2013年09月19日

木部塗装その前に

ペットアパートのリフォームでは、追加という事で断熱材を増やした。
断熱材は、見えないからなあ。

まあ、それはそれで、あとは原状回復プラスアルファだ。
かびてしまった窓枠を三度ペーパーで削りきれいにしようとしたが、カビはなかなか根があって深い。
ある程度にしかならなかったなあ。

それで、さてニス塗ろうと思ったのだが、あれまあ。

窓枠が腐っているではないか、いったいどれだけ湿気ためていたのだろうか。多分換気という概念が無かったのと、冬に室温を28度とかにファンヒーターで上げていたのではないだろうか?

ということで、外壁が一度修繕したのだがまた壊れていた。これも水が窓枠を腐らした後は外壁まで中から入っていって、凍ってというサイクルの果てのことだったのだろう。

木用のパテを買ってきて、詰めたので、とりあえず水は流れていかなくなったはず。

残念ながら、色目が合わずに、補修跡がバリバリ見えている。へたくそだ。

ということで、その前にパテ必要と言うお話。
posted by おざわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

木部塗装その前に

ペットアパートのリフォームでは、追加という事で断熱材を増やした。
断熱材は、見えないからなあ。

まあ、それはそれで、あとは原状回復プラスアルファだ。
かびてしまった窓枠を三度ペーパーで削りきれいにしようとしたが、カビはなかなか根があって深い。
ある程度にしかならなかったなあ。

それで、さてニス塗ろうと思ったのだが、あれまあ。

窓枠が腐っているではないか、いったいどれだけ湿気ためていたのだろうか。多分換気という概念が無かったのと、冬に室温を28度とかにファンヒーターで上げていたのではないだろうか?

ということで、外壁が一度修繕したのだがまた壊れていた。これも水が窓枠を腐らした後は外壁まで中から入っていって、凍ってというサイクルの果てのことだったのだろう。

木用のパテを買ってきて、詰めたので、とりあえず水は流れていかなくなったはず。

残念ながら、色目が合わずに、補修跡がバリバリ見えている。へたくそだ。

ということで、その前にパテ必要と言うお話。
posted by おざわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする