2016年05月26日

リッチーアパート外壁補修その2

さて、ここらあたりでこのアパートの不思議なところをひとつ。

外壁にそって、手すりがあるのだ。

うーん、なんで?

ってのは、まあそういうことだけど。

で、この手すりの部分の外壁材は、窯業系サイディングを使っている。
ところが、こいつがふくらんでしまっている。

こんなかんじ。
DSCN0088.jpg


で、ここはまあ手すりとは、干渉しないのでまあいいか。でも、もう一箇所膨らんでいるのがあった。
なんと、これが手すりの奥。

うーん、こりゃどうやっても、伝道工具が入らない。

ってんで、じゃあ手すりって基本要らないのだから縦部分は切ってしまおうということに、言われた。
なんでも工事やりやすいように考えたらいいんだよとKD氏。

おいおい、なんでもそうなってしまったらまずいじゃんかといってみるが、まあこいつは要らない手すりなのでカットに同意。
サンダーで切り始めたが、歯が合わなかったかな。さっぱり切れない。
翌日歯を取り替えてカットした。
DSCN0110.jpg

切り口を整えて、このままだと水がたまってさびるのでモルタルを投入。



そのご、外壁剤をカットして傷んだ部分を取り替える。
まあ、それだけのことなんだが、これを足場の上でやるとなるとなかなかに大変なことである。

まあなんとか、カットして取り外す。

DSCN0122.jpg

もう、何枚も取り外した。採寸したところで本日登場来てくれた、材料やさんがもって来てくれた新しい材料をカットした。
だいたいとても重い材料だし、コンクリート感がばりばりある。こいつを丸のこでカットするとキッチンパネルを髣髴とさせる以上のもうもう煙。粉塵爆発が起きそうだ。

取り外した外壁は、なんかどうも軽い気がした。ずいぶんと痛んでいたのだなあと改めて感じる。

途中から協力助っ人が参戦してくれたので、なんとか本日中に貼り付けることが出来たので外壁仕事は終了か?あとこーキングかな。ありがとうKS氏

明日は雨だというのでペンキやさんはお休み。なので、おいらも足場仕事終わったということにして疲れまくったのでお休みにしよう。

やはり、変なところに力かかるのであろうが、大変である。
posted by おざわ at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック