2016年04月25日

電源の移動というかブレーカーの移動とユニット上部

確か、認定電気工事しってのにもなっていたので、600Vまでは扱えるんだった気がする。
でも、まあ十分200Vまでで大丈夫。それ以上はいらんな。

で、今回は実は初めてブレーカーの位置を変更した。
というのも、以前ユニットバスがあった場所についていた壁に取り付けてあったのだが、ユニットバス撤去に伴い、壁がなくなったので空中にぷらぷらしていた。

ちょうど、具合のいいことにブレーカーに入ってくるメイン電源線の長さが十分足りたので、移動できた。新しい場所にベニヤを張って、穴あけて、大事なのは外のブレーカーを切ることだな。
切ってあるのに、どうも不安でビニールテープで保護した。
で、電源線を3本ブレーカーから外して、ブレーカーを移動。

DSC_2629.jpg

ところが、ここなぜか200Vの子ブレーカーが2箇所付いている。ひとつはエアコンらしい、もうひとつは部屋についているコンセント。なににつかったのだろう?

で、これを外すときに、どちらがエアコンなのだろうって書かなかったのが敗因で、すっかり忘れてしまって、やれやれ。

あれー?これはここにつながってるし・・・って解析していったが、どうもひとつがわからずにエアコンが動かない。
で、しばらく悩んだが、さてどうしようとおもってなんとなく見たら、なぜか外に出て行く線があることを思い出した。
あ、これかも?でエアコンの入力線をショートして、こちらで抵抗を測ったら見事ゼロになった。もちろん、ショートをやめたら無限になる。よしきた。
だが、この線なんと外にでて、屋根の上を通してから、エアコンチューブといっしょにまた室内に戻している。うーんなんて斬新なんだ。
外に行っている線をみて、屋根の上に広告でもあるのかと思っていたので、まさかこれが200Vだとは思わなかったのだな。

さて、その後また、電話線やら、アンテナ船やら、当欠乏したいなどの線を処理して電源線を再度、床の端っこを通しなおしたのだ、先につなげた方法ではいまいち汚い。

その後はユニットバス設置する場所の天井を開口。
あとで、断熱材を入れよう。

DSC_2643.jpg

あー、断熱材といえば壁の断熱材が入っていない・・・
まあ、キッチン側も天井が入っていないのであるが、壁は参ったなあ。
結局石膏ボードを外して、断熱材入れて、新しいボードで張りなおしってことになるのか。
やれやれ。

posted by おざわ at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

排水が大体決まってきた。

排水が大変である。と設備屋はいう。

トイレの排水は、VU75で行うという。結構大きいものだ、100でなくてよかった。
まずは、こいつを何とかしないといけない。
ある程度、ここかなというところに設置してもらった。
洗面所と洗濯機の排水はVU50でよいと。
ということで、こちらと、トイレの排水が上下に重なる部分もあるかなあ。

なんてことをやっているのは、間取りというかレイアウト変更をするからだ。
しかも、この建物は鉄骨造で、1階が駐車場、2,3階がそれぞれ一戸の計2戸。
鉄骨がそれぞれの、ふところに井桁上に入っていて、排水をふところを使ってまわすことが出来ないので、ある程度露出になってしまう。

まあ、露出は隠すことになるのだが、パイプスペースをとらないとどうにもレイアウトできない。
それでも、いろいろ不都合があって、大変である。

ということで、ある程度の排水はこんな感じ。
DSC_2628.jpg

あとは、風呂の排水がなかなか大変。どうなるかは、ユニットバス屋さんに聞いてみないといけないのだが、先日きたかたは営業で職人でなかったので、細かいことまではわからない。
せっかく待っていたのに残念だ。
また、来週に持ち越し。
posted by おざわ at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

暑い部屋

リッチーアパートの3階は、セッパン屋根の下に天井ということが原因だと思うが、とても暖かい。
この4月の日差しで暖かく、エアコンが業務用みたいなのが付いている。
まあ、14畳ぐらいを冷やすのでは、もともと大きなのが必要ではある。

さてどうなってるかなと思って天井を空けてみてびっくりというか想定内だけど。

断熱材は、はだかのグラスウールで50mmないんじゃないか?しかも、少し足りなかったらしく、隙間がけっこうある。
うーん、やはり暑く感じたのも無理はない。


そんで、やっぱりいいのを入れないといけないなと思って、ホームセンターではなく、建材やに行き、通常の10kタイプではなく、16kタイプの105mm厚のにした。

DSC_2630.jpg

まあ、それでもともとのグラスウールと重ねるかと思ったが施工がなかなか難しく、もともとのグラスウールはまあなかったことにして、新しいのをきれいに敷くのを優先。
DSC_2633.jpg

いろいろ装備、マスク、ゴーグル、フードつきの衣類と対策はしたのだが、かゆいよー。
だって、グラスウール裸だからねえ。予想したのでまあまあ何とかなった部類か。


これに、先立って電気もちょっといじったのだが、まあそれは後にまた書くかな。
posted by おざわ at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

早速公開いや、後悔

リッチーアパートは、基本構想として水周りをお願いして、外壁塗装をお願いして、内装や、間取り変更のあたりをちまちまやろうかと思っていた。

ところが、ふたを開けてみると水周りの工事が100万円予算オーバーの見積もりが来た。
うーん、これはつらい。
で、2社目にあたったところ、2階はやるけど、3階は見積もりが正確にはできそうにないのでパスって。
そんで、知り合いの設備屋にあたったところ、空けてみようか、そしたらわかるから。

ってなわけで、3階の水周りを知り合いの設備屋とふたりで工事する羽目になってしまった。
お金がないってつらいです。

でも、ここ実はいろいろあって大変なのだ。だから見積もり拒否もされるのであるが。

まずは、ユニットバスを設置したいところの床を開口
DSC_2576.jpg

根田がでてくるので、それをぶった切る
DSC_2579.jpg

そしたら、防水シートがでてくるのである。
理由はそのうち。
DSC_2580.jpg
で、この防水シートと下地の合板を開口する。

DSC_2581.jpg

DSC_2582.jpg
すると、根だが出てくる

根太をぶった切る
DSC_2583.jpg

また、板が出てくる。

というあたりで、ユニットバス設置面の準備と、さらにその横のトイレ設置場所のパイプを設置するためにということで、リクエストによりそのあたりも同じレベルまで開口



ということで、本日は終了。

やっぱり、疲れまくる。
後悔しきりである。
posted by おざわ at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

リッチーアパート リフォーム本格始動

名称をここではリッチーアパートとしよう。
リッチーベルガーのキャンプの頃に購入したためだ。

たぶん、年もリッチーと同じくらい。

で、水周りの配置がめちゃくちゃだったので、これを整理して使いやすくするために検討していたのだが、どうしても最後は現状の3点ユニットを撤去しないとどうもプランが立たないというか、詳細な検討にいたれない。

ということで、本日実施。

まずは、周りの壁からはいっていこう。
まあ、石膏ボードと裏に木材の枠があるというパターンで組んであるので、ビスをはずしていけば外れるはずではあるのだが、これが隠れていてわからない。けっきょくバールの大きいので力技。
また、ユニットバスもなかなか頑丈だ。
バールでも太刀打ちできずにいたが、隠れているビスを発見したりできたので、徐々に分解が進んでいく。
なかのパッキンをはずして、子ねじをはずしたら、外が見えてきた。
DSC_2519.jpg

立ち上がりのパネルをはずした風呂が出てきた。
DSC_2526.jpg

なぜここにサッシがあるかというのは置いておいて、風呂が無くなった。
DSC_2528.jpg


ふたりがかりで、ここまで一日仕事だな。ユニットバスは意外と頑丈であることがわかった。
これ、壊すのに紺だけ時間かかるのに、組むのに半日で二人でやっていたなあ。すごいぞ。

さて、そうはいってもまだ現場が4つあるのが一つ減ったところだ。
1箇所に集中したいのだが、なかなか日程がうまく行かない。
頼んでいるのが2箇所あるのではあるが、見て確認もしたいのであるがちょっと無理だなあ。
重なってしまうのはよくないなあ。
posted by おざわ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

電源の移動というかブレーカーの移動とユニット上部

確か、認定電気工事しってのにもなっていたので、600Vまでは扱えるんだった気がする。
でも、まあ十分200Vまでで大丈夫。それ以上はいらんな。

で、今回は実は初めてブレーカーの位置を変更した。
というのも、以前ユニットバスがあった場所についていた壁に取り付けてあったのだが、ユニットバス撤去に伴い、壁がなくなったので空中にぷらぷらしていた。

ちょうど、具合のいいことにブレーカーに入ってくるメイン電源線の長さが十分足りたので、移動できた。新しい場所にベニヤを張って、穴あけて、大事なのは外のブレーカーを切ることだな。
切ってあるのに、どうも不安でビニールテープで保護した。
で、電源線を3本ブレーカーから外して、ブレーカーを移動。

DSC_2629.jpg

ところが、ここなぜか200Vの子ブレーカーが2箇所付いている。ひとつはエアコンらしい、もうひとつは部屋についているコンセント。なににつかったのだろう?

で、これを外すときに、どちらがエアコンなのだろうって書かなかったのが敗因で、すっかり忘れてしまって、やれやれ。

あれー?これはここにつながってるし・・・って解析していったが、どうもひとつがわからずにエアコンが動かない。
で、しばらく悩んだが、さてどうしようとおもってなんとなく見たら、なぜか外に出て行く線があることを思い出した。
あ、これかも?でエアコンの入力線をショートして、こちらで抵抗を測ったら見事ゼロになった。もちろん、ショートをやめたら無限になる。よしきた。
だが、この線なんと外にでて、屋根の上を通してから、エアコンチューブといっしょにまた室内に戻している。うーんなんて斬新なんだ。
外に行っている線をみて、屋根の上に広告でもあるのかと思っていたので、まさかこれが200Vだとは思わなかったのだな。

さて、その後また、電話線やら、アンテナ船やら、当欠乏したいなどの線を処理して電源線を再度、床の端っこを通しなおしたのだ、先につなげた方法ではいまいち汚い。

その後はユニットバス設置する場所の天井を開口。
あとで、断熱材を入れよう。

DSC_2643.jpg

あー、断熱材といえば壁の断熱材が入っていない・・・
まあ、キッチン側も天井が入っていないのであるが、壁は参ったなあ。
結局石膏ボードを外して、断熱材入れて、新しいボードで張りなおしってことになるのか。
やれやれ。

posted by おざわ at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

排水が大体決まってきた。

排水が大変である。と設備屋はいう。

トイレの排水は、VU75で行うという。結構大きいものだ、100でなくてよかった。
まずは、こいつを何とかしないといけない。
ある程度、ここかなというところに設置してもらった。
洗面所と洗濯機の排水はVU50でよいと。
ということで、こちらと、トイレの排水が上下に重なる部分もあるかなあ。

なんてことをやっているのは、間取りというかレイアウト変更をするからだ。
しかも、この建物は鉄骨造で、1階が駐車場、2,3階がそれぞれ一戸の計2戸。
鉄骨がそれぞれの、ふところに井桁上に入っていて、排水をふところを使ってまわすことが出来ないので、ある程度露出になってしまう。

まあ、露出は隠すことになるのだが、パイプスペースをとらないとどうにもレイアウトできない。
それでも、いろいろ不都合があって、大変である。

ということで、ある程度の排水はこんな感じ。
DSC_2628.jpg

あとは、風呂の排水がなかなか大変。どうなるかは、ユニットバス屋さんに聞いてみないといけないのだが、先日きたかたは営業で職人でなかったので、細かいことまではわからない。
せっかく待っていたのに残念だ。
また、来週に持ち越し。
posted by おざわ at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

暑い部屋

リッチーアパートの3階は、セッパン屋根の下に天井ということが原因だと思うが、とても暖かい。
この4月の日差しで暖かく、エアコンが業務用みたいなのが付いている。
まあ、14畳ぐらいを冷やすのでは、もともと大きなのが必要ではある。

さてどうなってるかなと思って天井を空けてみてびっくりというか想定内だけど。

断熱材は、はだかのグラスウールで50mmないんじゃないか?しかも、少し足りなかったらしく、隙間がけっこうある。
うーん、やはり暑く感じたのも無理はない。


そんで、やっぱりいいのを入れないといけないなと思って、ホームセンターではなく、建材やに行き、通常の10kタイプではなく、16kタイプの105mm厚のにした。

DSC_2630.jpg

まあ、それでもともとのグラスウールと重ねるかと思ったが施工がなかなか難しく、もともとのグラスウールはまあなかったことにして、新しいのをきれいに敷くのを優先。
DSC_2633.jpg

いろいろ装備、マスク、ゴーグル、フードつきの衣類と対策はしたのだが、かゆいよー。
だって、グラスウール裸だからねえ。予想したのでまあまあ何とかなった部類か。


これに、先立って電気もちょっといじったのだが、まあそれは後にまた書くかな。
posted by おざわ at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

早速公開いや、後悔

リッチーアパートは、基本構想として水周りをお願いして、外壁塗装をお願いして、内装や、間取り変更のあたりをちまちまやろうかと思っていた。

ところが、ふたを開けてみると水周りの工事が100万円予算オーバーの見積もりが来た。
うーん、これはつらい。
で、2社目にあたったところ、2階はやるけど、3階は見積もりが正確にはできそうにないのでパスって。
そんで、知り合いの設備屋にあたったところ、空けてみようか、そしたらわかるから。

ってなわけで、3階の水周りを知り合いの設備屋とふたりで工事する羽目になってしまった。
お金がないってつらいです。

でも、ここ実はいろいろあって大変なのだ。だから見積もり拒否もされるのであるが。

まずは、ユニットバスを設置したいところの床を開口
DSC_2576.jpg

根田がでてくるので、それをぶった切る
DSC_2579.jpg

そしたら、防水シートがでてくるのである。
理由はそのうち。
DSC_2580.jpg
で、この防水シートと下地の合板を開口する。

DSC_2581.jpg

DSC_2582.jpg
すると、根だが出てくる

根太をぶった切る
DSC_2583.jpg

また、板が出てくる。

というあたりで、ユニットバス設置面の準備と、さらにその横のトイレ設置場所のパイプを設置するためにということで、リクエストによりそのあたりも同じレベルまで開口



ということで、本日は終了。

やっぱり、疲れまくる。
後悔しきりである。
posted by おざわ at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

リッチーアパート リフォーム本格始動

名称をここではリッチーアパートとしよう。
リッチーベルガーのキャンプの頃に購入したためだ。

たぶん、年もリッチーと同じくらい。

で、水周りの配置がめちゃくちゃだったので、これを整理して使いやすくするために検討していたのだが、どうしても最後は現状の3点ユニットを撤去しないとどうもプランが立たないというか、詳細な検討にいたれない。

ということで、本日実施。

まずは、周りの壁からはいっていこう。
まあ、石膏ボードと裏に木材の枠があるというパターンで組んであるので、ビスをはずしていけば外れるはずではあるのだが、これが隠れていてわからない。けっきょくバールの大きいので力技。
また、ユニットバスもなかなか頑丈だ。
バールでも太刀打ちできずにいたが、隠れているビスを発見したりできたので、徐々に分解が進んでいく。
なかのパッキンをはずして、子ねじをはずしたら、外が見えてきた。
DSC_2519.jpg

立ち上がりのパネルをはずした風呂が出てきた。
DSC_2526.jpg

なぜここにサッシがあるかというのは置いておいて、風呂が無くなった。
DSC_2528.jpg


ふたりがかりで、ここまで一日仕事だな。ユニットバスは意外と頑丈であることがわかった。
これ、壊すのに紺だけ時間かかるのに、組むのに半日で二人でやっていたなあ。すごいぞ。

さて、そうはいってもまだ現場が4つあるのが一つ減ったところだ。
1箇所に集中したいのだが、なかなか日程がうまく行かない。
頼んでいるのが2箇所あるのではあるが、見て確認もしたいのであるがちょっと無理だなあ。
重なってしまうのはよくないなあ。
posted by おざわ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする