2008年08月10日

床リフォームその3

⇒のサイドバーにランキング用のツール、【このブログに投票する】をポチッとしていただければOKです。上がってきました、応援ありがとうございます。。また100位以内が見えてきました。



 といいつつ昨日の続きではないのがみそ。

 昨日の分はでも少し書くか。コンパネを寸法に合うように丸のこで切って一旦1面に並べてみた。
 大丈夫きちんと入る。

 そこで、ネジ止めしていく。

 このネジは一体長さとして幾つがいいのか?
良く分からないのだが、今回は追加した根太まででその下のもともとのコンパネには届かないというか効かないようにしてみた。

 つまりコンパネ12mmと根太15mmであるので25mmのネジというか細軸コーススレッドにした。
 詳しい方いたら教えて下さい。


 でそちらはそこまで。というのはまだ壁紙など貼ってうろちょろするので、表面材は他が終わってからになるのである。
順番間違えると余計な掃除をしないとならなくなる。




今度は洗面所の床のCF交換である。

 少し汚いのであるが掃除すればいいだろうと思ったのも一瞬であった。入り口側に穴が開いて補修の後が有る。これも最初からですと入居者さんは言う。ふーむさっぱり覚えていないおいらがいけないのだろう。
IMGP4279-s.jpg

 しばらく悩むが、やはり面倒でも洗面台を外したほうが作業しやすいだろうし、仕上がりも良かろう。

 前回洗面台交換しているので手順は分かる。今回は洗面台は綺麗なのでそのまま使う。残念ながら、2ハンドルであるが。
 これってホームセンターに水栓だけ交換できないか聞いてみたら、洗面台全体を買ったほうが安い値段である。おったまげた。そういうことで、そのまま使うので丁寧に外す。

 CFもはがすのに苦労した覚えがあったが、今回は比較的新しかったようで、壁紙みたいに1枚裏紙が残ってはがせるような感じですいすいはがれた。

 で、購入したCFを当ててみる。
当然切らないといけないので、少しきってみるがこれが難しい。隅の方などなかなかうまく切れない。一説によると工業用ドライヤーを当ててやるとぐにゃぐにゃになり作業性があがるらしい。これも後で聞いた。やれやれ。


 結局暑かったのでなんとか柔らかい状態であったので地べらを当ててカッターで切り抜いた。排水パイプ、給水パイプなども穴を開けていく。


 以前は両面テープで付けてみたが、今回は接着剤にしてみた。CF用と書いてあるこの紫のボンドを買って塗ってみた。

IMGP4339-s.jpg

そんで、CFを張ったのだが、一面に塗り終えてから張ったものでやりずらいことこの上ない。きっと半分塗って、半分貼り付けて、その後再び半分をという手順が正当なのだと思い知る。

最初にふとソウカモと思ったのだが、オープンタイムの10分をケチってしまった。
やはり一度本格的に修行したほうがいいのかもしれないなあ。

と思うところで


 しっかりと洗面台も再度取り付けて、この部分完了。
きれいになりました。

IMGP4343-s.jpg


CF代・・・1800円
ボンド・・・多分800円ぐらい
手間・・・3時間ぐらいだから3000円でも9000円。も少しもらって1万5千でどうだ。

合計 まけて合計1万5千ということで。たかいなあ、材料費は2600円ぐらいだな。

以上、またそのうち続く

posted by おざわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 不動産一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
補修のあとってどれくらいのものかわかりませんでしたが、貼り替えたあとの写真をみるとやはり
すごくよくなりましたね。
手間はたいへんですが、効果は表れましたね。
Posted by kamochan at 2008年08月10日 08:21
kamochanさん、まいどありがとうございます。

写真の右下のほうに白くなってるところが補修跡です。10cm×3cmぐらいあるのでちょっとと思って。

良くなったと思って頂けて嬉しいです。
Posted by おざわ at 2008年08月10日 12:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

はがせて良カッター
Excerpt: はがせて良カッター
Weblog: みんなのキチチチチン
Tracked: 2009-05-12 20:44