2018年03月24日

素敵なジンジャーアパート

本題に入る前に、また入居者さんから電話が来た。

共用部の照明がつかないとのこと。この前はA棟の1階、今度はB棟の1階である。

だいぶ学習して、ガラスのカバーを開けて、ひもがついている。これ引っ張ったら点くなあ。

あれ?

その前に電話したんだ、ここのメンテをやってくれた方に。
そしたら、これについてはよくわからなんとのことであったが、この方にひもの話を聞いたのだ。
そんで、非常用照明ということで、バッテリー組み込みタイプだというのは完全に判明した。

で、ちょうど見たら、電話いただいた方がいらっしゃった。
数日前からピカピカしてじりじりして消えそうだったと。
なーんだ、電話でそう言ってよ。ならば蛍光灯の末期症状だからランプ交換と、ついでにグロー交換だな。
また、カインズに行ってくる。


で、本題だが。

本日退去立ち合いであった。購入後初めての退去であり、可能不動産(仮名)といろいろ打ち合わせした。
さて、行ってみるとすでにほぼ終了。
美人のお嬢様でした。初顔合わせで終了、残念。

で、その時に着信あり。

奇しくも可能不動産の別の方小崖さん(仮名)より、ここに決めたいって方が見えてるけど、退去は明後日ですよね、内検して決めたいというので、それが今やってますよ。というと、5時に見に行きますとのこと。

で、カインズに行き、火災報知器ように9Vの四角い電池を買ったり、蛍光灯やらグローやらを買って、平成不動産にも行き、諸手続き支払いを済ませ、ジンジャーアパートに戻るとちょうど5時。

いらっしゃいました。

お気に召していただき、その場で決めますと言っていただいた。

すごい、退去から2時間で決定である。
素敵なジンジャーアパートだ。


もっとも、入居は1か月先であるが。まあいいや。申込書もいただいたし。

ありがとう、ジンジャーアパート。また満室御礼!

蛍光灯、グローランプ、火災報知器の電池交換して終了。
あとは、お掃除していただいたらOK!
posted by おざわ at 19:32| Comment(0) | 不動産一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。