2012年03月24日

準指利回り

 今年の冬は、スキーと治療ぐらいで終わったなあ。

で、主に準指導員を受験して無事合格したのではある。その後、これからであるがC級検定員検定を受ける。


さて、この利回りを計算してみよう。


検定会やら、講習会など自体はそれぞれは、5000円とか高くて15000円とかでびっくりするような金額ではない。
だが、回数がある。必須のが4回、任意のが2回、それに検定会が2回。
そのほとんどで、宿泊、リフト、交通費と発生するのだなあ。

怖くて、計算していなかったが意を決していま、エクセルに入れてみた。

あーりゃまあ!C検も受けるとするとなんと。

ほぼ20万円となりました。


ほんと、一回で受かってよかった。

で、利回りというのだから、投資額はわかったのだがそれに対しての利益を計算しないといけない。

これは、簡単なようだしそうでもない。
うちのスクールだと、1級の一般レッスン時給がX円。
これに準指受かると100円プラス
C検受かるとさらに100円プラス

ということで、C検も受かったと仮定してみよう。
すると200円時給が上がる。

これで1シーズンにどれだけレッスンするのか?
レッスンは修学旅行を考えると、とても長い時間受け持つのだが、この修学旅行は大変だからという理由か、一般時給よりもたくさん頂ける。がそれについて、準指があってもなくても関係ない。ので、一般レッスンだけが利回り計算に組み入れられる。

1日4時間レッスンすることって結構まれである、週末でないとお客さんはあまり来ない。
など考えてみると

一般レッスンは1シーズンに、30時間ぐらいかな。

で、何シーズンかと思えば、気持ち的には最低でも10年ぐらいはやりたいかな。

ということで、利益は

200円×30時間×10シーズン=60000円

あら、10年かかっても元を取れないなあ。

利回りだから年だった、すると 6000円だ。

6000/200000*100=3%

いやー低利回りだったなあ。

これで、C検落ちたら、1.5%だ。
がんばろー
posted by おざわ at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | お金一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

そういえば

ワタクシ、右手親指付け根の剥離骨折しております。

もしかして、人生初の骨折のような気がします。


先週の検定用に筆記試験が終わってから、実技までの間の時間にご飯食べてから練習したんですなあ。

こぶの科目があるので、検定バーンのコブをすべりに。

結構固くて、深くて、急斜面でなかなかハードだなと思ったんだけど。

そしたら、4ターンぐらいで次のコブに入れなくなって、横に逃げたんだけど、その横ってのがまた激しく削れているラインで2回ぼよんと行ってバランス崩して、コース脇に盛り上がっている雪に突き刺さり、板が外れて転倒。

その時に、顔面から雪にダイブして、親指もつき指?だとおもって。顔の数箇所から流血して親指が痛い。人が心配してくれた。ティッシュもらった。ありがとうございました。

 これの教訓で、今日は固いから押さえていこう。

 これで、合格できた。とまじで思う。

 のであるが、翌日の試験では指がはれ上がり、痛かったけど、コブの試験であるので仕方なく抑えて滑った。


 ま、そんなことで病院というか接骨院に行って、レントゲンは結局病院に行ったが、あっさり折れてますねと。
 ということで、現在ギブスとは言わないが軽く固定してあと10日ぐらいは大人しくしていよう。

posted by おざわ at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

インチキラクターは

思えば、もう10年目になりますねえ。
会社を希望退職でやめてから、その年の冬からスキー場にて「インチキラクター」してました。

なぜ、インチキかといえば、SAJ1級はありましたが、それってただ自分が1級の合格ラインに足りるスキーをその時にしたというだけの証ですから、教えるということに関してはなんの資格もないわけです。


で、おいらのばあい結構多いけど、周りの人がするからって形の始まりで、準指導員検定を今シーズン受けることにしたのです。

5回も、ほとんどが泊りがけの講習会で、けちょんけちょんになりながら、昨日一昨日が検定の日だった。

午前中に筆記試験。
午後に4種目、翌日2種目の滑りの試験

おかげさまで、無事「インストラクター」になることができました。

正確にはまだだけど、というのも次回の講習会に出ないと認定してくれないそうで、さらには、バッジテストの検定員になるC級検定員検定(ややこしい)も4月頭にあります。

なかなか、プレッシャーかかりましたが、滑る前にはとにかくこの一本をどうやって滑るかということに集中して、落ちたら、とか受かったらとか、スクールの人がなんていうかなとかそういう余計なことを考えないようにと、立ち読みしたゴルフの漫画雑誌に書いてあったことを応用してみました。

今日はちょっとボーっとなりながら。
posted by おざわ at 10:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

準指利回り

 今年の冬は、スキーと治療ぐらいで終わったなあ。

で、主に準指導員を受験して無事合格したのではある。その後、これからであるがC級検定員検定を受ける。


さて、この利回りを計算してみよう。


検定会やら、講習会など自体はそれぞれは、5000円とか高くて15000円とかでびっくりするような金額ではない。
だが、回数がある。必須のが4回、任意のが2回、それに検定会が2回。
そのほとんどで、宿泊、リフト、交通費と発生するのだなあ。

怖くて、計算していなかったが意を決していま、エクセルに入れてみた。

あーりゃまあ!C検も受けるとするとなんと。

ほぼ20万円となりました。


ほんと、一回で受かってよかった。

で、利回りというのだから、投資額はわかったのだがそれに対しての利益を計算しないといけない。

これは、簡単なようだしそうでもない。
うちのスクールだと、1級の一般レッスン時給がX円。
これに準指受かると100円プラス
C検受かるとさらに100円プラス

ということで、C検も受かったと仮定してみよう。
すると200円時給が上がる。

これで1シーズンにどれだけレッスンするのか?
レッスンは修学旅行を考えると、とても長い時間受け持つのだが、この修学旅行は大変だからという理由か、一般時給よりもたくさん頂ける。がそれについて、準指があってもなくても関係ない。ので、一般レッスンだけが利回り計算に組み入れられる。

1日4時間レッスンすることって結構まれである、週末でないとお客さんはあまり来ない。
など考えてみると

一般レッスンは1シーズンに、30時間ぐらいかな。

で、何シーズンかと思えば、気持ち的には最低でも10年ぐらいはやりたいかな。

ということで、利益は

200円×30時間×10シーズン=60000円

あら、10年かかっても元を取れないなあ。

利回りだから年だった、すると 6000円だ。

6000/200000*100=3%

いやー低利回りだったなあ。

これで、C検落ちたら、1.5%だ。
がんばろー
posted by おざわ at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | お金一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

そういえば

ワタクシ、右手親指付け根の剥離骨折しております。

もしかして、人生初の骨折のような気がします。


先週の検定用に筆記試験が終わってから、実技までの間の時間にご飯食べてから練習したんですなあ。

こぶの科目があるので、検定バーンのコブをすべりに。

結構固くて、深くて、急斜面でなかなかハードだなと思ったんだけど。

そしたら、4ターンぐらいで次のコブに入れなくなって、横に逃げたんだけど、その横ってのがまた激しく削れているラインで2回ぼよんと行ってバランス崩して、コース脇に盛り上がっている雪に突き刺さり、板が外れて転倒。

その時に、顔面から雪にダイブして、親指もつき指?だとおもって。顔の数箇所から流血して親指が痛い。人が心配してくれた。ティッシュもらった。ありがとうございました。

 これの教訓で、今日は固いから押さえていこう。

 これで、合格できた。とまじで思う。

 のであるが、翌日の試験では指がはれ上がり、痛かったけど、コブの試験であるので仕方なく抑えて滑った。


 ま、そんなことで病院というか接骨院に行って、レントゲンは結局病院に行ったが、あっさり折れてますねと。
 ということで、現在ギブスとは言わないが軽く固定してあと10日ぐらいは大人しくしていよう。

posted by おざわ at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

インチキラクターは

思えば、もう10年目になりますねえ。
会社を希望退職でやめてから、その年の冬からスキー場にて「インチキラクター」してました。

なぜ、インチキかといえば、SAJ1級はありましたが、それってただ自分が1級の合格ラインに足りるスキーをその時にしたというだけの証ですから、教えるということに関してはなんの資格もないわけです。


で、おいらのばあい結構多いけど、周りの人がするからって形の始まりで、準指導員検定を今シーズン受けることにしたのです。

5回も、ほとんどが泊りがけの講習会で、けちょんけちょんになりながら、昨日一昨日が検定の日だった。

午前中に筆記試験。
午後に4種目、翌日2種目の滑りの試験

おかげさまで、無事「インストラクター」になることができました。

正確にはまだだけど、というのも次回の講習会に出ないと認定してくれないそうで、さらには、バッジテストの検定員になるC級検定員検定(ややこしい)も4月頭にあります。

なかなか、プレッシャーかかりましたが、滑る前にはとにかくこの一本をどうやって滑るかということに集中して、落ちたら、とか受かったらとか、スクールの人がなんていうかなとかそういう余計なことを考えないようにと、立ち読みしたゴルフの漫画雑誌に書いてあったことを応用してみました。

今日はちょっとボーっとなりながら。
posted by おざわ at 10:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする