2016年10月03日

続きは続く

やはり、ここいらへんではっきりさせよう。
DIYは時間がかかる。

特においらは、ほかにも用事はあるし、おつきあいもある。
体力的にも、落ちてきてかなあ。
やれることはやれるのであるが、回復が遅い。

ということで、また1ヶ月先にある程度できたらいいな。

2Fのみの進捗だ。

風呂ユニットの入り口の枠を取り付ける。これは塗りが終わっているのでカットしてビスで留めるだけ、ステンレスビスにするのが気をつけるところ。
DSCN0434.jpg

枠の周りの裏の木材を調整しながら設置。
で、その木材の周囲を石膏ボード12.5mmで覆う。これも、洗面脱衣室へのドアの関係があって、なかなか難しいのである。

でも、分けわかんなくなったので仕方ないから風呂の分は完成させる。その後、ドア部分を考えることにした。
DSCN0441.jpg
洗面所のドアは、洗濯機を入れるために600mmの開口が必要である。出来ればもう少し。
そうなのだが、設計段階ではぎりぎり確保できると思っていたが、残念ながら事実は変わっていた。

DSCN0443.jpg

しかたないので、新たなギミックをついかすることにした。
奇跡的に、うまくいく方法を見つけられて、なによりだ。

結局、洗面脱衣所のドアまわりを作り終えたのが9月も20日ぐらいだ。

その間に、前述のSNSの集まり、違うアパートの補修作業、草刈、薪割り、法事、NPOの行事などなど色んな用事が入り込んでくるわけだ。
さらに、どうも4時間以上は疲れて出来ない状況になりつつある。
途中で満喫休憩を挟んだりしているし、接骨院にも行くし。

まあ、進まないよなあ。

その後は、キッチンの設計と材料運搬、カットに塗装

で、仕切り壁を立てた。

あとは、床のビス穴やら、節穴やら、カットミスによる隙間修正などに床コーキング

ということで、木材関連は、玄関のかまち取り付け、玄関収納の裏板、玄関ドアの補強
居室の隙間収納となかなかいろいろある。

で、床コーキングを半分おこなったところで、幅木を取り付けて回る。
さらに、仕切り壁の幅木と回りぶち。

その後、CFを張るのを二枚と洗面脱衣所の一枚。
まあそしたら、キッチンを組み立て、洗面台を組み立てると水周りの接続工事をお願いできる状態になるかな。

というのを、今週なんとか行いたいところだ。


と思っていたが、腰が痛くなって数日お休み。
その辺の治療もあったなあ。

ま、そんなことで。

その後は、なんだ。

天井材を塗る。
電気部品取り付け
壁塗り
壁紙貼り、キッチン天井と壁
かぎ交換
ぐらいかなあ?

でも3Fもあるんだなこれ。
ふー
posted by おざわ at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442487136
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック