2015年06月05日

トイレの水が流れっぱ

です。

と電話が来た。
なんでも、水タンクのふたを開けたら、断熱材みたいのが膨らんできて、ボールタップの浮きなどと干渉して動きが悪いようです。

というので、なんだかよくわからなかったので行ってみたら、確かにそのとおり。
水タンクの内側に断熱材が貼り付けられているのだが、そいつが膨張というか、して接着剤がはがれて内側に飛び出してきている。
そこに、下部の球形の部品が干渉して動きが悪く下がらないために、タンクにたまらずそのまま便器に流れ込んでしまう。

なーるほど、断熱材かあ。こうなっているのもあるんだなあ。
その前は、タンクの内側にプラで中タンクがあるのも見た。
意外と直接タンクとして使っていないんだなあ。

とりあえず、ステンのエルボーを組み合わせて、外側に押し出すようにして固定した。
これで、干渉はとれたので、良いかな。
数回、テストしてよかったのでこれでと。

そしたら、翌日の朝。
電話で、やっぱりだめですー。


というのであるが、内容がわからないのでまた行ってみようっと。
posted by おざわ at 20:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 不動産管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オザワさん
トラブルにすぐ対応するフットワークの軽さが入居者を安心させますね。
私も自分でトラブル処理できるようになりたいものです。
Posted by 歯痛 at 2015年06月07日 07:49
歯痛さん、まいど。

今回も、全部交換おまかせってコースにしたら、早かったんだろうけど。
どうやら、その後も大丈夫そうでよかった。

だんだん出来るようになりますよ。
まあ、対応する時間があるかどうかですかね?
Posted by おざわ at 2015年06月21日 17:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/420189554
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック