2013年09月02日

筋肉痛だ、床下匍匐前進しすぎた。

ペットアパートの101号室が退去になった。

なかなか、残念ながらカビがすごい。ほかの部屋ではこんなことはないので住み方の問題が多いと思う。
つまり、暖房の温度が高すぎるとか、換気をしないとか、壁の近くに家具を置くとか、鍋のしすぎとか。

ただ、そうはいっても何かしら対策を打ちたい。

で、畳を上げてみたところ、ラッキー!点検口がある。
これはずそうとしたら、釘じゃないなあ。
のりでついている。しかたないので、めりめりしながらはずす。

で、今回床下に潜って、壁と床下の気流止めを追加することと、床下断熱材の追加を行うことにした。
床下を覗いてみると、101号室からだけど、103号室までの床下が素どうしで見える。逆にキッチン側へは、基礎の立ち上がりがあり、行けない。

ということで、1案:101号室の居室側のみの施工。
2案:居室側 3部屋の施工
3案:キッチンがわにも穴開けてアパート全体の施工

せっかく行けることが分かったから、まあ頑張ってついでにやろう。
とりあえずは、2案で行こう。
キッチン側は本来北側だから優先したいところではあるが、またあとで悩もう。

ということで、コメリで かねライト インサーってのを8枚束で2900円であった。415×900×30の商品。
これは、通常新築時に根太の間に上から入れていくもの。床下だから、湿気を考えたらグラスウールよりもコポリスチレンの方がいいかなと思って。
でも、床下にもグラスウール施工も結構あるねえ。
でも、まあ用意したのは、こっち。

厚みが30mmだから無いよりはずいぶんましだろうけどねえ。って程度。2重にすることも根太の厚み的にはできるが、予算と工事の関係で・・・

資材屋さんに聞いたら、少し安くなる。が、送料が6500円だそうで、こりゃだめだ。この時点では、6束で101のみ施工しようと考えていたので、送料が高すぎだ。

一束施工してみて、できそうだったので18束購入。軽トラを借りて運んだ。

でも、資材屋さんには、1種だけではなく、3種のものもある。3種だと 3200円で一束だ。
キッチン側をやるときには、これにしようかな。
こんどは、たぶん15束ぐらいでいいだろう。すると、6500円の送料も一束433円だから、合計で一束3633円。733円ましで、3種になると2割ぐらいは効果が増えそうだ。

ということで、

断熱材 かねライトインサー 準備
DSC_1160-s.jpg

気流止め 左右で施工前後
DSC_1163-s.jpg

断熱材 左右で施工前後
DSC_1164-s.jpg


昨日は、友達連れてきて手伝ってもらった。
一人でもできるのだが気がめいるので、昨日はよかった。

ただ、匍匐前進のしすぎで筋肉痛により本日はブログを書く羽目だ。

先は長い。
posted by おざわ at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック