2011年03月31日

工作その2


 先日は、久々に半田付けを行った。
手回し発電のラジオ+ライト+携帯充電のキットがあったのだ。今時普通に売っている完成品はみんな入荷待ちとかだったので、回路を組み立てるキットというのを探し出して来ていたから、半田つけして完成させた。
 ちゃんと発電したし、LEDもついたし、ラジオも聞こえてよかったよー。これ動作しなかったらどうしようかとドキドキであった。
というのも中学のときにやった、ラジオキットはついに聞こえないままお釈迦になったからである。

 その後、前の会社でイヤと言うほどではないが、十分に経験を積んだのではあるが、久しぶりでちょっとコツを思い出すのに時間がかかった。
ま、いいや。鳴ったし。


 さて、工作その2である。

 こんどは、木工。

母校戸建の窓は、時代を反映してアルミの1枚ガラスのサッシである。
こりゃ寒いよなあ。

 そこで、本来は住宅セーフティーネットを利用して内付けのサッシを追加しようとしたのだが、工務店がめんどくさがったのか、ちょっとイレギュラーだったので、ダメだといって降りてしまった。

 で、しかたないから元々あった障子を活用しようかなと。

 障子は、木製の建具であるから結構断熱性が高い。もっともソレは枠のみの話し。
いかんせん紙であるから、大して断熱はしないとも思うが、そうでもない。

 けっこう、障子を開けたときに気が付くのだ。結構暖かいじゃんか。

ただ、障子は大部分は(建築家がやる場合を除いて)どうしても1枚分は外が見えないようになってしまう。

 そんで、このへんを両方解決しようと思うわけだ。

 で、やったのがコレ

P1010169-s.jpg 


P1010170-s.jpg

 ポリカの板 t=1.5mm を利用して、こんな感じに加工してみた。

これなら、枠は見えるものの外はよく見える。
障子紙を貼りたい場合は、入居者さんが張ればいいかな。

普通障子紙を貼るのの反対側に加工してあるわけだ。

もっとも、和室の分しかないけど。ま、ないよりましだ。

ポリカの板はダンボールの形になっている方が、断熱性は高いだろうが、透明性に欠ける。自分ならコレでいいんだけどね。ダンボールタイプのほうがコストも半分以下だしなあ。
いちおう、ヒトが使うということを考えるから、こんな形になった。

posted by おざわ at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

哀愁の軽トラに砂利が降るのだ


 久々に、DIYてき大家の記事だな。

砂利を買いに行ったのだ。
砂利など、ホームセンターで買うと1バケツとか、1土嚢とかでいくらという単位になる。
結果とても割高だ。とはいっても、あまりあっても困るものだし今回もいままでで3回めのお買い物だ。

 土建屋さんのプラントが近くにあるのである。
そこにいって、砂利売ってというと、でかいブルトーザーで一すくいした砂利を軽トラに積んでくれる。

 砂利が降っている。

IMGP7232-s-s.jpg


 今回は、0.4立米とのことだ。
これで600kgほどになる。

もちろん、軽トラの積載量は最大で350kgであるのであからさまにオーバーだ。
タイヤがずいぶん偏平している。

とりあえずこれで2kmほど走って家である程度おろした。たぶん400kgぐらいまでになっただろう。

これなら、きっとたぶん余裕を見ているだろう最大積載量の範囲内におさまるだろうと、現場に向かう。

この場合、気を付けないといけないのがブレーキ。アクセルは割と踏むと動くのだが制動距離がかなり長くなる。交差点などよく気を付けておかないとオーバーランしてしまうのだ。

まあ、無事現場に砂利をまいて、雨の日に車から降りたら靴がドロドロという事態はとりあえず避けることができるようになった。

今後は、うちに下した砂利を使ってコンクリ作ってあっちやこっちの穴を埋めてみたいと思う。

posted by おざわ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

ミツバチの羽音と地球の回転


 地元の上映会および鎌仲ひとみ監督のトークショーがあったので、妻と行ってきたというか妻に強力に誘われた。

 内容は、瀬戸内海の祝島の住人が対岸に建設予定の原発への反対運動を手弁当で行っているというのを軸に、住民の暮らしぶりから、スウェーデンの代替電力の取り組みなど多岐にわたる。



 前売りを買ったのは、この震災の前だったのに、残念ながらタイムリーになってしまった。


 現在計画停電なのは、火力発電所も被災して動いていないからであり、実際は原発がなくても需要は賄えるという。
 この辺りは、データがないので何とも言えないのだが、もしそうならずいぶん東電は肝が据わっているなあ。そんなにすごい人いるのかなあ?
 だって、これだけ迷惑かけておいて、ほんとは計画停電しなくても電気はまにあうんだよー、そういうふうに言っておかないと原発いらないって思われちゃうと困るんだ。


 なーんてのが、ばれたらどうなる?

 それこそ潰れかねない。


 こういうのは、片方の意見を聞いて判断してはいけないのだが、なにせデータが双方から出てくるというのではないのが、困ったもんだ。
結局判断基準がないので、判断できない。


 ただ、スウェーデンでは電力網が解放されていて、クリーンな(風力、太陽光)電力だけの発電会社があり、その電力を電力網を通して、買えるというのだ。

 つまり、東京電力はいやだ、クリーン電力の会社の電気を買うよという選択が可能ということだ。

 
 ま、そういう選択の自由度は広いに越したことはない。

 鎌仲監督のいうように、原発がなくても何とかなるというのであれば、そりゃないに越したことはないよね。と決めることが大事だと。

 決めてから、課題を解決していくことで、徐々にでもあれ原発のリスクから解放されていくのだと。


 で、やはりおいらとしても原発はやめようと思った次第である。
とりあえず、新規原発建設はないでしょう。

 その後、太陽光発電とか、風力、小水力発電など調べ始めた。
妻が買った、一体型手回し式発電ライト、ラジオ、携帯充電機のキットの回路を半田付けして、完成させたりも。

 あー、久しぶりの半田付けであった。いーにおいだ。

posted by おざわ at 22:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

ヒットか?かすったか?

先日、被災者用にアパート提供と書いたが、その後不動産屋さんに空室のFAXするように、提供するとFAXした。

そしたら、その数時間後、1軒から電話。

いま、被災した方が見えているんですが・・・

3ヶ月無料といってあるのだが、歯切れが悪い。

その理由は











家具家電付きの物件がいい。

ということでした。
まだ、どうなるかは分からないのですが、そういうものは、広報さえ出来ればだれかしら何とかしてくれそうな気はする。

特に、この地区に知り合いもつても無いようですが。

どうして、ココに来たのか?

いろいろなぞです。
posted by おざわ at 22:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 不動産一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

被災者用住居提供できます。

被災者への支援の一環として、とりあえず寄付は赤十字にしてきました。

その後、空室があることを考えて、遠いところではあるけれど提供することにしたのです。
でも、どうやって周知すればいいのかと考えて、東北放送にメールした。

その後、地元の自治体にも連絡した。もし、応募する方がいてもその後の支援に必要だと思うので。

さて、こういう動きがそこかしこで出ているようなので、また回りに声をかけて行きたい。

以下メール文 一部変更した。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東北放送御中

先ずは、震災へのお見舞い申し上げます、またなくなられた方のご冥福をお祈り
いたします。

はじめまして、合資会社マージです。

弊社は、長野県にて大家をやっております。この度、被災者の方に向
けて現状で空いている部屋を提供するご用意があります。

大変遠い地域ではありますが、この辺りでは地震の影響は殆ど無く当面安心して
暮らせると思います。

もし、ご希望の方がいらっしゃったらとおもいましたが、いかんせん告知が難し
いと考えていたところ、ラジオ局で検索して、御社のアドレスを知りました。

下記の条件にて募集します。

御局にて放送していただけると幸いです。


 場所:長野県○○市
 物件:結婚アパート 105号室、106号室の2部屋
 間取り:1K 21.4平米
 1Kですので、一人を想定した部屋ですが、緊急時ということで数名可能です。
 費用:敷金、礼金、家賃3ヶ月間 無料
 火災保険料金 実費
 水道光熱費 実費
 契約手数料 実費 定期借家契約
 
 連絡先:携帯*********
 
 
 
 なお、希望の方がいらっしゃいましたら、他の大家さんにも呼びかけて見ます。
条件は他の方なので変わると思いますが。
 
 
以上よろしくお願い致します。
posted by おざわ at 22:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 不動産一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

地震の時

地震の時 その他
2011-03-13 22:08:16 おざわ [編集]

当日は、午後からアパートの地デジ対応のために、ケーブル引きなおす工事でした。

入居者全員との日程調整はほぼ無理なので、先に手紙で、大家立会いで業者が立ち入りのお知らせをしておいた。

で、まあ立ち入りしながらケーブル配線をしていた。
おいらは、あっちこっちの部屋を移動しながら作業を見学。

電気屋さんは屋根裏に入って、いたところでした。

おいらは、外階段にいた。

あれー、風強いのかなあ?こんなに揺れる?

うーん、地震だ!

ということで、屋根裏にいた方は、もう終わりかもと思ったようでしたが、特に問題なく生還。

その後も外に避難して、塀から離れてだべっていたら、もう一回きた。

震度は4だったよう。

ということで、妻に電話したが、3回目につながって無事を確認とどうじにアパート2棟目の無事も確認。ま、そこまで行けば大丈夫だろう。

ということで、その後ガソリンと食料を確保に走ったのは翌日のことでした。
のんきだなあ。
posted by おざわ at 22:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 不動産一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

地震

こちらは、とりあえず問題ないです。
長野の震度6は北の方だったので結構距離ありました。

被災者の方へお悔やみ申し上げます。
posted by おざわ at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

ゴミ出し場所移動

外人アパートのゴミ出しの場所はずーっとA号室からみえる場所にあった。
買ったときからそうだったので、そのままだった。

 A号室が退去になり、駐車スペースとしてこの場所も必要になっていた。

IMGP7188-s.jpg

 さらに、内見の方が、窓からゴミが見えるとの事でお断りになった。

 ということで、課題はゴミ出しの場所を移動しないといけない。今回、市役所に聞いたら、2mぐらいの移動は大丈夫とのこと。
 ただ、自治会長さんに聞いてねと。ということで、いろいろ聞いて自治会長さんのお宅に訪問。
 すこし、車の擦れ違いに難が出かねないが、でも敷地内だからよかろうと判断。
建物から80cmほど道まである中で60cmほどの大きさで、ゴミボックスを作った。

IMGP7194-s.jpg

我ながら、2時間以内で作ったにしては上出来である。


 これで、といって不動産屋さんに言ったら、私のお客さんが、ゴミがここに移動していたら入ったはずなのにーと悔しがっていた。でもおいらも悔しかった。

posted by おざわ at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月31日

工作その2


 先日は、久々に半田付けを行った。
手回し発電のラジオ+ライト+携帯充電のキットがあったのだ。今時普通に売っている完成品はみんな入荷待ちとかだったので、回路を組み立てるキットというのを探し出して来ていたから、半田つけして完成させた。
 ちゃんと発電したし、LEDもついたし、ラジオも聞こえてよかったよー。これ動作しなかったらどうしようかとドキドキであった。
というのも中学のときにやった、ラジオキットはついに聞こえないままお釈迦になったからである。

 その後、前の会社でイヤと言うほどではないが、十分に経験を積んだのではあるが、久しぶりでちょっとコツを思い出すのに時間がかかった。
ま、いいや。鳴ったし。


 さて、工作その2である。

 こんどは、木工。

母校戸建の窓は、時代を反映してアルミの1枚ガラスのサッシである。
こりゃ寒いよなあ。

 そこで、本来は住宅セーフティーネットを利用して内付けのサッシを追加しようとしたのだが、工務店がめんどくさがったのか、ちょっとイレギュラーだったので、ダメだといって降りてしまった。

 で、しかたないから元々あった障子を活用しようかなと。

 障子は、木製の建具であるから結構断熱性が高い。もっともソレは枠のみの話し。
いかんせん紙であるから、大して断熱はしないとも思うが、そうでもない。

 けっこう、障子を開けたときに気が付くのだ。結構暖かいじゃんか。

ただ、障子は大部分は(建築家がやる場合を除いて)どうしても1枚分は外が見えないようになってしまう。

 そんで、このへんを両方解決しようと思うわけだ。

 で、やったのがコレ

P1010169-s.jpg 


P1010170-s.jpg

 ポリカの板 t=1.5mm を利用して、こんな感じに加工してみた。

これなら、枠は見えるものの外はよく見える。
障子紙を貼りたい場合は、入居者さんが張ればいいかな。

普通障子紙を貼るのの反対側に加工してあるわけだ。

もっとも、和室の分しかないけど。ま、ないよりましだ。

ポリカの板はダンボールの形になっている方が、断熱性は高いだろうが、透明性に欠ける。自分ならコレでいいんだけどね。ダンボールタイプのほうがコストも半分以下だしなあ。
いちおう、ヒトが使うということを考えるから、こんな形になった。

posted by おざわ at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

哀愁の軽トラに砂利が降るのだ


 久々に、DIYてき大家の記事だな。

砂利を買いに行ったのだ。
砂利など、ホームセンターで買うと1バケツとか、1土嚢とかでいくらという単位になる。
結果とても割高だ。とはいっても、あまりあっても困るものだし今回もいままでで3回めのお買い物だ。

 土建屋さんのプラントが近くにあるのである。
そこにいって、砂利売ってというと、でかいブルトーザーで一すくいした砂利を軽トラに積んでくれる。

 砂利が降っている。

IMGP7232-s-s.jpg


 今回は、0.4立米とのことだ。
これで600kgほどになる。

もちろん、軽トラの積載量は最大で350kgであるのであからさまにオーバーだ。
タイヤがずいぶん偏平している。

とりあえずこれで2kmほど走って家である程度おろした。たぶん400kgぐらいまでになっただろう。

これなら、きっとたぶん余裕を見ているだろう最大積載量の範囲内におさまるだろうと、現場に向かう。

この場合、気を付けないといけないのがブレーキ。アクセルは割と踏むと動くのだが制動距離がかなり長くなる。交差点などよく気を付けておかないとオーバーランしてしまうのだ。

まあ、無事現場に砂利をまいて、雨の日に車から降りたら靴がドロドロという事態はとりあえず避けることができるようになった。

今後は、うちに下した砂利を使ってコンクリ作ってあっちやこっちの穴を埋めてみたいと思う。

posted by おざわ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

ミツバチの羽音と地球の回転


 地元の上映会および鎌仲ひとみ監督のトークショーがあったので、妻と行ってきたというか妻に強力に誘われた。

 内容は、瀬戸内海の祝島の住人が対岸に建設予定の原発への反対運動を手弁当で行っているというのを軸に、住民の暮らしぶりから、スウェーデンの代替電力の取り組みなど多岐にわたる。



 前売りを買ったのは、この震災の前だったのに、残念ながらタイムリーになってしまった。


 現在計画停電なのは、火力発電所も被災して動いていないからであり、実際は原発がなくても需要は賄えるという。
 この辺りは、データがないので何とも言えないのだが、もしそうならずいぶん東電は肝が据わっているなあ。そんなにすごい人いるのかなあ?
 だって、これだけ迷惑かけておいて、ほんとは計画停電しなくても電気はまにあうんだよー、そういうふうに言っておかないと原発いらないって思われちゃうと困るんだ。


 なーんてのが、ばれたらどうなる?

 それこそ潰れかねない。


 こういうのは、片方の意見を聞いて判断してはいけないのだが、なにせデータが双方から出てくるというのではないのが、困ったもんだ。
結局判断基準がないので、判断できない。


 ただ、スウェーデンでは電力網が解放されていて、クリーンな(風力、太陽光)電力だけの発電会社があり、その電力を電力網を通して、買えるというのだ。

 つまり、東京電力はいやだ、クリーン電力の会社の電気を買うよという選択が可能ということだ。

 
 ま、そういう選択の自由度は広いに越したことはない。

 鎌仲監督のいうように、原発がなくても何とかなるというのであれば、そりゃないに越したことはないよね。と決めることが大事だと。

 決めてから、課題を解決していくことで、徐々にでもあれ原発のリスクから解放されていくのだと。


 で、やはりおいらとしても原発はやめようと思った次第である。
とりあえず、新規原発建設はないでしょう。

 その後、太陽光発電とか、風力、小水力発電など調べ始めた。
妻が買った、一体型手回し式発電ライト、ラジオ、携帯充電機のキットの回路を半田付けして、完成させたりも。

 あー、久しぶりの半田付けであった。いーにおいだ。

posted by おざわ at 22:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

ヒットか?かすったか?

先日、被災者用にアパート提供と書いたが、その後不動産屋さんに空室のFAXするように、提供するとFAXした。

そしたら、その数時間後、1軒から電話。

いま、被災した方が見えているんですが・・・

3ヶ月無料といってあるのだが、歯切れが悪い。

その理由は











家具家電付きの物件がいい。

ということでした。
まだ、どうなるかは分からないのですが、そういうものは、広報さえ出来ればだれかしら何とかしてくれそうな気はする。

特に、この地区に知り合いもつても無いようですが。

どうして、ココに来たのか?

いろいろなぞです。
posted by おざわ at 22:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 不動産一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

被災者用住居提供できます。

被災者への支援の一環として、とりあえず寄付は赤十字にしてきました。

その後、空室があることを考えて、遠いところではあるけれど提供することにしたのです。
でも、どうやって周知すればいいのかと考えて、東北放送にメールした。

その後、地元の自治体にも連絡した。もし、応募する方がいてもその後の支援に必要だと思うので。

さて、こういう動きがそこかしこで出ているようなので、また回りに声をかけて行きたい。

以下メール文 一部変更した。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東北放送御中

先ずは、震災へのお見舞い申し上げます、またなくなられた方のご冥福をお祈り
いたします。

はじめまして、合資会社マージです。

弊社は、長野県にて大家をやっております。この度、被災者の方に向
けて現状で空いている部屋を提供するご用意があります。

大変遠い地域ではありますが、この辺りでは地震の影響は殆ど無く当面安心して
暮らせると思います。

もし、ご希望の方がいらっしゃったらとおもいましたが、いかんせん告知が難し
いと考えていたところ、ラジオ局で検索して、御社のアドレスを知りました。

下記の条件にて募集します。

御局にて放送していただけると幸いです。


 場所:長野県○○市
 物件:結婚アパート 105号室、106号室の2部屋
 間取り:1K 21.4平米
 1Kですので、一人を想定した部屋ですが、緊急時ということで数名可能です。
 費用:敷金、礼金、家賃3ヶ月間 無料
 火災保険料金 実費
 水道光熱費 実費
 契約手数料 実費 定期借家契約
 
 連絡先:携帯*********
 
 
 
 なお、希望の方がいらっしゃいましたら、他の大家さんにも呼びかけて見ます。
条件は他の方なので変わると思いますが。
 
 
以上よろしくお願い致します。
posted by おざわ at 22:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 不動産一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

地震の時

地震の時 その他
2011-03-13 22:08:16 おざわ [編集]

当日は、午後からアパートの地デジ対応のために、ケーブル引きなおす工事でした。

入居者全員との日程調整はほぼ無理なので、先に手紙で、大家立会いで業者が立ち入りのお知らせをしておいた。

で、まあ立ち入りしながらケーブル配線をしていた。
おいらは、あっちこっちの部屋を移動しながら作業を見学。

電気屋さんは屋根裏に入って、いたところでした。

おいらは、外階段にいた。

あれー、風強いのかなあ?こんなに揺れる?

うーん、地震だ!

ということで、屋根裏にいた方は、もう終わりかもと思ったようでしたが、特に問題なく生還。

その後も外に避難して、塀から離れてだべっていたら、もう一回きた。

震度は4だったよう。

ということで、妻に電話したが、3回目につながって無事を確認とどうじにアパート2棟目の無事も確認。ま、そこまで行けば大丈夫だろう。

ということで、その後ガソリンと食料を確保に走ったのは翌日のことでした。
のんきだなあ。
posted by おざわ at 22:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 不動産一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

地震

こちらは、とりあえず問題ないです。
長野の震度6は北の方だったので結構距離ありました。

被災者の方へお悔やみ申し上げます。
posted by おざわ at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

ゴミ出し場所移動

外人アパートのゴミ出しの場所はずーっとA号室からみえる場所にあった。
買ったときからそうだったので、そのままだった。

 A号室が退去になり、駐車スペースとしてこの場所も必要になっていた。

IMGP7188-s.jpg

 さらに、内見の方が、窓からゴミが見えるとの事でお断りになった。

 ということで、課題はゴミ出しの場所を移動しないといけない。今回、市役所に聞いたら、2mぐらいの移動は大丈夫とのこと。
 ただ、自治会長さんに聞いてねと。ということで、いろいろ聞いて自治会長さんのお宅に訪問。
 すこし、車の擦れ違いに難が出かねないが、でも敷地内だからよかろうと判断。
建物から80cmほど道まである中で60cmほどの大きさで、ゴミボックスを作った。

IMGP7194-s.jpg

我ながら、2時間以内で作ったにしては上出来である。


 これで、といって不動産屋さんに言ったら、私のお客さんが、ゴミがここに移動していたら入ったはずなのにーと悔しがっていた。でもおいらも悔しかった。

posted by おざわ at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする