを、今週なんとか行いたいところだ。


と思っていたが、腰が痛くなって数日お休み。
その辺の治療もあったなあ。

ま、そんなことで。

その後は、なんだ。

天井材を塗る。
電気部品取り付け
壁塗り
壁紙貼り、キッチン天井と壁
かぎ交換
ぐらいかなあ?

でも3Fもあるんだなこれ。
ふー
posted by おざわ at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

いやーすすまねえ

すっかりペースダウンしていたが、さらに落ちた。

お盆なので、いろいろあってきっと八月は大して出来ないだろうなと思っていたが、そのとおりというかそれ以上。

水周りの壁やドアの設計
それにあわせて部材調達
途中まで組む

その後、ユニットのドア枠の部材が遅れて到着
その面取りと塗装は行った。

下駄箱の板をワックス塗り。それも3回塗ったので時間かかる。
縦にカットして、横の部材もカットして取り付ける。

といったところでしょうか。

さて9月にもなったことだし、いっちょやりますか。

平行してやらないといけないのは 薪割りと、薪の元の木材の調達
あとは、家のイベント。
あとは、自転車のらないとなあ。
posted by おざわ at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月30日

やっぱりこっちもやろう

本来、リッチーアパートのリフォームの手を付ける前に、こちらを終わらせておくはずであった。

手伝いの人間の都合に合わせてしまい、このペットアパートの旧ひつじカフェの部屋がずーっと、途中のままである。

先日は、一階がいいという方の内見もできずに、いかんなあと。

各業者さんとの進捗とかで、やっとリッチーアパートを少し休んでもいいようになったのを機会に、ペットアパートのリフォーム再開である。

キッチンパネルは以前に貼ってあったので、
DSCN0319.jpg

DSCN0320.jpg

といっても、ほとんどは壁紙張りだな。
派手なところはこのあたり、あとは地味なところを張っていく。

あとは、換気扇交換、木部塗装、スイッチ交換、壁紙まだはがしていないのがあった、また猫の爪痕新規に発見。また壁紙追加だなあ。
洗面台設置、あとなんだ?

なんとか一週間ぐらいで終わらせて、またリッチーアパートに戻ろうっと。

なんだか、いろいろいまいちな気がするが、まあ仕方ない。次回に生かそう。
posted by おざわ at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

たまに休みながらもリフォームは続く。あー果てしない

リッチーアパート、更新していないうちに一か月経ってしまった。

まあ、やってはいるのだ。やってはいるのだから、そこそこ進むのだ。

ユニットバスは設置終了した。

外壁塗装は終了した。
DSCN0212.jpg

二階の部屋は、間取り変更のために壁とか柱とか取り外した。あ、これは木造じゃないので、構造材ではないから、外せたのである。天井を支えていたので、吊るように補強した、後程壁も立てるのでよかろう。
DSCN0257.jpg

水回りも工事が終わってきた。
DSCN0315.jpg

床もかさ上げ工事が7割ぐらい
電気配線も7割ぐらい
断熱材もだいぶ入った。

なんだか、書いていたら終わりそうな雰囲気だが、実際はまだまだだなあ。

あとは、

二階

玄関ドア交換
仕切り壁と収納制作
ユニットバス周囲壁
キッチン制作
電気配線残り
断熱材投入3階との間
床CF張り
床かさ上げ残り
インタフォン
テレビ配線
水回り設備取り付け

三階
玄関ドア
水回り床かさ上げ
CF張り水回り
ユニットバス周囲壁
エアコン接続
電気配線仕上げ
ポリ板交換
障子張り
水回り設備取り付け
洗面台組み立て
ふかし壁制作


うーん、果てしない。

posted by おざわ at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

ユニットバス設置完了

例によって、作業しながらのために張り付いて見ているわけにもいかなかった。
まあ、これは見てまねしようってもあまり意味ないからいいんだけど。

書いたのは、三階の分だけど、二階も同時進行していった。
二人来て、結局3時前には2台設置完了して帰って行った。早いものである。

三階の高さはいい感じに収まったが、意外と二階のが高い。現状で26センチの段差だ。
床を4センチぐらい上げるので約22センチの段を超えて風呂に足を入れるということになる。
低床タイプにしておいてよかった。
それもこれも、開けてみてびっくりという風呂設置部分の床のせいである。


これが、ベース部分を運び入れたところ。
DSCN0141.jpg

設置位置に水平に置いて
DSCN0143.jpg

完成
DSCN0171.jpg

で、この二階の分については、窓がせっかくあるから窓をつけられないのかと要望してみたが、ユニットバスにはつけることができるのは枠だけで、窓は窓枠を作って設置して、それとユニットの開口部に窓枠だけつける。
さらに、位置として照明や鏡の位置をずらせば何とかなるけどというような状況であきらめた。

いや、勝手にあとで、パネルを開口してアクリル板を張り付ければいいか?とも思ったが、今回は自重した。


あとは、外壁が仕上がってきた。
DSCN0170.jpg

うーん、綺麗になってきたぞ!


posted by おざわ at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

リッチーアパート外壁補修その2

さて、ここらあたりでこのアパートの不思議なところをひとつ。

外壁にそって、手すりがあるのだ。

うーん、なんで?

ってのは、まあそういうことだけど。

で、この手すりの部分の外壁材は、窯業系サイディングを使っている。
ところが、こいつがふくらんでしまっている。

こんなかんじ。
DSCN0088.jpg


で、ここはまあ手すりとは、干渉しないのでまあいいか。でも、もう一箇所膨らんでいるのがあった。
なんと、これが手すりの奥。

うーん、こりゃどうやっても、伝道工具が入らない。

ってんで、じゃあ手すりって基本要らないのだから縦部分は切ってしまおうということに、言われた。
なんでも工事やりやすいように考えたらいいんだよとKD氏。

おいおい、なんでもそうなってしまったらまずいじゃんかといってみるが、まあこいつは要らない手すりなのでカットに同意。
サンダーで切り始めたが、歯が合わなかったかな。さっぱり切れない。
翌日歯を取り替えてカットした。
DSCN0110.jpg

切り口を整えて、このままだと水がたまってさびるのでモルタルを投入。



そのご、外壁剤をカットして傷んだ部分を取り替える。
まあ、それだけのことなんだが、これを足場の上でやるとなるとなかなかに大変なことである。

まあなんとか、カットして取り外す。

DSCN0122.jpg

もう、何枚も取り外した。採寸したところで本日登場来てくれた、材料やさんがもって来てくれた新しい材料をカットした。
だいたいとても重い材料だし、コンクリート感がばりばりある。こいつを丸のこでカットするとキッチンパネルを髣髴とさせる以上のもうもう煙。粉塵爆発が起きそうだ。

取り外した外壁は、なんかどうも軽い気がした。ずいぶんと痛んでいたのだなあと改めて感じる。

途中から協力助っ人が参戦してくれたので、なんとか本日中に貼り付けることが出来たので外壁仕事は終了か?あとこーキングかな。ありがとうKS氏

明日は雨だというのでペンキやさんはお休み。なので、おいらも足場仕事終わったということにして疲れまくったのでお休みにしよう。

やはり、変なところに力かかるのであろうが、大変である。
posted by おざわ at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リッチーアパート外壁材料と状況

もともと、リッチーアパート外壁が傷んでるなあというのはあったが、いろいろ作業するにあたり足場があったほうがいいのでというのもあって、外壁塗装は行うことにしていた。

ペンキ屋さんによると、西面の痛みが予想以上の想定外だったということで、材料を変えたそうだ。

で、一番下がプライマー、これでつきを良くすると同時にカチカチに固めるとのこと。
DSCN0049.jpg


中塗りがこれ
DSCN0050.jpg


細かいひび割れには、こいつで止めるそうな。
DSCN0096.jpg



上塗りはまだない。
シリコンだそうな。

鉄部の塗装もまた後であるし、駐車場の天井は足場が取れてから、給湯器を取り付けて、その後となるので、別日程で来て貰うようにおねがいした。
posted by おざわ at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

リッチーアパート屋根のペンキはこんな感じ

屋根のペンキ塗りが月曜から始まった。

下塗りの材料はこれ。
DSCN0047.jpg

上塗りの材料はこちら
DSCN0048.jpg

その後、上塗りの材料を塗りつつあるところでやっと写真取れた。
DSCN0059.jpg


というのも、足場の最上段に上る勇気がなかなかなかったのと、ほかの作業でなかなか見れなかったのである。
このへん、ざんねんである。
まあ、一度みた。
刷毛で、セッパンの谷の部分をぬって、その後斜めの部分はローラーで塗っている。
まあ、そうだろうねえ。

完成図
DSCN0065.jpg

最初の写真が取れなかったので、今まで何色だったのかわかんなかったなあ。
グーぐるではグレーシルバー系に見えた。
posted by おざわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

とうとう足場だ

足場がかかる前に、あれやってこれやって、かかったらあれやって、あの人にお願いして、これやってそっちの人にお願いして、ということでいろいろ大変だったが、とうとう足場がかかった。

DSCN0028.jpg

その前に、今回のリフォーム自体でどうも、行き当たりばったりというかもう少し余裕をもって全体を見渡していければよかったのではあるが、なんか始まってしまい、そのまま全開モードに突入。

いやーちかれる。

柱をとってもいいはずだと思ったので一本はずした。
鉄骨造だから、構造自体は鉄骨でもっているから、内装の柱はたいした役割をしているわけではないだろうな。と。思っていたが、意外と天井を支えていたりしてもう一本外すのには支障がでそうではある。
まあ、ただ、上で釣ればいい話でもあるようだ。

あとは、部屋の間の壁に、鉄筋の筋交いが入っていたら、この壁は取れないなあ。でもとりたいなあ、ということで、あけて見たら、大丈夫であったが、そういうのはリフォーム初期にやっておくといいかな。


ということで、足場がかかる前に外せるパイプは外して、水、お湯、排水、汚水、ガス、それらを支えるものも外す。
で、足場がかかってからでないと出来ない部分は本日はずした。
エアコンも外してもらった。
また、外壁がふくれてしまっていたのでそこは左官屋さんに補修してもらう。これも足場のかかった今日。

なかなかいろいろ忙しかった。

ペンキ屋さんは屋根を縫ってもらっている。

足場も、ネットがあると意外と怖くなくいけるなあ。

まあ、そんなことでまだ続く。
posted by おざわ at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

継続は力なり

リフォームは続いている。

室内に引き続きキッチンの天井に断熱材を入れた。
DSC_2643.jpg

DSC_2648.jpg


壁に断熱材が入っていないのを発見してしまった。しかたない、壁を壊して断熱材を投入した。
DSC_2671.jpg
それもみんな16Kという高性能グラスウール。でも、綿みたいだ。ぜんぜんちくちくしない。
まあ、切ったからわかるんだが、ほんとは切らないほうがいいのであるが。
だって、室内面には、防湿シートで部屋から発生する湿気を壁のなかに伝えないようにするのである。
だから、切れていてはまずいのはわかっているのだが、短いところはどうしても切らざるを得ないなあ。

そのかわり、2400ぐらいの高さについて、切らないで2800のまま使った。
ということで、計算した坪数で余るはずが余らなかった。
DSC_2673.jpg
さて、元ユニットバスの床が開口してあるが、そこを補修してレベルを合わせた。
やっと床がつらいちになった。
DSC_2712.jpg
その後、新ユニットバスの前の床の補修して、レベルを合わせる。

排水については、新ユニットバスのFLに出せばいいということであったので、そこにパイプを設置。
その後、下部に通していく。
三階の床、二階の天井、二階の床、一階の天井裏と穴を開けていき、駐車場の上にもってきたところで、エルボーで向きを変えた。
そんで、ぐるっと引き回す。

給湯器には専用に水を送る。これはパイプで、断熱材でくるまれている。さらに、その横に棒状の凍結防止タイを突っ込んで、おく。

ペンキやさんにも久しぶりにあって、打ち合わせ完了。
エアコンやさんにも見てもらった。
ユニットバス屋さんも見てくれたし。
ガスやさんもガラスやさんもいろいろ沢山。

で、本日最後には、二階のユニットバスを解体して、今回は、風呂桶自体は切らないで済んだ。
それもあって、なんと1時間くらいで解体、搬出まで済んでしまった。
うーん、今日は進んだ。
ここ数日どうも見た目にはさっぱり進んでいなかったので。

これで、だいたい着工から1ヶ月と少し。連休はそこそこ休んだので実質4週間。
なかなか速いペースだと思うようにしよう。
ありがとう。KD氏、そして関係の皆様。
posted by おざわ at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

電源の移動というかブレーカーの移動とユニット上部

確か、認定電気工事しってのにもなっていたので、600Vまでは扱えるんだった気がする。
でも、まあ十分200Vまでで大丈夫。それ以上はいらんな。

で、今回は実は初めてブレーカーの位置を変更した。
というのも、以前ユニットバスがあった場所についていた壁に取り付けてあったのだが、ユニットバス撤去に伴い、壁がなくなったので空中にぷらぷらしていた。

ちょうど、具合のいいことにブレーカーに入ってくるメイン電源線の長さが十分足りたので、移動できた。新しい場所にベニヤを張って、穴あけて、大事なのは外のブレーカーを切ることだな。
切ってあるのに、どうも不安でビニールテープで保護した。
で、電源線を3本ブレーカーから外して、ブレーカーを移動。

DSC_2629.jpg

ところが、ここなぜか200Vの子ブレーカーが2箇所付いている。ひとつはエアコンらしい、もうひとつは部屋についているコンセント。なににつかったのだろう?

で、これを外すときに、どちらがエアコンなのだろうって書かなかったのが敗因で、すっかり忘れてしまって、やれやれ。

あれー?これはここにつながってるし・・・って解析していったが、どうもひとつがわからずにエアコンが動かない。
で、しばらく悩んだが、さてどうしようとおもってなんとなく見たら、なぜか外に出て行く線があることを思い出した。
あ、これかも?でエアコンの入力線をショートして、こちらで抵抗を測ったら見事ゼロになった。もちろん、ショートをやめたら無限になる。よしきた。
だが、この線なんと外にでて、屋根の上を通してから、エアコンチューブといっしょにまた室内に戻している。うーんなんて斬新なんだ。
外に行っている線をみて、屋根の上に広告でもあるのかと思っていたので、まさかこれが200Vだとは思わなかったのだな。

さて、その後また、電話線やら、アンテナ船やら、当欠乏したいなどの線を処理して電源線を再度、床の端っこを通しなおしたのだ、先につなげた方法ではいまいち汚い。

その後はユニットバス設置する場所の天井を開口。
あとで、断熱材を入れよう。

DSC_2643.jpg

あー、断熱材といえば壁の断熱材が入っていない・・・
まあ、キッチン側も天井が入っていないのであるが、壁は参ったなあ。
結局石膏ボードを外して、断熱材入れて、新しいボードで張りなおしってことになるのか。
やれやれ。

posted by おざわ at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

暑い部屋

リッチーアパートの3階は、セッパン屋根の下に天井ということが原因だと思うが、とても暖かい。
この4月の日差しで暖かく、エアコンが業務用みたいなのが付いている。
まあ、14畳ぐらいを冷やすのでは、もともと大きなのが必要ではある。

さてどうなってるかなと思って天井を空けてみてびっくりというか想定内だけど。

断熱材は、はだかのグラスウールで50mmないんじゃないか?しかも、少し足りなかったらしく、隙間がけっこうある。
うーん、やはり暑く感じたのも無理はない。


そんで、やっぱりいいのを入れないといけないなと思って、ホームセンターではなく、建材やに行き、通常の10kタイプではなく、16kタイプの105mm厚のにした。

DSC_2630.jpg

まあ、それでもともとのグラスウールと重ねるかと思ったが施工がなかなか難しく、もともとのグラスウールはまあなかったことにして、新しいのをきれいに敷くのを優先。
DSC_2633.jpg

いろいろ装備、マスク、ゴーグル、フードつきの衣類と対策はしたのだが、かゆいよー。
だって、グラスウール裸だからねえ。予想したのでまあまあ何とかなった部類か。


これに、先立って電気もちょっといじったのだが、まあそれは後にまた書くかな。
posted by おざわ at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

早速公開いや、後悔

リッチーアパートは、基本構想として水周りをお願いして、外壁塗装をお願いして、内装や、間取り変更のあたりをちまちまやろうかと思っていた。

ところが、ふたを開けてみると水周りの工事が100万円予算オーバーの見積もりが来た。
うーん、これはつらい。
で、2社目にあたったところ、2階はやるけど、3階は見積もりが正確にはできそうにないのでパスって。
そんで、知り合いの設備屋にあたったところ、空けてみようか、そしたらわかるから。

ってなわけで、3階の水周りを知り合いの設備屋とふたりで工事する羽目になってしまった。
お金がないってつらいです。

でも、ここ実はいろいろあって大変なのだ。だから見積もり拒否もされるのであるが。

まずは、ユニットバスを設置したいところの床を開口
DSC_2576.jpg

根田がでてくるので、それをぶった切る
DSC_2579.jpg

そしたら、防水シートがでてくるのである。
理由はそのうち。
DSC_2580.jpg
で、この防水シートと下地の合板を開口する。

DSC_2581.jpg

DSC_2582.jpg
すると、根だが出てくる

根太をぶった切る
DSC_2583.jpg

また、板が出てくる。

というあたりで、ユニットバス設置面の準備と、さらにその横のトイレ設置場所のパイプを設置するためにということで、リクエストによりそのあたりも同じレベルまで開口



ということで、本日は終了。

やっぱり、疲れまくる。
後悔しきりである。
posted by おざわ at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

懐かしのというか年代物の「お尻だって洗ってほしい」

戸川純がCMしていたころのではないのだろうか?
なかなか衝撃的だったなあ。
「お尻だって洗ってほしい!」である。

DSC_2379-s.jpg

外してしまってから写真撮ったのでわかりずらいが、タンクの部分が巨大である。
リモコンも立派なのが付いていた。
動くことは動くのだが、便座が固定されずに降りてきてしまい、小で面倒になる。最近座ってする男子が増えたそうだが、その場合は問題ないのではある。
でも、まああまり時代を感じるので今回交換となった。

今回はモノタロウで買ってみた。


その場所は特に写真に撮っていなかったが、ロータンクに行くのとの分岐のパーツも特殊仕様というか見たことないなあこんなの。
で、モノタロウ付属の分岐パーツを取り付けられるのか不安だったが、あ、大丈夫だ。

でも、その高さがちょっと違って、ロータンクに上がっていくほうが高くなってしまい合わない。
うーん、なにかあったような?
と工具箱から分岐金具を取り出して当ててみるとちょうど良さそう。
じゃあ、これに交換だ。

よし、ロータンクも接続できたから、本体も設置してと。

さて、ウォシュレットに向かうパイプを分岐金具のところに取り付けよう・・・

あ、合わない・・・


あーあ、こりゃ蛇腹を買ってきてやらんとだめか?

むむ?
ここはパイプのちょっかんで、先端の処理がなされていない。
ってことは、カットすればいいんでないかい?

7mmパイプカットしてみた。
DSC_2381-s.jpg
無事すべてうまく行った。

DSC_2380-s.jpg

よかったよかった。
設備の時代ものはわかりやすく感じてしまうからね。
posted by おざわ at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

新境地ってほどでもないか、新型スイセン

無いかなと思っていたが、需要が合ったようだ。

壁付けのキッチンシャワースイセンだ。
この頃のキッチンセットでは、立ち上がりのスイセンが高級感を醸し出している。そんで、シャワーホース付きだ。

で、壁付けのシャワーホース付きを見つけ出した。って検索しただけだが。

と思ったら、タブレットから上手くアップロードできない。
残念!またあとで。

今回はレバーを下げたら水が出るタイプで、洗面台とは逆になっていたのでレバースイセンではあったが思い切って交換した。

まあ、ある程度の設備は必要かな?どこまでするかはバランスが大事だな。
posted by おざわ at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

あれ、3階が混じってきた

二階のみやっているつもりだったのだが、3階を大工さんに頼む関係で、水周りと電気の 部分を片付けないといけなくなった。

ので、3階は3日かけて、電気は、ボックスつけて配線をひき、凍結ぼうしたいのコンセント刺し、スイッチやらライト水周り部分を作った。
配管が途中だったので、ふたをして、一度つなげてみて、水出してみた。
メーターを見てチェックして、もれはないようだ。また、直接見てもれがないようでよかったよかった。

DSCN0739-s.jpg

あとは、階段ホールに電源線落してスイッチと、照明取り付け。
インタフォンの配線も通しなおしたんだった。
インタフォンは電源も、必要だった。

ということで、二階はあまり進まなかった。


壁塗り、2面目 と 2回目   ⇒ まだ
ドア鍵交換           ⇒ 完了
壁紙張り            ⇒ まだ
CF張り            ⇒ まだ
ドア、板張り          ⇒ 完了
キッチンテーブル部分取り付け  ⇒ まだ 
キッチン補強          ⇒ まだ
スイッチ類追加         ⇒ 完了

といったところか、結局今年は終わらないなあ。
やれやれ。

3階は、本日大工さんに入ってもらった。さすがプロだ。
高速度撮影のように物事が進んでいく。
DSCN0747-s.jpg

DSCN0749-s.jpg


三階のほうが頼む分すぐに終わりそうな予感。
なんだか、まあそんなもんだよな。
posted by おざわ at 22:32| Comment(2) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

塗り物多し

二階だけの話だが。塗り物が多い今回の記事である。

前回こうなった             前回         今回
  
ドアカギ交換            ⇒あれ?まだだ   ⇒ あれ?まだだ
天井塗り ジョリパッドみたいなの  ⇒トイレと周囲の少し⇒ 完了
壁塗り ジョリパット買って     ⇒買っただけ    ⇒ 1回目半分
タイル張り キッチン周り2面とキッチン2ライン ⇒完了  
壁紙はり、キッチン、トイレ、洗面所 ⇒あれ?まだだ。  ⇒ あれ?まだだ
照明、スイッチ取り付け       ⇒一部やった    ⇒ 7割完了
ガスの穴ふさぎ           ⇒完了   
CF張り3-5枚目           ⇒あらまあ、まだ。 ⇒ あれ?まだだ

で、FRPは、一度目のが波打ってしまったので、その周囲にもう一度塗って補強、さらにもう一度上からシートかぶせて補強。まあこれでいいか。

となって、その後水色に塗った。
これもペンキの缶2本でいいという計算であったが、なぜかさっぱり足りない。
結局もう2缶買って塗り終えた。

ベランダもずいぶん時間かかったがきれいになった。
細かいところはまあ、いろいろあるのではあるが。

あとは、天井の塗り物はやはり、首が大変であった。
1時間以上やったときはこりゃまずいというレベルになった。
なので、一時間以内に抑えたので、6日くらいかかって塗ったなあ。

壁については、一日目で補修含めて厚塗りしたのであるが、なんと一晩経っても乾いていなくてびっくりだ。
これは、その後ほかを一度目の塗りをして、色が乗ったところであるが、まだほぼ1面終了というところで、次回に1回目終了となる。
さすがに、3日も経てば乾いていることでしょう。

あとは、木部塗装もおこなったのである。
これも、削りと、マスキングがあるので、結構大変。
きれいにはなるのである。

さて、その後はなんだ?

壁塗り、2面目 と 2回目
ドア鍵交換
壁紙張り
CF張り
ドア、板張り
キッチンテーブル部分取り付け
キッチン補強
スイッチ類追加

ぐらいかなあ?
posted by おざわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

またまた新規トライ、FRPだぜ、火事になるところだった

FRPにトライした、結果は後ほど

前々回の記事から見てみよう。


ドアカギ交換            ⇒あれ?まだだ
天井塗り ジョリパッドみたいなの  ⇒トイレと周囲の少し
壁塗り ジョリパット買って     ⇒買っただけ
タイル張り キッチン周り2面とキッチン2ライン ⇒完了
壁紙はり、キッチン、トイレ、洗面所 ⇒あれ?まだだ。
照明、スイッチ取り付け       ⇒一部やった
ガスの穴ふさぎ           ⇒完了
CF張り3-5枚目           ⇒あらまあ、まだ。


ということで、うーん何やっていたんでしょう?
いやーなんかやっていたよ。

下駄箱の棚板
洗面所近くの収納作成、棚板設置
幅木塗り
玄関見切り
タイル張り、2F2面 タイル張り、コーキング、目地
タイル張り、3F2面
途中
DSCN0643-s.jpg

完了
DSCN0652-s.jpg

換気扇フード2F取り付け、これは大変だった
3Fコンロ周り枠つくり
3Fキッチン周りボード張り

助っ人との打ち合わせ
二回もやったが、あまりはっきり決まらずなんだかなあ。
結局時間切れになるのだな、スキーが始まったのである。そのために、お願いすることにしたのだが、大丈夫かなあ?

3F壁用OSB運び込み
3F玄関引き戸選定と発注と納入

で、ベランダの防水やり直しである。

もともとのシート防水が痛んでいて、どうしたものかと思っていたがいい案が出ないうちに寒くなってきてしまった。


長尺シートをさがしたが、コメリもネットもない。
じゃあ、コンパネひいて下地平らにしてからFRPしたらどう?と言われてそうしてみた。
FRPだって、施工温度は10度以上とある。ほんとは、助っ人にやってもらおうとしたんだが、なかなか日程が合わないし、10度以上になる日が今後はどんどん減ってくる。ということで、仕方なく自分でやった。



ぼろぼろのシート
DSCN0666-s.jpg

下地のコンパネ
DSCN0673-s.jpg

基材のガラスシートを広げてカット、半分開いてから
DSCN0681-s.jpg

FRP本剤に硬化剤を混ぜて、塗ります。
塗ったところにガラスシートをかぶせて、溝ローラーでしみ込ませる。ってはずが、さっぱり表面に出てこない。しかたないので、もう一度塗って、大体よさそう。

で、用意したのが主剤 4kg と1kgの缶。硬化剤は200cc二本と100cc1本
10度から15度では、1:10で混ぜろと書いてある。

まず、2キロ開けて、そこに硬化剤を200CC入れたつもりだったのだが、後でわかったが、たぶん1.5キロぐらいしか入ってなかったな。なので、硬化剤の割合が多すぎた。

でも、特に支障なく大体使い終わった。半分行ったところでね。

で、今度は、主剤残りをあけたら、あれ、さっきよりとても多いということで、さっきが少なかったことがわかったわけだ。当然というか仕方ないので硬化剤は200ccだから割合が少ない。

また半分塗って、ガラスシートを敷きこみ、上からまた塗っていたところ、事件発生。

あれえええ?

固まってるよ、ゼリーみたいに。1,5kgぐらいが塗り終わる前に固まってしまった。

えー、困ったなあ。足りないかな?
まあ、しかたないので作業台にそれは置いて、1kg缶と100ccで新たに作って、別の容器と、別のローラーで塗りだした。

しばらく、塗っていて、まあ何とかいいかなというレベルになったところで、後ろを見ると
DSCN0687-s.jpg


ひょー

煙が!


固まりつつあるFRPが発熱して作業台の発泡断熱材を溶かしている。
くさいし、何のにおいだこりゃ。

あわてて、外に持ち出して事なきを得たが、びっくりだ。

もしかしてと思って、新しいセットのほうも触ってみたら、熱い。

こいつも外に出してやれやれだ。

で、人心地ついてみると、あれー
シートが波打っている。

これいまさらどうしようもないなあ。
ということで、乾くまで待ってみようということで現場を離れた。


しかし、硬化剤の割合が最初のほうが多いのに、なんで後半のほうが固まったんだろう。なぞだ。


壁の穴はこんな感じでふさいでみた。

板を張る、ビスを少し頭残して打ち込む。
DSCN0661-s.jpg

そんで、モルタル塗る。
ビスに絡まって落ちてこないようにしたわけだ。
DSCN0662-s.jpg
たぶん、大丈夫。
posted by おざわ at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

まだまだあるなあ、未体験ゾーン

この位置は、コンロを置く場所なので、不燃の必要がある。

で、石膏ボードがもともとの面と、ユニットバスのサイド面に新規に。

で、仕上げをどうするってことなんだが、薪ストーブの時に、モルタル使ってタイルをつけようとしたのだが、見事に玉砕。
さっぱり出来なかった。一枚目は張れるのだが、固定しようとしてぷらはんでこんこんすると二枚目を張ったときに一枚目がずれまくる。

なので、このときはプロにお願いした。
そしたら、接着剤を使っているではないか。薪ストーブで熱くなるけどいいのか?と
聞いたが、大丈夫だというのでそうなんだと。

なので、接着剤なら出来るような気がした。

で、今回やってみた。
面積として天井までタイル張るのか、どこまでなのかと思ったのだが、単価も安いのを探したので、平米4000円ぐらいの材料(タイル+接着剤)ではあるが、壁紙の3−400えんとは、比べ物にならない。
さらに、時間もとても違うだろう。
やってみたら、わかったがこの2平米強で実際2日に近かった。まあ、一日に詰め込めることは時間的には可能。
壁紙なら30分だな。

ということで、結局1300mm程度の高さまでにした。
その上は壁紙にしましょう。
横方向も900mm+アルファまでにして、そのほかは壁紙で。

まあ、まだ途中なのだ。
そう、目地を入れていない。そっか、三日かかるんだ。


でも、まあ見た目がずいぶん違う。今回タイルを取り入れようとしたので、タイルカッターも簡易なのではなくしっかりした物を買った。

面積が大きいと大変なので、ポイントで使うようにしてみよう。

ということで、こんなの。

IMG_20161028_170036-s.jpg

一番上は、モザイクタイルでアクセント。
そんで、見切りをキッチンパネル用のアルミでつけた。
もちろん、火がつかないようにするためだ。

さて、目地がうまくいけば、今後いろいろに導入していこう。

くれぐれも、少ない面積で。
って言っても、接着剤が2kg入りだからなあ。一箇所1平米ぐらいじゃないと効率的でないなあ。

ま、そういうことで。


posted by おざわ at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

10月はどこまで行けるか!

前回は3日に書いた。

その後3週間たったのである。



1週間は○○休んだ。 あ、これ丸々のこと。

で、やったこと。

壁の幅木取り付け、CFの採寸とカット3枚
CF二枚貼り付け、キッチン、洗面台組み立て
DSCN0552.jpg

キッチン固定、床のコーキングCF3枚目の分不陸調整
玄関下駄箱の裏板取り付け、巾木廻り縁
OSB合板7枚追加購入、巾木完了、下駄箱裏板、収納裏板完成
踊り場の片づけ、給湯器パイプ穴のコーキング、板張り
踊り場のパイプスペース用、枠作り
DSCN0576.jpg

休んでいるときに、水回りの設備接続は完了してもらった。

である。

残りは
玄関ドア、補強
踊り場パイプスペース板張り、枠上部と板

DSCN0582.jpg


下駄箱用棚板カット、棚板受け取り付け
洗面前収納棚板カット

ここまでで、2階の木工事は完了予定。それで、作業台を3階に持っていく。

ドアカギ交換
天井塗り ジョリパッドみたいなの
壁塗り ジョリパット買って
タイル張り キッチン周り2面とキッチン2ライン
壁紙はり、キッチン、トイレ、洗面所
照明、スイッチ取り付け
ガスの穴ふさぎ
CF張り3-5枚目

で、3階のガスの口周りだけを先に組み立てていくとガス屋さんの工事が完了できる。

さて、10月の残り一週でどこまでいけるかな!
2階の木工事と、タイルと天井塗りぐらいまではなんとか終わらせたいところである。
posted by おざわ at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

続きは続く

やはり、ここいらへんではっきりさせよう。
DIYは時間がかかる。

特においらは、ほかにも用事はあるし、おつきあいもある。
体力的にも、落ちてきてかなあ。
やれることはやれるのであるが、回復が遅い。

ということで、また1ヶ月先にある程度できたらいいな。

2Fのみの進捗だ。

風呂ユニットの入り口の枠を取り付ける。これは塗りが終わっているのでカットしてビスで留めるだけ、ステンレスビスにするのが気をつけるところ。
DSCN0434.jpg

枠の周りの裏の木材を調整しながら設置。
で、その木材の周囲を石膏ボード12.5mmで覆う。これも、洗面脱衣室へのドアの関係があって、なかなか難しいのである。

でも、分けわかんなくなったので仕方ないから風呂の分は完成させる。その後、ドア部分を考えることにした。
DSCN0441.jpg
洗面所のドアは、洗濯機を入れるために600mmの開口が必要である。出来ればもう少し。
そうなのだが、設計段階ではぎりぎり確保できると思っていたが、残念ながら事実は変わっていた。

DSCN0443.jpg

しかたないので、新たなギミックをついかすることにした。
奇跡的に、うまくいく方法を見つけられて、なによりだ。

結局、洗面脱衣所のドアまわりを作り終えたのが9月も20日ぐらいだ。

その間に、前述のSNSの集まり、違うアパートの補修作業、草刈、薪割り、法事、NPOの行事などなど色んな用事が入り込んでくるわけだ。
さらに、どうも4時間以上は疲れて出来ない状況になりつつある。
途中で満喫休憩を挟んだりしているし、接骨院にも行くし。

まあ、進まないよなあ。

その後は、キッチンの設計と材料運搬、カットに塗装

で、仕切り壁を立てた。

あとは、床のビス穴やら、節穴やら、カットミスによる隙間修正などに床コーキング

ということで、木材関連は、玄関のかまち取り付け、玄関収納の裏板、玄関ドアの補強
居室の隙間収納となかなかいろいろある。

で、床コーキングを半分おこなったところで、幅木を取り付けて回る。
さらに、仕切り壁の幅木と回りぶち。

その後、CFを張るのを二枚と洗面脱衣所の一枚。
まあそしたら、キッチンを組み立て、洗面台を組み立てると水周りの接続工事をお願いできる状態になるかな。

というのを、今週なんとか行いたいところだ。


と思っていたが、腰が痛くなって数日お休み。
その辺の治療もあったなあ。

ま、そんなことで。

その後は、なんだ。

天井材を塗る。
電気部品取り付け
壁塗り
壁紙貼り、キッチン天井と壁
かぎ交換
ぐらいかなあ?

でも3Fもあるんだなこれ。
ふー
posted by おざわ at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

いやーすすまねえ

すっかりペースダウンしていたが、さらに落ちた。

お盆なので、いろいろあってきっと八月は大して出来ないだろうなと思っていたが、そのとおりというかそれ以上。

水周りの壁やドアの設計
それにあわせて部材調達
途中まで組む

その後、ユニットのドア枠の部材が遅れて到着
その面取りと塗装は行った。

下駄箱の板をワックス塗り。それも3回塗ったので時間かかる。
縦にカットして、横の部材もカットして取り付ける。

といったところでしょうか。

さて9月にもなったことだし、いっちょやりますか。

平行してやらないといけないのは 薪割りと、薪の元の木材の調達
あとは、家のイベント。
あとは、自転車のらないとなあ。
posted by おざわ at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月30日

やっぱりこっちもやろう

本来、リッチーアパートのリフォームの手を付ける前に、こちらを終わらせておくはずであった。

手伝いの人間の都合に合わせてしまい、このペットアパートの旧ひつじカフェの部屋がずーっと、途中のままである。

先日は、一階がいいという方の内見もできずに、いかんなあと。

各業者さんとの進捗とかで、やっとリッチーアパートを少し休んでもいいようになったのを機会に、ペットアパートのリフォーム再開である。

キッチンパネルは以前に貼ってあったので、
DSCN0319.jpg

DSCN0320.jpg

といっても、ほとんどは壁紙張りだな。
派手なところはこのあたり、あとは地味なところを張っていく。

あとは、換気扇交換、木部塗装、スイッチ交換、壁紙まだはがしていないのがあった、また猫の爪痕新規に発見。また壁紙追加だなあ。
洗面台設置、あとなんだ?

なんとか一週間ぐらいで終わらせて、またリッチーアパートに戻ろうっと。

なんだか、いろいろいまいちな気がするが、まあ仕方ない。次回に生かそう。
posted by おざわ at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

たまに休みながらもリフォームは続く。あー果てしない

リッチーアパート、更新していないうちに一か月経ってしまった。

まあ、やってはいるのだ。やってはいるのだから、そこそこ進むのだ。

ユニットバスは設置終了した。

外壁塗装は終了した。
DSCN0212.jpg

二階の部屋は、間取り変更のために壁とか柱とか取り外した。あ、これは木造じゃないので、構造材ではないから、外せたのである。天井を支えていたので、吊るように補強した、後程壁も立てるのでよかろう。
DSCN0257.jpg

水回りも工事が終わってきた。
DSCN0315.jpg

床もかさ上げ工事が7割ぐらい
電気配線も7割ぐらい
断熱材もだいぶ入った。

なんだか、書いていたら終わりそうな雰囲気だが、実際はまだまだだなあ。

あとは、

二階

玄関ドア交換
仕切り壁と収納制作
ユニットバス周囲壁
キッチン制作
電気配線残り
断熱材投入3階との間
床CF張り
床かさ上げ残り
インタフォン
テレビ配線
水回り設備取り付け

三階
玄関ドア
水回り床かさ上げ
CF張り水回り
ユニットバス周囲壁
エアコン接続
電気配線仕上げ
ポリ板交換
障子張り
水回り設備取り付け
洗面台組み立て
ふかし壁制作


うーん、果てしない。

posted by おざわ at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

ユニットバス設置完了

例によって、作業しながらのために張り付いて見ているわけにもいかなかった。
まあ、これは見てまねしようってもあまり意味ないからいいんだけど。

書いたのは、三階の分だけど、二階も同時進行していった。
二人来て、結局3時前には2台設置完了して帰って行った。早いものである。

三階の高さはいい感じに収まったが、意外と二階のが高い。現状で26センチの段差だ。
床を4センチぐらい上げるので約22センチの段を超えて風呂に足を入れるということになる。
低床タイプにしておいてよかった。
それもこれも、開けてみてびっくりという風呂設置部分の床のせいである。


これが、ベース部分を運び入れたところ。
DSCN0141.jpg

設置位置に水平に置いて
DSCN0143.jpg

完成
DSCN0171.jpg

で、この二階の分については、窓がせっかくあるから窓をつけられないのかと要望してみたが、ユニットバスにはつけることができるのは枠だけで、窓は窓枠を作って設置して、それとユニットの開口部に窓枠だけつける。
さらに、位置として照明や鏡の位置をずらせば何とかなるけどというような状況であきらめた。

いや、勝手にあとで、パネルを開口してアクリル板を張り付ければいいか?とも思ったが、今回は自重した。


あとは、外壁が仕上がってきた。
DSCN0170.jpg

うーん、綺麗になってきたぞ!


posted by おざわ at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

リッチーアパート外壁補修その2

さて、ここらあたりでこのアパートの不思議なところをひとつ。

外壁にそって、手すりがあるのだ。

うーん、なんで?

ってのは、まあそういうことだけど。

で、この手すりの部分の外壁材は、窯業系サイディングを使っている。
ところが、こいつがふくらんでしまっている。

こんなかんじ。
DSCN0088.jpg


で、ここはまあ手すりとは、干渉しないのでまあいいか。でも、もう一箇所膨らんでいるのがあった。
なんと、これが手すりの奥。

うーん、こりゃどうやっても、伝道工具が入らない。

ってんで、じゃあ手すりって基本要らないのだから縦部分は切ってしまおうということに、言われた。
なんでも工事やりやすいように考えたらいいんだよとKD氏。

おいおい、なんでもそうなってしまったらまずいじゃんかといってみるが、まあこいつは要らない手すりなのでカットに同意。
サンダーで切り始めたが、歯が合わなかったかな。さっぱり切れない。
翌日歯を取り替えてカットした。
DSCN0110.jpg

切り口を整えて、このままだと水がたまってさびるのでモルタルを投入。



そのご、外壁剤をカットして傷んだ部分を取り替える。
まあ、それだけのことなんだが、これを足場の上でやるとなるとなかなかに大変なことである。

まあなんとか、カットして取り外す。

DSCN0122.jpg

もう、何枚も取り外した。採寸したところで本日登場来てくれた、材料やさんがもって来てくれた新しい材料をカットした。
だいたいとても重い材料だし、コンクリート感がばりばりある。こいつを丸のこでカットするとキッチンパネルを髣髴とさせる以上のもうもう煙。粉塵爆発が起きそうだ。

取り外した外壁は、なんかどうも軽い気がした。ずいぶんと痛んでいたのだなあと改めて感じる。

途中から協力助っ人が参戦してくれたので、なんとか本日中に貼り付けることが出来たので外壁仕事は終了か?あとこーキングかな。ありがとうKS氏

明日は雨だというのでペンキやさんはお休み。なので、おいらも足場仕事終わったということにして疲れまくったのでお休みにしよう。

やはり、変なところに力かかるのであろうが、大変である。
posted by おざわ at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リッチーアパート外壁材料と状況

もともと、リッチーアパート外壁が傷んでるなあというのはあったが、いろいろ作業するにあたり足場があったほうがいいのでというのもあって、外壁塗装は行うことにしていた。

ペンキ屋さんによると、西面の痛みが予想以上の想定外だったということで、材料を変えたそうだ。

で、一番下がプライマー、これでつきを良くすると同時にカチカチに固めるとのこと。
DSCN0049.jpg


中塗りがこれ
DSCN0050.jpg


細かいひび割れには、こいつで止めるそうな。
DSCN0096.jpg



上塗りはまだない。
シリコンだそうな。

鉄部の塗装もまた後であるし、駐車場の天井は足場が取れてから、給湯器を取り付けて、その後となるので、別日程で来て貰うようにおねがいした。
posted by おざわ at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

リッチーアパート屋根のペンキはこんな感じ

屋根のペンキ塗りが月曜から始まった。

下塗りの材料はこれ。
DSCN0047.jpg

上塗りの材料はこちら
DSCN0048.jpg

その後、上塗りの材料を塗りつつあるところでやっと写真取れた。
DSCN0059.jpg


というのも、足場の最上段に上る勇気がなかなかなかったのと、ほかの作業でなかなか見れなかったのである。
このへん、ざんねんである。
まあ、一度みた。
刷毛で、セッパンの谷の部分をぬって、その後斜めの部分はローラーで塗っている。
まあ、そうだろうねえ。

完成図
DSCN0065.jpg

最初の写真が取れなかったので、今まで何色だったのかわかんなかったなあ。
グーぐるではグレーシルバー系に見えた。
posted by おざわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

とうとう足場だ

足場がかかる前に、あれやってこれやって、かかったらあれやって、あの人にお願いして、これやってそっちの人にお願いして、ということでいろいろ大変だったが、とうとう足場がかかった。

DSCN0028.jpg

その前に、今回のリフォーム自体でどうも、行き当たりばったりというかもう少し余裕をもって全体を見渡していければよかったのではあるが、なんか始まってしまい、そのまま全開モードに突入。

いやーちかれる。

柱をとってもいいはずだと思ったので一本はずした。
鉄骨造だから、構造自体は鉄骨でもっているから、内装の柱はたいした役割をしているわけではないだろうな。と。思っていたが、意外と天井を支えていたりしてもう一本外すのには支障がでそうではある。
まあ、ただ、上で釣ればいい話でもあるようだ。

あとは、部屋の間の壁に、鉄筋の筋交いが入っていたら、この壁は取れないなあ。でもとりたいなあ、ということで、あけて見たら、大丈夫であったが、そういうのはリフォーム初期にやっておくといいかな。


ということで、足場がかかる前に外せるパイプは外して、水、お湯、排水、汚水、ガス、それらを支えるものも外す。
で、足場がかかってからでないと出来ない部分は本日はずした。
エアコンも外してもらった。
また、外壁がふくれてしまっていたのでそこは左官屋さんに補修してもらう。これも足場のかかった今日。

なかなかいろいろ忙しかった。

ペンキ屋さんは屋根を縫ってもらっている。

足場も、ネットがあると意外と怖くなくいけるなあ。

まあ、そんなことでまだ続く。
posted by おざわ at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

継続は力なり

リフォームは続いている。

室内に引き続きキッチンの天井に断熱材を入れた。
DSC_2643.jpg

DSC_2648.jpg


壁に断熱材が入っていないのを発見してしまった。しかたない、壁を壊して断熱材を投入した。
DSC_2671.jpg
それもみんな16Kという高性能グラスウール。でも、綿みたいだ。ぜんぜんちくちくしない。
まあ、切ったからわかるんだが、ほんとは切らないほうがいいのであるが。
だって、室内面には、防湿シートで部屋から発生する湿気を壁のなかに伝えないようにするのである。
だから、切れていてはまずいのはわかっているのだが、短いところはどうしても切らざるを得ないなあ。

そのかわり、2400ぐらいの高さについて、切らないで2800のまま使った。
ということで、計算した坪数で余るはずが余らなかった。
DSC_2673.jpg
さて、元ユニットバスの床が開口してあるが、そこを補修してレベルを合わせた。
やっと床がつらいちになった。
DSC_2712.jpg
その後、新ユニットバスの前の床の補修して、レベルを合わせる。

排水については、新ユニットバスのFLに出せばいいということであったので、そこにパイプを設置。
その後、下部に通していく。
三階の床、二階の天井、二階の床、一階の天井裏と穴を開けていき、駐車場の上にもってきたところで、エルボーで向きを変えた。
そんで、ぐるっと引き回す。

給湯器には専用に水を送る。これはパイプで、断熱材でくるまれている。さらに、その横に棒状の凍結防止タイを突っ込んで、おく。

ペンキやさんにも久しぶりにあって、打ち合わせ完了。
エアコンやさんにも見てもらった。
ユニットバス屋さんも見てくれたし。
ガスやさんもガラスやさんもいろいろ沢山。

で、本日最後には、二階のユニットバスを解体して、今回は、風呂桶自体は切らないで済んだ。
それもあって、なんと1時間くらいで解体、搬出まで済んでしまった。
うーん、今日は進んだ。
ここ数日どうも見た目にはさっぱり進んでいなかったので。

これで、だいたい着工から1ヶ月と少し。連休はそこそこ休んだので実質4週間。
なかなか速いペースだと思うようにしよう。
ありがとう。KD氏、そして関係の皆様。
posted by おざわ at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

電源の移動というかブレーカーの移動とユニット上部

確か、認定電気工事しってのにもなっていたので、600Vまでは扱えるんだった気がする。
でも、まあ十分200Vまでで大丈夫。それ以上はいらんな。

で、今回は実は初めてブレーカーの位置を変更した。
というのも、以前ユニットバスがあった場所についていた壁に取り付けてあったのだが、ユニットバス撤去に伴い、壁がなくなったので空中にぷらぷらしていた。

ちょうど、具合のいいことにブレーカーに入ってくるメイン電源線の長さが十分足りたので、移動できた。新しい場所にベニヤを張って、穴あけて、大事なのは外のブレーカーを切ることだな。
切ってあるのに、どうも不安でビニールテープで保護した。
で、電源線を3本ブレーカーから外して、ブレーカーを移動。

DSC_2629.jpg

ところが、ここなぜか200Vの子ブレーカーが2箇所付いている。ひとつはエアコンらしい、もうひとつは部屋についているコンセント。なににつかったのだろう?

で、これを外すときに、どちらがエアコンなのだろうって書かなかったのが敗因で、すっかり忘れてしまって、やれやれ。

あれー?これはここにつながってるし・・・って解析していったが、どうもひとつがわからずにエアコンが動かない。
で、しばらく悩んだが、さてどうしようとおもってなんとなく見たら、なぜか外に出て行く線があることを思い出した。
あ、これかも?でエアコンの入力線をショートして、こちらで抵抗を測ったら見事ゼロになった。もちろん、ショートをやめたら無限になる。よしきた。
だが、この線なんと外にでて、屋根の上を通してから、エアコンチューブといっしょにまた室内に戻している。うーんなんて斬新なんだ。
外に行っている線をみて、屋根の上に広告でもあるのかと思っていたので、まさかこれが200Vだとは思わなかったのだな。

さて、その後また、電話線やら、アンテナ船やら、当欠乏したいなどの線を処理して電源線を再度、床の端っこを通しなおしたのだ、先につなげた方法ではいまいち汚い。

その後はユニットバス設置する場所の天井を開口。
あとで、断熱材を入れよう。

DSC_2643.jpg

あー、断熱材といえば壁の断熱材が入っていない・・・
まあ、キッチン側も天井が入っていないのであるが、壁は参ったなあ。
結局石膏ボードを外して、断熱材入れて、新しいボードで張りなおしってことになるのか。
やれやれ。

posted by おざわ at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

暑い部屋

リッチーアパートの3階は、セッパン屋根の下に天井ということが原因だと思うが、とても暖かい。
この4月の日差しで暖かく、エアコンが業務用みたいなのが付いている。
まあ、14畳ぐらいを冷やすのでは、もともと大きなのが必要ではある。

さてどうなってるかなと思って天井を空けてみてびっくりというか想定内だけど。

断熱材は、はだかのグラスウールで50mmないんじゃないか?しかも、少し足りなかったらしく、隙間がけっこうある。
うーん、やはり暑く感じたのも無理はない。


そんで、やっぱりいいのを入れないといけないなと思って、ホームセンターではなく、建材やに行き、通常の10kタイプではなく、16kタイプの105mm厚のにした。

DSC_2630.jpg

まあ、それでもともとのグラスウールと重ねるかと思ったが施工がなかなか難しく、もともとのグラスウールはまあなかったことにして、新しいのをきれいに敷くのを優先。
DSC_2633.jpg

いろいろ装備、マスク、ゴーグル、フードつきの衣類と対策はしたのだが、かゆいよー。
だって、グラスウール裸だからねえ。予想したのでまあまあ何とかなった部類か。


これに、先立って電気もちょっといじったのだが、まあそれは後にまた書くかな。
posted by おざわ at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

早速公開いや、後悔

リッチーアパートは、基本構想として水周りをお願いして、外壁塗装をお願いして、内装や、間取り変更のあたりをちまちまやろうかと思っていた。

ところが、ふたを開けてみると水周りの工事が100万円予算オーバーの見積もりが来た。
うーん、これはつらい。
で、2社目にあたったところ、2階はやるけど、3階は見積もりが正確にはできそうにないのでパスって。
そんで、知り合いの設備屋にあたったところ、空けてみようか、そしたらわかるから。

ってなわけで、3階の水周りを知り合いの設備屋とふたりで工事する羽目になってしまった。
お金がないってつらいです。

でも、ここ実はいろいろあって大変なのだ。だから見積もり拒否もされるのであるが。

まずは、ユニットバスを設置したいところの床を開口
DSC_2576.jpg

根田がでてくるので、それをぶった切る
DSC_2579.jpg

そしたら、防水シートがでてくるのである。
理由はそのうち。
DSC_2580.jpg
で、この防水シートと下地の合板を開口する。

DSC_2581.jpg

DSC_2582.jpg
すると、根だが出てくる

根太をぶった切る
DSC_2583.jpg

また、板が出てくる。

というあたりで、ユニットバス設置面の準備と、さらにその横のトイレ設置場所のパイプを設置するためにということで、リクエストによりそのあたりも同じレベルまで開口



ということで、本日は終了。

やっぱり、疲れまくる。
後悔しきりである。
posted by おざわ at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

懐かしのというか年代物の「お尻だって洗ってほしい」

戸川純がCMしていたころのではないのだろうか?
なかなか衝撃的だったなあ。
「お尻だって洗ってほしい!」である。

DSC_2379-s.jpg

外してしまってから写真撮ったのでわかりずらいが、タンクの部分が巨大である。
リモコンも立派なのが付いていた。
動くことは動くのだが、便座が固定されずに降りてきてしまい、小で面倒になる。最近座ってする男子が増えたそうだが、その場合は問題ないのではある。
でも、まああまり時代を感じるので今回交換となった。

今回はモノタロウで買ってみた。


その場所は特に写真に撮っていなかったが、ロータンクに行くのとの分岐のパーツも特殊仕様というか見たことないなあこんなの。
で、モノタロウ付属の分岐パーツを取り付けられるのか不安だったが、あ、大丈夫だ。

でも、その高さがちょっと違って、ロータンクに上がっていくほうが高くなってしまい合わない。
うーん、なにかあったような?
と工具箱から分岐金具を取り出して当ててみるとちょうど良さそう。
じゃあ、これに交換だ。

よし、ロータンクも接続できたから、本体も設置してと。

さて、ウォシュレットに向かうパイプを分岐金具のところに取り付けよう・・・

あ、合わない・・・


あーあ、こりゃ蛇腹を買ってきてやらんとだめか?

むむ?
ここはパイプのちょっかんで、先端の処理がなされていない。
ってことは、カットすればいいんでないかい?

7mmパイプカットしてみた。
DSC_2381-s.jpg
無事すべてうまく行った。

DSC_2380-s.jpg

よかったよかった。
設備の時代ものはわかりやすく感じてしまうからね。
posted by おざわ at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

新境地ってほどでもないか、新型スイセン

無いかなと思っていたが、需要が合ったようだ。

壁付けのキッチンシャワースイセンだ。
この頃のキッチンセットでは、立ち上がりのスイセンが高級感を醸し出している。そんで、シャワーホース付きだ。

で、壁付けのシャワーホース付きを見つけ出した。って検索しただけだが。

と思ったら、タブレットから上手くアップロードできない。
残念!またあとで。

今回はレバーを下げたら水が出るタイプで、洗面台とは逆になっていたのでレバースイセンではあったが思い切って交換した。

まあ、ある程度の設備は必要かな?どこまでするかはバランスが大事だな。
posted by おざわ at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする